流れる [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,630
通常配送無料 詳細
発売元: エクオピネット
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

流れる [DVD]

5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,630 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、STAR-SELLERが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,860より 中古品の出品:2¥ 4,248より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 流れる [DVD]
  • +
  • 細雪[東宝DVD名作セレクション]
総額: ¥7,495
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田中絹代, 山田五十鈴, 高峰秀子, 杉村春子
  • 監督: 成瀬巳喜男
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/08/26
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000XB5OM
  • JAN: 4988104032935
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,857位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   東京下町の芸者置屋では、表面の華やかさとは裏腹に、それぞれの女たちのせちがらい世界が繰り広げられていた……。
   花柳界に生きる女たちの姿を、成瀬巳喜男監督が淡々と、そして冷徹に描いた秀作。原作は幸田文の同名小説。語り部は住み込み女中役の田中絹代で、女将に山田五十鈴、その娘に高峰秀子、芸者役に杉村春子、岡田茉莉子など、さらには日本映画草創期の大スター、栗島すみ子の久々の銀幕復帰と、そうそうたる女優たちの競演ではあるが、そうした白粉の匂い濃厚な女たちの世界観を極めながらも、妙に派手にすることは避け、むしろ抑えた演技で一貫させながらそれぞれの魅力や哀しみ、はかなさなどを巧みに醸し出していくあたりは、やはり成瀬演出の真骨頂ともいえるだろう。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

幸田文原作小説を映画化。芸者置屋で働く女中の目を通し芸者の世界を描いた、成瀬巳喜男監督が贈るドラマ。田中絹代、山田五十鈴ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

成瀬監督映画の中で一番良くできた作品は「浮雲」だと思います。
でも一番好きな作品と言えば本作品「流れる」です。

東京柳橋の花街を舞台にして、置屋で働く女中の目から見た芸者達の哀歌が描かれます。
何と言っても見所は女優達です。

高峰秀子、岡田茉莉子。現代を代表するこのふたりの2大女優が単なる「小娘」に見えてしまう程とんでもない布陣を組んでいます。

賢い女役の田中絹代。
控えめで、おとなしく、仕事はキッチリこなし、誰からも信頼され、情のある親切な女性。
まさしく田中絹代のはまり役です。
ラスト、芸者達にお菓子を買って来て、同情とも悲しみとも云える顔で皆を見つめるところが素晴しいです。

利口な女役は栗島すみ子。
日本の映画スタア第一号です。
成瀬先生と他の女優が呼んでいる前で、一人だけ監督を「みきちゃん」と呼んでいたと言うエピソードが全てを物語っています。(成瀬監督は自分の夫の助監督だったため)
とにかく凄いの一言です。
頼りになるいい人なのか、油断のならない女なのか最後まで分からないお姐さん役です。
儲け役ではありますが、山田五十鈴ですら吹っ飛ぶ貫禄には脱帽です。

そして残りは愚
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画の素晴らしさを的確に指摘した多数のレビューが既にあるので、あえてユルく書かせていただく。

主な出演女優の顔ぶれは、
山田五十鈴、田中絹代、杉村春子、高峰秀子、栗島すみ子、岡田茉莉子、中北千枝子
ってあなた・・・。最初は、何かの間違いなんじゃないかと思ってしまいましたよ。もちろん、「子」がつく名前の女優が多いから何かの間違いなんじゃないかと思ったわけではない。余りの豪華メンバーに目を疑ったのである。
しかも、この七人が協力して「斜陽の芸者界」を救おうなんてことはしない。開始直後から、武者修行よろしく一騎討ちを始める。
共演などといえば聞こえはいいが、決してそんな生易しいものではない。気の強い女優ばかりワザと集めて(だから優しさ溢る香川京子などは絶対に出てこない)、現実で演技を競い合わせることでプライドをくすぐり、潰しあう女の戦場「斜陽の芸者界」を完璧に描ききるのである。
『流れる』という題名は、もののあはれを感じさせてまったく絶妙であるが、同時に、女達の生の習性「裏では流れに逆らってしのぎを削りまくる」という真実の姿を、サラリと覆い隠す仮装としても、これ以上無い効果を発揮している。

ちなみに、本物の『七人の侍』である加東大介、宮口精二も、ある意味「斬られ役」として出演していて、いい出
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1956年作品、白黒映画、原作小説が昭和30年(1955)発表なので早い時期から脚色が開始されていたとおもわれる、「浮雲」を別格とすれば、最も成瀬巳喜男らしい傑作中の傑作、小津作品のような世界的に不変な価値観ではない日本独特のえもいわれぬ儚い情緒こそを楽しむ映画、

時間の経過に「流され」消えて行くものたちへ深い愛情をそそぐ演出はビスコンティ「山猫」からハードボイルドさを消去したようなもの、ラスト10分の静かで深い迫力は「ゴッドファーザー」からやはりハードボイルドさを取り払ったもので充分にかの作品に匹敵するとおもう、三味線の連弾にこれほど情緒を刺激されるようになるなどとは若い頃には想像もできなかったのだが、この作品を楽しめる幸福はこれから更に増すだろうとおもう、

劇は山田五十鈴と田中絹代ダブル主演、高峰・岡田・杉村・中北とオールスター映画、劇中、何度となく山田・田中・高峰がワン・カットに収まる、これが評者には和服をあだに着こなす長身の明治の女・小柄で愚直に甲斐甲斐しく働く大正の女・背筋の真っ直ぐな昭和の女に見えてしまう、それぞれの器量をおとし垢抜けなさを追加すれば自分自身の曾祖母・祖母・母の姿に重なってしまう、劇中盤、注射をむずかる幼女を田中が体堅めで抑えつけるシーンがある、幼児期に同じ行為の記憶がある自分にとって微妙な追憶を刺激される貴重
...続きを読む ›
11 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こめだ 投稿日 2007/5/31
Amazonで購入
山田五十鈴と田中絹代と杉村春子の三大スター共演がさらりとごくふつうみえるのは流石というしかない。
驚くべきは、なんてことない日常だけで綴られているのにとんでもなく美しい、ということだ。なにより戦後まもない昭和の日本の風景が圧巻である。自分が体験していないにもかかわらず、こんなに懐かしくいとおしくなるのはなぜだろう。美術はもとより、ちょっとした生活の音(猫や花火や火打石など)に成瀬監督の細やかなこだわりが感じられる。見過ごしがちな日常の美しさを見直すよい機会になった最高の映画。日本の女性ってほんとにきれいでかっこよかったんですね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す