通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
津軽 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

津軽 (新潮文庫) 文庫 – 2004/6

5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432 ¥ 1
文庫, 2004/6
¥ 464
¥ 464 ¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 2,592 ¥ 2,335

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 津軽 (新潮文庫)
  • +
  • 斜陽 (新潮文庫)
  • +
  • 走れメロス (新潮文庫)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

太宰文学のうちには、旧家に生れた者の暗い宿命がある。古沼のような“家"からどうして脱出するか。さらに自分自身からいかにして逃亡するか。しかしこうした運命を凝視し懐かしく回想するような刹那が、一度彼に訪れた。それは昭和19年、津軽風土記の執筆を依頼され3週間にわたって津軽を旅行したときで、こうして生れた本書は、全作品のなかで特異な位置を占める佳品となった。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和十九年、風土記の執筆依頼を受けた太宰は、三週間にわたって津軽半島を一周した。懐かしい故郷の風土と素朴な人柄、そして旅の最後に訪れた乳母たけとの三十年ぶりの再会…。自己を見つめ直し、宿命の生地、津軽への思いを素直に綴りあげた紀行文。太宰の最高傑作との評価も名高い、感動の一冊。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101006040
  • ISBN-13: 978-4101006048
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この本を初めて読んだのは、青森でのこと。
旅の途中でふらりと訪ねた先に、太宰治の記念館(斜陽館ではなく)があり、そこで購入した。
青森を後にしてから「津軽」を読み終え、その記念館があったのが「津軽」の一舞台になっている小泊であったことを知った。
そういえば、すぐ脇に小学校があったが、そうか、あれが太宰治とたけの再会した小学校だったのか、と、その時に遅まきながらの感動を覚えた。
それから5年して、もう一度「津軽」が読みたくなり、アマゾンで再購入した。
この小説は「陰」のイメージが強い作家である太宰治作品の中でも、「陽」の雰囲気が横溢している作品だ。
途中、抱腹絶倒したシーンが何カ所かある。
ラストは、小学校の運動会会場でたけと再会するシーン。ここにも爽やかな風が流れている。
太宰治が自分の人生の軌跡をたどりながら、津軽を旅行した3週間の記録。
シンプルな題材と、健康的な感性。
文末のセリフを何度もつぶやいてしまう。
「元気で行こう。絶望するな。では、失敬。」
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
太宰は津軽の素封家の出であり、それが誇りでもあったが、兄達に頭が上がらぬことでコンプレックスにもなっていた。太宰と言うと、何か暗い屈折したイメージがあるが、それは出身に起因するところが多いと思う。そんな太宰が気ままに津軽を旅した時の紀行文が本書である。中には、戦時下の軍の秘密主義を皮肉った箇所があったり、とにかく明るく楽しい。これが太宰の本来の姿だと思う。そして本作のクライマックスは、太宰が母とも慕う乳母「たけ」との再会の場面である。「世界の中心で愛を叫ば」なくても、深い情愛は読者に伝わる。この場面では思わずじ〜んと来てしまった。太宰の最も美しい仕事だと思う。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 数ある太宰作品の中でも、僕の中ではBest3に入る程好きな小説です。
 世間には「太宰治の小説って、暗かったり小難しかったりするんでしょ?」という様な先入観に囚われている人が多い様に見えますが、この『津軽』の様な、所謂「第二期」の太宰作品に触れれば、そんな思いも払拭されるのではないでしょうか?『人間失格』などに見られる暗さは、この小説からは微塵も感じさせません。
 もう3回は読んでいるので、今では風土記の部分をスッ飛ばし、太宰の旅のみを目当てに読んでいます。
 見どころは蟹田のSさんの接待シーン。爆笑必至の名場面です。『津軽』を読む理由の一つはこの場面を読む為だと言って嘘は無いです。
 そして何より、太宰作品屈指の名場面であるこの小説のクライマックス、子守のたけと再会する場面です。
 太宰がたけを捜す件は、見つかるか?見つからないか?とハラハラさせられ、感情移入すると手に汗握る場面になります。
 だからこそ、たけとの再会の場面で感動が生まれるのです。
 
 太宰は「つかみ」が良い作家だと言います。本編の冒頭なども、読んでいて引き込まれます。
 しかし、彼は「つかみ」同様、ラストも大変秀逸な作家としても認識されていると思います。この『津軽』は、太宰作品の中でも特に素晴らしいラストで締め括られて
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 toko 投稿日 2013/6/15
形式: 文庫 Amazonで購入
太宰がその生い立ちから生家に仕えた
懐かしい人達を訪ねた風土記でした。

太宰というとやはり「斜陽」「人間失格」の
暗さがつきまとうけれどそれ以前ほんの暫く
安定した時があったことにほっとします。
特に実の母親以上であった、たけを書いた
最後には心の平和を感じます。

しかし作家全てをさらけ出して書くことで
生きていく(生活のため)哀しさも読めます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎の街道をゆく41巻 北のまほろばで青森を旅した際に、太宰の津軽が引用されていたので
かなり久しぶりに古い作家の本を買うことに決めた

太宰の津軽紹介であるが なかなか難解である
当時、志賀直哉が美しい文章で文壇において人気を集めていたことに対する太宰の反論
どこにその自信があるのかが分からない
全く自信がないのかもしれない

津軽人は自分を愛するが、また同時に自分を憎む
たとえ軍人が凱旋しても、あるいは文人が故郷に錦を飾ろうが
津軽人は素直に讃歌を謳わない
たまたま運が良かっただけのくせに偉そうにするのではないといわれるのが落ちだ

開けっぴろげでない屈折した気質なのであろうか
この根底にあるのはやはり自己愛と自己憎なのであろう
それがどこから来るのか
厳しい自然からなのか あるいは日本史の中で決して一度も中心となることもなく
かといって戦争で負けたことも一度もなく 
ある意味日本の北端であったがために いじけるしかなかったのであろうか

昭和19年の3週間のたびで太宰は津軽は、誇るべきものもないが、卑下するものもなく
ただ純粋に津軽に生きていたということを再確認す
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック