¥ 929
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

浄土真宗とは何か - 親鸞の教えとその系譜 (中公新書) 新書 – 2017/1/17

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/1/17
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 629

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 浄土真宗とは何か - 親鸞の教えとその系譜 (中公新書)
  • +
  • 中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』 シリーズ<本と日本史>3 (集英社新書)
  • +
  • 応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 251pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本最大の仏教宗派、浄土真宗。開祖・親鸞は、絶対他力の教え、悪人正機説など思想の革新性で知られている。本書では、さらに平安時代の浄土信仰や、密教呪術とのつながりにも目を向け、親鸞の教えと、それがどのように広まったのかを、豊富な史料とエピソードに基づき描きだす。師・法然から、親鸞、その子孫、そして教団を確立した蓮如、そして東西分裂後まで、浄土真宗の思想と歴史を一望する。

内容(「BOOK」データベースより)

日本最大の仏教宗派、浄土真宗。開祖・親鸞は、絶対他力の教え、悪人正機説など、思想の革新性で知られている。本書では、さらに平安時代の浄土信仰や、密教呪術とのつながりにも目を向け、親鸞の教えと、それがどのように広まったのかを、豊富な史料とエピソードに基づき描きだす。師・法然から、親鸞、その子孫、室町時代に教団を確立した蓮如、そして東西分裂後まで、浄土真宗の思想と歴史を一望する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2017/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121024168
  • ISBN-13: 978-4121024169
  • 発売日: 2017/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,024位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/1/23
Amazonで購入
親鸞とその親族や弟子たちの信仰の実態について、とてもわかりやすく論じた本です。宗派の人々が夢想する理念化された祖師像や、知識人好みの近代的な親鸞像を脇に追いやり、あくまでも中世人としての親鸞を理解するため、この偉大な僧侶と、彼の周囲の人々をめぐる文献や資料を、丁寧に読み解いています。
呪術的な実践が「常識」のように行われ、幸福な来世のために死に際の作法が重要な意味をもった中世の世界観は、法然や親鸞や、その周囲の人々にも程度の差はあれ広く受容されていました。法然は、呪術を否定しながらも完全に切り捨てることはなく、呪術の要請には気前よく応じました。親鸞の妻の恵心尼は、自身の往生を確実にするために五輪塔の建立に奔走し、死装束へのこだわりを隠しませんでした。阿弥陀如来への信仰のみでは安心できず、今で言う「終活」に必死だったのです。蓮如は自力信仰には否定的でしたが、一方で信仰がもたらす現世利益を説くことには積極的でした。他力本願や極楽往生を語るだけでは、信徒がついてこなかったのです。
親鸞という人は、こうした世界観がノーマルな時代において、苦闘の末に絶対他力に到達し、呪術からも死に際の作法からも自由になりました。とはいえ、彼が残した言葉には、しばしば一貫性に欠ける部分もあり、高僧の臨終時の奇跡などを称賛したりしてしまっています。彼ですらそうなのですから、彼ほど強靱な批判精
...続きを読む ›
3 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 著者は二松学舎大学の教授で、専攻は日本宗教史。
 浄土真宗の歴史を、その前夜にあたる平安時代の密教から解き起こし、師・法然、宗祖・親鸞、妻・恵信尼、息子・善鸞、娘・覚信尼、孫・如信、曽孫・覚如、玄孫・存覚とたどり、最後は江戸初期に本願寺が東西に分裂するころまでを描きます。

 法然は念仏を重視しましたが、親鸞は念仏とは信心を得たときに自然と口をついて出てくるものであるべきだとした二人の違いについては私も承知しているつもりでした。
 しかし、法然が「自力の行である作善などはしたければすればよい」と他力をさほど強調しなかった一方、親鸞が「自力の行は阿弥陀仏の誓願を疑っていることになるので、あくまで他力に徹するべき」としたという点には目をひかれました。この他力か自力かの線引きが、親鸞以降も子孫や弟子たちによって揺らぎ続ける様子を著者は丹念に描いていきます。

 妻・恵信尼は、臨終時に汚穢があると阿弥陀仏の来迎がないとする思想を受けて死装束を用意し、念仏をひたすら唱えることを重視しました。彼女のこうした思想は明らかに親鸞とは異なると著者は指摘します。
 長男・善鸞も親鸞に派遣された東国で現世利益を求めてくる人々に触れあううち、呪術信仰色を強め、その結果父から義絶されることになります。

 宗教は人間
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本願寺の発展の歴史に関しては読んだことがありますが、親鸞自身の東国での活動、
浄土真宗の教義たる阿弥陀仏一神教による他力本願の受容やその後の教義の揺れ、
民衆への広がりの過程に関しては初めて目にする内容で、大変に勉強になりました。

横川の恵心僧都以来の浄土教は難行である観想念仏を重視し、往生要集という
極楽往生マニュアルに従う臨終行儀が基本になり、藤原道長などの社会の中枢も深く
帰依するほど社会の常識となっていましたが、法然は臨終行儀で決まるのではなく、
それまでの間の専修念仏が重要とし、親鸞に至って易行である称名念仏が決定的で
あるとし、実際には臨終行儀は社会常識として生き続けながら、親鸞自身も他力の
教えを徹底するまでには至らないながら、そうして、東国では巫覡や符術の影響を
なかなか排除できないながらも、親鸞の子孫や弟子たちによって、次第に体制が
整えられます。

そうして、蓮如以降の見事な政治力によって一大教団として門跡の称号も得ることに
なりますが、成功のカギと考えられるのは、信者の選別をしなかったことや、
他力の徹底というよりは易行の徹底により難解で重苦しいものではなくなったこと、
ちょうどカルヴァン派のように 
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
親鸞というと絶対他力。だが自筆の筆跡を見るに実に神経質な人の印象。仏教の験力が信じられていた時代に生きた人であり、衆生済度のために三部経千遍読誦をしたことを思い返して曰く「まはさてあらん」と振り返る。何があっても往生という教えを説く一方で自力を頼む自分も居た訳で、その揺れが興味深い。寧ろその後裔が何を齎したのか、神祇不拝の原則とか、善鸞の存在とか。一神教に近い考え方とか。宗祖、聖人と仰がれる存在である以前に1人の人間として、あるいは宗教者として見直すという姿勢は今に生きる読者には納得がいくものだろう。
もう一つ。明治時代の神仏分離令が出た後、寺領をすべて失った後、独自で踏ん張れるだけの財政力があったのは浄土真宗本願寺派と大谷派だけ。本当に親鸞が願った教団のあり方だったのだろか、とも。「神々の明治維新」(安丸良夫、岩波新書)ご参考。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告