流動体について がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,280
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 桃響堂
カートに入れる
¥ 1,296
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: HAJIME 通販
カートに入れる
¥ 1,950
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 通販マーケット大阪支店【当日または翌日発送致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

流動体について Single, Limited Edition, Maxi

5つ星のうち 4.7 109件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,296 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
ポイント: 130pt  (10%)  詳細はこちら
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 小沢健二 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 流動体について
  • +
  • LIFE
  • +
  • 刹那
総額: ¥6,327
ポイントの合計: 130pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2017/2/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Limited Edition, Maxi
  • レーベル: Universal Music =music=
  • 収録時間: 17 分
  • ASIN: B01MUXZVTR
  • JAN: 4988031214473
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 109件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 134位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 流動体について
  2. 神秘的
  3. 流動体について (instrumental)
  4. 神秘的 (instrumental)

商品の説明

内容紹介

小沢健二、19年ぶりのシングル作品リリース決定!

※商品はスペシャル特殊パッケージ仕様です。
※完全生産限定商品の為、商品が無くなり次第終了となります。

メディア掲載レビューほか

小沢健二、19年ぶりのシングル作品リリース決定! (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
最高に決まっているだろ!何年待ったと思ってんだよ!19年だぞ!19年!今日まで死なないで生きててよかった!
コメント 281人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
日本語の歌詞を美しく描けるのは、
現代では小沢健二さんと認識する一枚。
アレンジも味わい深く疾走感溢れる名曲です。

継続してリリース希望。
これからも耳を楽しませてください!
ありがとう、オザケン。
コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こやすみちこ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/10
形式: CD Amazonで購入
すごいですねー。まだ発売から1か月も経ってないのに物すごいレビューの数。
こんなにも小沢健二というアーティストを待っていたファンがいたのだという事実を目の当たりにすると、彼の作る曲には、
当時同じ渋谷系の範疇として括られていたアーティストにはない心に深く残る何かがあるんだと改めて感じました。
例えばピチカートファイヴが再結成したり、コーネリアスが完全な歌ものを作っても、ここまでの反響はないでしょう。
あえて、これと同じインパクトでファンを狂喜させるとしたら、それは小沢健二自身と小山田圭吾(現コーネリアス)の
ユニットであったフリッパーズギターとしての新作くらいしかないのでは…まあそれは99.9%ないのですが…

で、何がそこまで人々の心を揺さぶるのかというと、やはり圧倒的に小沢健二の歌詞の力ということになるのでしょう。
今回のシングル、特に「流動体について」は音楽的には、ちょうどライフ以後に「さよならなんて言えないよ」とか
「痛快ウキウキ通り」などアルバム未収録となったシングルをどんどん切っていた時期のサウンドとさほど変わりません。
そういう意味で、最もセールスを上げていた頃の小沢健二の音が帰ってきたという印象は、今回誰もが持つでしょう。
ただし歌詞のほうは、カップリングの
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私はそれほど熱心なファンというわけではありません。
小学生の頃に「恋しくて」を聴いて素敵な歌だなぁと思って、それからなんと無く聴いていました。リアルタイムで触れたのは「eclectic」だけです。
好きな曲はLIFE期のも多々あるけど、アルバムとして気に入っているのは球体とeclectic、という温度。
原体験である「恋しくて」のシングルも、去年ようやっと入手しました。
思想に近い深度まで彼に傾倒するのは、少し抵抗があります。

A面ははっきり言って、『魔法的』のバンド編成で聴いた時にはそこまで印象的ではありませんでした。
もちろん気に入ってはいましたが、私の中では「その時、愛」や「サメが来ないうちに」のインパクトに埋もれていました。
しかし今回のストリングス編成・スタジオ録音を聴いて、「ある光」を思わせる雰囲気に魅了されました。
ない交ぜの希望と焦燥感と、駆け抜けるサビのメロディ。
家庭を持ったからか、「ある光」よりも行き詰まった印象は薄く、希望が主体に感じられます。
音楽としても、豪華で丁寧なバックトラックが心地良い。

「東京の街が奏でる」は行っていないため、B面は初めて。
語りかけるような落ち着いた歌で、A面と合せて「ある光」→「春にし
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
生きているとこういうご褒美が
あるからやめられない。

こんなにも心躍ることは人生において
そうない!ってくらいにうれしくて。涙出る。

またひとつ生の意味を教えてもらった気がする。

ありがとう、ずっと待ってたよ!
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
小沢健二の良さは、その言葉がふとした時に強烈に「分かる」瞬間があることだと思う。
それは聴く人の眼前に広がる光景かもしれないし散歩中の考え事や思い出かもしれないが、そんな強烈な理解に結び付けられて耳を通過するメロディと声は、多くの聴き手にとてもプライベートな音楽体験を与えてきたんじゃないかなと思う。でないと20年も待てない。
このCDを買って、もう何度も流動体を聴いてから、もう分かった瞬間もあるし、分かる手前なフレーズもいくつかある。
歌詞を咀嚼しながら音楽を聴く楽しさを本当に久しぶりに体験できた。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ┐('~`;)┌ トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/21
形式: CD
19年ぶりのシングル、19年間分の小沢健二の、そして、みんなの様々な思いが詰め込まれた珠玉の一曲。
「愛し愛されて生きるのさ」「僕らが旅に出る理由」「ある光」を足して3で割らない、的な疾走感と焦燥感、そして、時の重みとつながりを感じさせる詩とメロディ。
言葉が都市を変えていくような名曲です。

*ライブでは新曲が結構コンスタントに発表されてましたが、19年ぶりの「シングル発売」です。2016年の「魔法的ツアー」でも
人気が高かった「流動体について」。ライブの時はバンドサウンドで勢い全開だったけど、シングル盤はストリングスやコーラスが
加わって、往年のLIFE楽曲のような甘さと切なさも加わりました。歌詞は19年の重みというか複雑さを込めて噛み締めたい(笑
神秘的は、さらに前のライブで歌われていた曲ですが、すでに記憶があやふやなので新鮮な印象。何より、この初春、早春に
ぴったりなダウンテンポが、同じくこの時期の定番曲「春にして君を想う」と連作のように心地よいです。必聴。

この勢いで、音源が出てない「東京の街が奏でる」も含めてLPをぜひよろしくお願いします!
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す