流れ星が消えないうちに [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

流れ星が消えないうちに [DVD]

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,175より 中古品の出品:1¥ 7,386より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 流れ星が消えないうちに [DVD]
  • +
  • がじまる食堂の恋 [DVD]
  • +
  • 24時間女優-待つ女- ♯2 波瑠 [DVD]
総額: ¥9,370
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 波瑠, 入江甚儀, 葉山奨之, 黒島結菜, 小市慢太郎
  • 監督: 柴山健次
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日 2016/07/08
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01E584J04
  • JAN: 4988111249982
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 17,313位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

悲しみは、きっといつか勇気に変わる。

★主演はNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン、幅広い層から支持を集める今最も注目の女優・波瑠。

★原作は「半分の月がのぼる空」シリーズで知られる稀代の作家・橋本紡。
「痛みも書きたい。得ることは失うことでもある」そういった想いを持つ作者の映画化に、製作陣は力を結集させ、本作に挑んだ。

★入江甚儀(『キカイダー REBOOT』)、葉山奨之(NHK連続テレビ小説「まれ」)、黒島結菜(「アオイホノオ」)など、最も注目の集まる若手キャストが揃った。

★メガホンを取るのは『君の好きなうた』の柴山健次監督。
美しい映像構成、緻密な心理描写は見ている者の心を掴んで離さない。
撮影は武蔵野市・三鷹市で行われ、その街並みは物語の世界をより魅力的なものとしている。

【特典】特報、予告編

【ストーリー】
本山奈緒子(波瑠)は、かつての恋人・加地径一郎(葉山奨之)の事故死の影響から、玄関でしか眠れなくなってしまった。
流れる時間の中、いまでは新しく付き合っている恋人・川嶋巧(入江甚儀)との日常が、奈緒子にはあった。
加地の親友であった巧と奈緒子にとって、この現実は加地に対する裏切りだと感じ、自分を責めていた。二人の時計の針は止まったまま…

ある日、奈緒子の父・本山諒(小市慢太郎)が突然東京にやってきた。本山の転勤を機に家族は大分に引っ越し、奈緒子は東京で一人暮らしをしていた。
「家出をしてきた」という父との二人暮らしが始まる。奈緒子、巧、本山の時間がゆるやかに動き始める。
やがて、妹の本山絵里(黒島結菜)が加わり、それぞれが抱える問題が次第に明らかになっていく。
それは、加地がよく口にしていた言葉。かけがえのない存在が、この世に残していった言葉。
奈緒子たちの心に変化がもたらされようとしていた。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

橋本紡の原作を朝ドラのヒロインとしても注目を集める波瑠主演で映画化。本山奈緒子はかつての恋人・加地の事故死の影響から玄関でしか眠れなくなる。時間が流れ、加地の親友だった川嶋とつき合っていた彼女の前にある日突然、父親がやって来る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
何かを失った者たちと、何かを得ようとする者たちの物語。

「何かを得る、ということは、何かを失うということだ」とは原作者の橋本紡の言葉だ。
では、何かを失う、ということは、何かを得る、ということになるのだろうか。
人の一生は片道切符だ。時間を遡及してやり直すことは出来ない。失い続け、得続ける。そして最後は死という形で全てを失う。遺すことはできても、何かを得て死を迎えることはできない。そして、遺す物が心であった場合、残された者は一方的な心を抱えることになってしまう。

死んだ者のことは忘れなければならない。
僕はずっと思っている。忘れなければ、今の自分の所在を死者の所為にしてしまうからだ。

だけど、それがどうしても忘れられなかったとしたら?
今の自分が、死者に後ろめたさを感じていたとして、それでも忘れられなかったとしたら?
それが業というものなのか。

玄関でしか眠れなくなった彼女は、その業を背負うことができなかった。
玄関は、ただいま、と、おかえり、の交差するところ。出口であり入口であるところ。立ち止まり、居続ける場所ではない。
彼女の苦しさは彼女だけのもので、悲しみは彼女だけのもので、業も彼女だけのもの。誰かと分け合うことはできな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
久しぶりに気持ちを持ってかれた作品に出会えました。会話やセリフの間合いと景色や映像の描写がすごく丁寧に描かれていてほっと落ち着きながらもこの物語に引き込まれました。
何度も見返してしまいました。
波瑠さんの演技力も魅力も垣間見る事が出来ました。
おすすめです!
しっとりとけれど深く生きる事について優しく教えてくれました。
秋の夜長にもピッタリの作品です!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画としては、???でしたが、波瑠さんが沢山見れた事と最後の波瑠さんの台詞に、おじさんながら胸がキュンとなりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 王子 投稿日 2017/2/13
形式: DVD Amazonで購入
公開された映画も観に行きました。波瑠の落ち着いた演技が楽しめます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告