この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

洋子、やっぱりいってしまったのか 単行本 – 2010/10

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 56
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

妻、南田洋子は、病院へ緊急搬送され、意識不明のまま、平成21年10月21日午前10時56分、帰らぬ人となった。あれから1年、いまだに後悔したり、死を考えたり、気持ちはあっちに行ったり、こっちに行ったり揺れ動いている。でも、洋子に「死んではだめだよ」と言われたからには、これからも生きていかなくてはならない。強く生きるために、これまでの人生に句読点を付けようと思う。この本は、遺書代わりに遺していきたいことを、全部書いた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長門/裕之
1934年(昭和9年)京都府生まれ。父方は歌舞伎一家、母方は映画のマキノ一家。6歳で映画デビューし、8歳で出演した「無法松の一生」で名子役として注目される。26歳でブルーリボン賞を受賞。舞台、テレビドラマでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 主婦と生活社 (2010/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4391139456
  • ISBN-13: 978-4391139457
  • 発売日: 2010/10
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,056,001位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
『待ってくれ、洋子』の続編にに位置づけられるものです。
上記書の読後感が凄絶なものだったがために、早くに入手しつつ中々ページを開けませんでした。正直『辛かった』のです。
ソウコウするうちに筆者自身が亡くなり、更に今度は『怖い』存在になりました。でも、前冊の圧倒的な筆力と迫力には
耐えられず、ページを開くこととなったのですが・・・

前巻よりも更に悲痛な絶叫に満ちた、渾身の文章です。治療法を変えて、いくらか快方の兆しが見えていた愛妻(それも、
一代の役者馬鹿・放蕩三昧で『仮面夫婦だった』、と前冊で吐露しています)が、本来の意味で心底から愛おしく思えて
いた矢先のあっけない急逝。ただ、愛妻が倒れてから心肺停止になるまでの四日間、舞台に立ち続けたという筆者。そして
妻の死後も千秋楽まで舞台に立ったという筆者。心底からの『役者』だったのでしょう。

その後の葛藤も、迷い、惑い、自死も考えつつ妻の一言で踏み止まり、という心の彷徨が赤裸々に描かれています。また
痴呆が進んだ頃の、老夫婦同士の性愛までストレートに放りだすように思い出として描写されている。そして、自分の生死
を賭けた心臓手術。【天が僕を戒めている。「お前に死ぬ機会をあげよう」と今試されているような気がする。】(P
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この想いを知って今日からの介護に・・・
お客様だけでなく、その家族へのケアを考えてほしいと思います。

男性介護者の中には
・自分が先に逝きたいと想う人
・妻に恋している人
・妻の死を受け入れられない人などのケースがある。

(妻の)介護をしていくことが自分の生きる支えになることもある。
介護の専門職としてもしケースに当たるときは
「なぜ、一人で抱え込むのか?」を考えてこのような家族に接したい。

そして、
ケアに当たっては介護保険を使うばっかりが正解ではないということ
選択肢を幅広く持つことが大切だと教えられました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/9
形式: 単行本
第1章を読み始めてからまもなく、涙が止まらなくなってしまった。
こんな経験は初めて。

長門裕之さんが、愛妻洋子さんの認知症介護をしている事は、TV「金スマ」の特集番組を見ていたので知っていた。
いっときは認知症状が良くなったのもつかの間で、くも膜下出血で亡くなってしまった洋子さん。
その洋子さんが、急変し病院へ運ばれ危篤状態となり、最期の4日間、天国へ召される経過と日記を読んだだけで、涙と鼻水が止まらなくなった。
妻が重篤な状態でも役者稼業の因果で舞台を休まず、大橋巨泉さんに「仕事なんかしてるのは、ばかじゃないか!」と言われたという。
舞台中に亡くなった妻、冷たくなった亡きがらを見て、「ばかやろー」と叫ぶしかなかった。そんな長門さんに欽ちゃん(萩本欽一)が頷き、優しさに満ちた言葉をかけた。ここでもまた泣かされた。

介護中の洋子さんは、自分の芸名は言えないが、夫の本名や誕生日は覚えていた。
「介護される人だって、人に何かしてあげたいのだ」
「過剰な先回りの介護は、自分でできる、やろうとすることを摘み取ってしまう」
洋子さんを介護中に得た教訓が、非常に重みを持つ言葉。

まだ認知症状が発症する前、洋子さんの70歳の誕生日、洋子さんからの誘いで夫婦の営みが2日間あったという。老人の性的な営みを描いているが、嫌らしさがなく、逆に清らかで崇高な愛を感じた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告