通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
流星の絆 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

流星の絆 (講談社文庫) 文庫 – 2011/4/15

5つ星のうち 3.7 201件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 940
¥ 940 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 流星の絆 (講談社文庫)
  • +
  • 白夜行 (集英社文庫)
  • +
  • 秘密 (文春文庫)
総額: ¥2,754
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」

東野作品史上、売り上げNo.1
「大人になったら、三人で、犯人探して復讐しような」
幼い頃、両親を殺された洋食店「アリアケ」の三兄妹。14年後、大人になった彼らは結婚詐欺をして暮らしていた。最大のターゲットとして選んだのは、レストラン「とがみ亭」の御曹司。ところが、その名物料理は、懐かしい「アリアケ」と同じ味だった。
「これはお父さんのハヤシライスだ――」

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

内容(「BOOK」データベースより)

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 624ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062769204
  • ISBN-13: 978-4062769204
  • 発売日: 2011/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 201件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,677位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ジェダイ 投稿日 2011/5/19
形式: 文庫 Amazonで購入
ドラマを見ていたので、文庫化されるのをずっと待っていました。
原作に忠実にドラマ化されていたのが分かりました。
両親を殺害された子供たちが、時効目前に犯人へと近づいていき、明らかになっていくわけですが、
600ページにも及ぶ東野さんにしては長編にも関わらず、少し内容が薄かった気がします。
犯人にしても、ドラマを見た時にも思いましたが無理があるかなと。
つまらなくはないですが、面白くもなく。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
家族を守るために犯罪に走る一方で、被害者の家族に思いを馳せる男。 家族を殺され、世間に見捨てられ、社会に報復を画策する男。

お金でプライドを捨て、未来を買うも、過去の呪縛から抜け出せずもがく男。 甘言を弄しおバカな男を手玉に
取るも、ターゲットに本気で惚れ、兄弟の絆と恋心の間に苦しむ女。

本気で愛した女に騙された真実を知り、それでも助力を惜しまない男。 生きるために、見返すために犯罪に走るも、生まれ変わるために贖罪に尽くす男達。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
中学生の娘が、学校の読者の時間に読むということで購入しました。多少不安がありましたが、届いてびっくり!とても綺麗な本で、私も娘も感謝してます。また、購入させて頂きます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 saka 投稿日 2008/3/17
形式: 単行本 Amazonで購入
絶賛されているレビューを見て、期待を込めて読み始めましたが、期待以上の内容で文章の一字一句すべてに意図が込められているような完璧さでした。
特に「手紙」や「パラレルワールド・ラブストーリー」が好きな方は、読んで良かったと感じるのではないかと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まりあ 投稿日 2009/10/15
形式: 単行本
読み始めてすぐに「白夜行」「幻夜」系統のストーリーだな、と思った。
が、それらの作品に比べて兄弟三人にあまり際立った個性が無く、正直
読んでいてあの独特の「毒気」を感じないので何か物足りない。
「パラドックス13」もそうだったが、最近の東野作品は凡作が多いと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久々に、「おもしろいなあ〜」と思わせられた東野圭吾作品。
非常にテンポが良く、キャラクターも魅力的で、読んでいて飽きさせないし
グイグイ引き込まれるものがありました。
カラクリも思わぬところを突いてくるもので、なかなか面白い。

ただ、全体的にいつもの東野圭吾作品よりも軽さが目立ち、キャラクターの思考や
感情の深さが足りないなあと感じたのは否めないですね。
もっと、一人一人の深い感情や迷い、怒りなどを描ける作家なのではないか。
そういう期待があるから余計に、軽さが目立ったように思います。

ラストもそのトーンを最後まで引っ張っているから余計そう感じるのでしょうね。
一気に読める、エンターテイメント性の強いものが好きな方にはぴったりだと思います。
面白く読めたことに、うそはありませんから。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
両親を殺害された事件の時効を迎える寸前に犯人の手がかりを掴み、なんとしてでも事件の証拠をでっちあげようとする様子は目が離せず最後まで一気に読ませるおもしろさがあった。静奈と行成の恋の展開も自然で、純粋にお互い惹かれあっていく様子がうまく表現されていて、静奈の切なさがはっきりと伝わってきた。ストーリの重要な鍵となるハヤシライスにもこだわっていて、本当に美味しそうに感じられた。ただ、かなり引き込まれていただけに、事件の真相は騙されたという感じも少なく、正直いって物足りなかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テンポの良い展開で、一気に読み進めても、全く疲れを感じさせない構成力・表現は、さすがだなと思わせ
るし、充分にトキメイテ読むことができる。中盤の中だるみも少なく、本を読む幸せを感じることができます。
末っ子の妹の描写も愛らしくて、とっても魅力的に描写されていると感じた。
長男がやり手なのも、父親の描き方から違和感は無い。

しかし犯人の動機には違和感がありすぎる。
しかもホントアッサリという感じ。1960年代以前の事件というならまだ納得できるが、少なくとも90年代
以降に起きた事件だと想起されるだけに非常に残念。意表を付くことは嫌いじゃないし、むしろ大歓迎なの
だが、それは無いでしょ、という感想。もちろん作者はちゃんと辻褄を合わせて、齟齬が生じないような構
成で物語に練り込んであるので、さすがだなとは思わされたけど。

最後に、タイトルの「流星の絆」は上手く考えていて、ちゃんと物語のメインストリームを見つめている。
物語の始まりが「流星」であり、最後にちゃんと「流星」の絆が結ばれて物語も終わる。
結末が淡白すぎると感じはしたが、決して嫌な気持ちになることはなく、清々しく読み終えることができた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー