通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
流 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、カバーに傷みがあります。きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

単行本 – 2015/5/13

5つ星のうち 3.9 112件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,380 ¥ 250
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 流
  • +
  • つまをめとらば
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

2016年本屋大賞ノミネート!!

選考委員満場一致の第153回直木賞受賞作。
「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏)
「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏)

何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

内容(「BOOK」データベースより)

1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。17歳。無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。台湾生まれ、日本育ち。超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。流浪と決断。圧倒的物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 410ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062194856
  • ISBN-13: 978-4062194853
  • 発売日: 2015/5/13
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,963位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
確かに人名の読み方には苦労しましたが、内容はとても面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文字への引き込み方が凄まじいです。
あまり内容を書きすぎるとネタバレになりますので書けませんが、
これは読んでおいて損はないです。本好きでよかったと思える1冊。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
戒厳令の敷かれた70~80年代の台湾に生きた外省人の青年・葉秋生の物語。高校時代のある午後、抗日戦争と国共内戦すら生き抜いた不死身の祖父・葉尊麟が、自宅の浴槽に沈められ殺されていた。多くの青少年と同じように、人生に戸惑いながらも葉秋生は成長していき、退学・ヤクザとのやり合い・軍隊生活など多くの経験をし、大人になっていく。そしてある日、大陸から送られてきた一葉の写真を目にした葉秋生は、大陸へ渡航し、祖父の死の謎を明かにすることに決心したのであった。黄土がどこまでも続く山東省の大地に潜んでいるのは、抗日戦争の時代から50年も連綿と続いた、人々の憎しみの連鎖だった。
直木賞受賞作だから、すらすらと読み進められる文章になっている。鬼神や殺人・謎解き・推理など大衆小説的な要素も含まれている。それらの要素によって、作品世界の現実味が少し損ねられてはいるが、戦争の歴史と戒厳時代の台湾社会に対する描写は、一方、真に迫るものがある。激動の時代に翻弄され、あえなく死に逝った者と、生き残った者。両者をまつわる断ち切れない憎しみの連鎖、人間の愚かしさと愛おしさ、そして戦争の無意味さと不条理さ。それらの要素を、一人の青年の青春、一つの家族の系譜、ないしは二つの政党の争いの歴史を通して鮮烈に描き抜いた作品である。タイトルの「流」は、流れる歴史の大河と、時代に翻弄されて流転する人間と万物を意味しているだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/17
形式: 単行本
台湾を舞台にした、台湾人による小説、というのは当たり前だけど、ある。台湾を舞台にした、日本語で書かれた小説、というのもまあまあ、ある。しかし、作者が台湾生まれの日本育ちというケースは、ちょっとほかに思いつかない。その意味でも本書は希少なのだが、それがエンターテインメント小説で、しかも直木賞を受賞したとあっては、台湾をこよなく愛する者としては読まないわけにいかない。タイトルは堂々たる『流』、ハードカバーの装丁も素敵だ。

舞台は、1970年代の台湾。国民党によって戒厳令が敷かれていた時代である。実はこのころを描いた台湾の小説には、暗いムードに彩られたものが多い。白先勇(パイ・シェンヨン)という有名な純文学系の作家がいるけれど、彼の作風なんかまさにそんな感じ。しかし本書はどうだ、そんなものどこ吹く風とばかりにスカッとしている。もちろん当時の人々(特に外省人たち)の屈託や鬱積のようなものは通奏低音としてあるけれど、ストーリー自体はあっけらかんとした若さにあふれている。

ふと思い出したのは、80年代に香港の映画監督フルーツ・チャンが撮った、『メイド・イン・ホンコン』などの作品群。アジアのエンタメに興味のある人ならよくご存じだと思うが、それらの作品にも通ずる疾走感を、僕は本書に感じた(分からない方には、分かりにくい例えですみません)。もちろん本書はミ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
青春小説であり、祖父殺しの犯人捜しというミステリーの要素もある。
そして、台湾および中国の複雑な歴史と内情(本省人と外省人、国民党と共産党など)が織り込まれ、歴史認識についても考えさせられた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こちらのレビューでどなたかが、最初の何ページかをがまんすればハマる、といったようなことを書かれていたと思いますが、まさにそのとおりです。冒頭から人名の読みが難しいのとバイオレンスな雰囲気に気が滅入って、なかなか進まず、もうギブアップしようかと思いましたが、ふいにぐっと惹き込まれる瞬間があります。そこからは一気にラストまで読み切ってしまいました。読み終わるのが切なくなるくらいに、楽しい読書時間でした。読後感も爽やかな青春小説です。ラストの1文は「あ、やっぱりそっちなんだな」と、ちょっと意外な印象。読後にしばらく残る余韻や波紋を広げてくれる1文です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私の好きな台湾の舞台設定で、直木賞もとった作品でした。期待して読みました。けれど面白くない。ストーリーも単調で、枝葉のエピソードが多すぎ、かつ面白くもない。ミステリーの味付けも意外性もなく、退屈。強いて言えば当時の台湾の風俗に少し興味をそそられただけ。
推薦文が空々しい作品でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー