¥ 2,035
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
注文の多い料理店 ミニ絵本付き朗読CD (山猫博士... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

注文の多い料理店 ミニ絵本付き朗読CD (山猫博士 佐藤国男が描く宮沢賢治の世界) Original recording


仕様
価格
新品 中古品
CD Original recording
¥ 2,035
¥ 2,035

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2016/6/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording
  • レーベル: 新函館ライブラリ
  • 収録時間: 25 分
  • ASIN: B01GO229OM
  • JAN: 4589485510021
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 584,671位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

都会からやってきた金持ちの若者二人が、狩りの途中、奥深い山道で道に迷う。
お腹をすかした若者の前に、瀟洒な西洋料理店が突如出現。喜び勇んで入店するが、オーナーである山猫の親分にいろいろ注文をつけられた揚げ句、とんでもない事態に。
1924(大正13)年、宮沢賢治が生前に唯一出版した童話集『注文の多い料理店』の表題作品を、佐藤国男の描き下ろし挿絵と土屋裕美によるミニ絵本付き朗読CDで。
宮沢賢治生誕120年を記念して発行

アーティストについて

佐藤国男は宮沢賢治童話の挿絵画家として知られ、子どもの未来社他から作品多数。全国のファンから山猫博士の愛称で親しまれている


メーカーより

妄想か、大発見か… 亀ヶ岡土器には甲骨文字が刻まれていた 虔十公園林(けんじゅうこうえんりん) セロ弾きのゴーシュ
仕様 印刷本 B5判全カラー76ページ B6変型版ミニ絵本(16ページ)付き朗読CD B6変型版ミニ絵本(20ページ)付き朗読CD B6変型版ミニ絵本(16ページ)付き朗読CD
商品内容 近所の畑で土器を見つけ、縄文に強く惹かれた小学生以来、半世紀にわたり、たゆみなく続けた縄文研究の集大成。アカデミズムが触れてこなかった「縄文の文様や造形に込められた意味」を、世界中の古代文化と照らし合わせながら読み解いていきます。Kindle版も出ています(700円) 子どもからも「ばかだ、ばかだ」と蔑まれていた虔十は、短い一生のうちに1度だけ意志を貫き、空き地に杉苗700本を植えました。虔十の死後20年、都市化する中でもそこだけが立派な杉林として残り、子どもたちにとって格好の遊び場になりました。勝ち組と負け組の二極分化が進む今こそ、改めて紐といてみたい名作です。 下手くそで、いつも楽長に叱られてばかりのセロ弾きゴーシュのもとに、夜な夜な猫やカッコウ、タヌキやネズミが訪ねてきて、演奏をおねだりします。やがて迎えた音楽会。熱演の後のアンコールで、楽長はゴーシュを一人で舞台に立たせました。「どこまで人を馬鹿にするんだ」。やけくそで奇妙な曲「印度の虎狩り」を演奏したゴーシュに、さて会場や楽団員たちは… 都会から田舎の山に狩りにやってきた若者2人。途中で道に迷いますが、目の前に、瀟洒な西洋料理店が出現します。にわか喜びしたものの、オーナーである山猫の親分にいろいろ注文をつけられた揚げ句、とんでもない事態に…。 1924(大正13)年、宮沢賢治が生前に唯一出版した童話集『注文の多い料理店』の表題作で、セロ弾きのゴーシュなどとともに代表作として知られていますが、当時はまったく売れませんでした。
仕様 印刷本 B5判全カラー76ページ B6変型版ミニ絵本(16ページ)付き朗読CD B6変型版ミニ絵本(20ページ)付き朗読CD B6変型版ミニ絵本(16ページ)付き朗読CD
商品内容 近所の畑で土器を見つけ、縄文に強く惹かれた小学生以来、半世紀にわたり、たゆみなく続けた縄文研究の集大成。 子どもからも「ばかだ、ばかだ」と蔑まれていた虔十は、短い一生のうちに1度だけ意志を貫き、空き地に杉苗700本を植えました。虔十の死後20年、都市化する中でもそこだけが立派な杉林として残り、子どもたちにとって格好の遊び場になりました。 下手くそで、いつも楽長に叱られてばかりのセロ弾きゴーシュのもとに、夜な夜な猫やカッコウ、タヌキやネズミが訪ねてきて、演奏をおねだりします。 都会から田舎の山に狩りにやってきた若者2人。途中で道に迷いますが、目の前に、瀟洒な西洋料理店が出現します。にわか喜びしたものの、オーナーである山猫の親分にいろいろ注文をつけられた揚げ句、とんでもない事態に…。
補足説明 アカデミズムが触れてこなかった「縄文の文様や造形に込められた意味」を、世界中の古代文化と照らし合わせながら読み解いていきます。Kindle版も出ています(700円) 勝ち組と負け組の二極分化が進む今こそ、改めて紐といてみたい名作です。 やがて迎えた音楽会。熱演の後のアンコールで、楽長はゴーシュを一人で舞台に立たせました。「どこまで人を馬鹿にするんだ」。やけくそで奇妙な曲「印度の虎狩り」を演奏したゴーシュに、さて会場や楽団員たちは… 1924(大正13)年、宮沢賢治が生前に唯一出版した童話集『注文の多い料理店』の表題作で、セロ弾きのゴーシュなどとともに代表作として知られていますが、当時はまったく売れませんでした。

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう