中古品
¥ 133
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯あり】中古品のため多少のヤケ、使用感等がございますが、本文及び中身は、概ね良好で、中古本としては、普通の状態です。一通りの検品で、書き込み、線引き等はございませんでした。ご購入後 発見された場合 軽微な書き込みや線引き等の場合はご容赦ください。☆カバーなどの外観は、中古のため使用感や小さな破れ、擦れ、ヨレ、細かな傷がある場合がございます。 ご承知の上でお買い求めださい。 記載のない場合は 原則 付属品等は付かないものとお考えください。☆状態説明に錯誤、瑕疵等ある場合は返品返金等 誠意をもって 柔軟に対応させて頂きますので安心してお買い求め下さい。(メールを入れて頂ければ 大至急対応させていただきますので、評価の前にご一報よろしくお願い致します)☆御注文確定後 ゆーメールにて迅速に発送させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

洋菓子の経営学―「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略 単行本 – 2009/1

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 133
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略。こんな時代でも対前年比プラスを続け、今では全国ブランドに。なぜ神戸の洋菓子産業は強いのか?「東京にはできない」産業活性化のヒントを詳細に分析。全国の地場産業関係者、必読の1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森元/伸枝
1964年生まれ。神戸市出身。神戸海星女子学院大学英文科卒業後、三陽商会や弁護士事務所など複数の職務経験を経て、神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。博士課程途中に育児が楽しく中退。子供の就学後、神戸大学大学院経営学研究科の恩師、加護野忠男教授の研究室にて教授の雑務を手伝いながら、加護野教授より研究の指導を賜る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2009/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833419009
  • ISBN-13: 978-4833419000
  • 発売日: 2009/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,294位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
神戸スウィーツが、明治時代から続いているのはなぜ?
本書は、この疑問に答えるための調査をまとめたものです。
京都花街の経営学』に比べて、マーケティングや顧客との関係作り等で
深堀がなかったことと、今後への提言を出し惜しみ?しているのが残念。

(基礎情報)
・神戸には、人口に対して洋菓子店舗が多い。
・一世帯あたりの消費額は少ない。
 →域外で売れている。

(顧客・商品)
・神戸スウィーツは「安価で単調」と言われる。
 しかし、関西経済圏の客は、わずかな違いを目利きできていた。

(店舗)
・洋菓子店舗の運営を担う職人の育成の仕組みがある。
・職人を支える取引先の集積がある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/4/15
形式: 単行本
阪急の御影、六甲、岡本の各駅を降りれば、確かに結構な洋菓子の店舗と遭遇します。地元の人だけでなく、美味しい洋菓子店を訪れる目的で、それぞれの駅に降りる人も結構いますので、阪神間は洋菓子の激戦地だとは理解していましたが、40ページから43ページにかけての洋菓子店の分布図を見ると、その集積具合の凄さが見て取れました。

筆者の森元 伸枝さんが、地元の洋菓子店の成り立ちについて興味を持ったのは、地元の神戸出身ならではで、女性の視点が新しい研究対象分野を広げたのでしょう。

3ページに掲載してある東京商工リサーチの図表をみても、神戸洋菓子企業の業績は伸びており、神戸スウィーツは定番のブランドとして認知されています。御影はその中でも「スウィーツの街」の象徴として捉えられていました。

名店のオーナーやパティシエから聞き書きをして、それぞれのお店の歴史や苦労を丹念に紹介しています。この足で稼いだ情報は本書の中心を成していました。その成果が130ページの見開きに掲載した「神戸洋菓子職人の相関図」に凝縮しているでしょう。増田製粉所は知らなかったのですが、神戸スウィーツのこだわりの一つがここの薄力粉だということを教えてもらいました。そうでしたか。

本書の内容の一部です。
第1章 スウィーツの街 神戸(ケーキ?
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 神戸生まれで神戸育ちの著者が、地元神戸を代表する「産業」である「神戸スウィーツ」について、足で稼いでまとめたレポート。
 職人さんや材料屋さんの話に耳を傾け、いろいろ面白い話を聞き出した点については評価していいが、いかんせん「経営学」というには、あまりにも分析がなさ過ぎる。
 「職人養成論」としては面白かったが、オーナー・パティシエとして、独立して自分の店をもって経営するという「起業家論」としての性格も弱いし、「クラスター(産業集積)論」としての意味づけも弱いし、「地域ブランド論」としても現状を記述しているだけで、歴史について触れているが、メカニズムにかんする分析がない。したがって、他地域で地場産業育成の参考事例として捉えるにはちょっと無理がある。
 まあ、著者の「神戸愛」があふれる本であるので、「地元愛」が地場産業育成のひとつのカギであることを実証したことにはなっているのだが・・・
 どうせなら、カラー写真をふんだんに使ったムックのような形で、お店の紹介と商品の紹介を兼ねた作りの本のほうがよかったのではないかな?
 残念ながら中途半端に終わってしまっている本であった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スイーツが好き、神戸が好きな私にとってはなるほど、と。
歴史的背景やスイーツ産業発展のポイントがよくわかりました。
神戸でないとできなかったことだと思います。
また、自身の研究や活動へとつながる資料として役立ちました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告