通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
流れる (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


流れる (新潮文庫) 文庫 – 1957/12/27

5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥ 100
文庫
¥ 594
¥ 562 ¥ 1

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 流れる (新潮文庫)
  • +
  • 台所のおと (講談社文庫)
  • +
  • きもの (新潮文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

女中が見た芸妓の艶。花柳界に力強く生きる女性たちを活写した幸田文学を代表する傑作。
【日本芸術院賞 新潮社文学賞 受賞】


梨花は寮母、掃除婦、犬屋の女中まで経験してきた四十すぎの未亡人だが、教養もあり、気性もしっかりしている。没落しかかった芸者置屋に女中として住みこんだ彼女は、花柳界の風習や芸者たちの生態を台所の裏側からこまかく観察し、そこに起る事件に驚きの目を見張る……。
華やかな生活の裏に流れる哀しさやはかなさ、浮き沈みの激しさを、繊細な感覚でとらえ、詩情豊かに描く。

1956年、成瀬巳喜男監督によって映画化された。田中絹代、山田五十鈴、栗島すみ子、杉村春子、高峰秀子などが出演している。

巻末「著者のことば」より
小さいときから川を見ていた。水は流れたがって、とっとと走り下りていた。そのくせとまりたがりもして、たゆたい、渋り、淀み、でもまた流れていた。川には橋がかかっていた。人は橋が川の流れの上にかけられていることなど頓着なく、平気で渡って行った。私もそうした。橋はなんでもない。なんでもないけれど橋へかかると、なぜか心はいつも一瞬ためらって、川上川下、この岸あの岸と眺めるのだ。
水は流れるし、橋は通じるし、「流れる」とは題したけれど、橋手前のあの、ふとためらう心には強く惹かれている。

本書「解説」より
幸田さんの文章を見ているうちに、次第に私はこういうことに気がつき出した、つまりこれは文章家の書いた文章ではないということ。文字があって、その文字を排列して出来上ったという文章ではない。ことばがあったのだ。声音を伴うことばがまずあったのだ。そのことばを、まあかりに文字に移し写してみたのだ。そういう工合にして文章が出来上ったのだ。文字によって構成される文章というもののロジックではなしに、話される生きたことばのロジックに従って文章となったというのが幸田さんの文章である。
――高橋義孝(文芸評論家)

幸田文(1904-1990)
東京生れ。幸田露伴次女。1928(昭和3)年、清酒問屋に嫁ぐも、十年後に離婚、娘を連れて晩年の父のもとに帰る。露伴の没後、父を追憶する文章を続けて発表、たちまち注目されるところとなり、1954年の『黒い裾』により読売文学賞を受賞。1956年の『流れる』は新潮社文学賞、日本芸術院賞の両賞を得た。他の作品に『闘』(女流文学賞)、『崩れ』『包む』など。


内容(「BOOK」データベースより)

梨花は寮母、掃除婦、犬屋の女中まで経験してきた四十すぎの未亡人だが、教養もあり、気性もしっかりしている。没落しかかった芸者置屋に女中として住みこんだ彼女は、花柳界の風習や芸者たちの生態を台所の裏側からこまかく観察し、そこに起る事件に驚きの目を見張る…。華やかな生活の裏に流れる哀しさやはかなさ、浮き沈みの激しさを、繊細な感覚でとらえ、詩情豊かに描く。花柳界に力強く生きる女性たちを活写した幸田文学を代表する傑作。日本芸術院賞、新潮社文学賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1957/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101116024
  • ISBN-13: 978-4101116020
  • 発売日: 1957/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,841位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


14件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

14件中1 - 8件目のレビューを表示

ベスト500レビュアー
2015年4月23日
形式: 文庫Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月19日
形式: 文庫Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年7月26日
形式: 文庫Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年12月19日
形式: 文庫Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年5月26日
形式: 文庫
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年1月19日
形式: 文庫
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2009年1月30日
形式: 文庫
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年1月11日
形式: 文庫
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告