中古品
¥ 69
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 サーフ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: サーフ堂でお買い上げありがとうございます。アマゾンの規定の基準にて販売をさせていただいております。書き込みはないものであります。(細心には検品を行っていますが、商品にまれに見落としなどの書き込みがある場合がございますのでご了承くださいませ)またまれにヤケやしみなどの本の痛みなどがあるものもございます。読み物としては問題がない商品となります。配送につきましてはゆうメールにて発送となります。原則的には24時間以内の発送をしております。発送はいたしますが運送会社による遅れなど地域によりございますのでその際はご了承くださいませ。数日たっても届かない場合や万が一商品に不備などがある際はお問い合わせいただきましたら誠実な対応で対応させていただきます。梱包は雨にも対応した防水の封筒で発送させていただきます、よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

泣き虫 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2006/8

5つ星のうち 3.8 40件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 69

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新日本プロレスで順調にスターダムを駆け上がった高田延彦は「試合前に勝敗が決まっている」事実に疑問を抱き、アントニオ猪木と袂を分かつ。彼が求めたのは、真のリアルファイト。しかし、PRIDEに辿り着いた時、経営者としての苦悩が彼の闘志を蝕んでいった。プロレス界のタブーを赤裸々に語り、格闘技界に激震を起こした男の半生記。

内容(「MARC」データベースより)

あの日、あの試合、高田延彦の心は揺れていた。真のリアルファイトとは何か? いまも格闘技の世界に身を置く立場でありながら、プロレス界、格闘技界のタブーにまで踏み込んで語った、これまでの人生。ノンフィクション。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 223ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344408233
  • ISBN-13: 978-4344408234
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 536,961位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アメショのチロ #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/8
形式: 単行本 Amazonで購入
私はいわゆる猪木信者だったもので、UWFにも高田延彦にもさして思い入れはありません。

ミスター某氏から始まる一連の暴露本に興味を示して、この本を手に取ったにすぎません。
しかし著者の金子氏の筆力も相まって、300ページを越える本書を一気に読み終えました。
高田に対する印象は、現役時代とこの本で描かれるそれは殆ど変わらないものです。

それはエースとして君臨するにはイマイチ細い線、プロレスの範疇だからこそ輝けたのであり
本書でいうリアルなファイトでは通用しない実力、レスラーだけでなく経営者としても手腕に疑問符があったこと。
しかし力道山や猪木のような、浮き世離れしたカリスマではない、だからこそ
家族の問題、仕事の調整の難しさなど、自分と重ね合わせても身につまされる、
そんな等身大のレスラーの生き様に、三分の一くらいは感銘しながら読み進めました。

金子氏が言うように高田は"なぜ"と思うほどに明け透けに喋っていますが、
なぜか記憶が定かでない、と濁す場面も多いです。
自身の行動をメモしていた彼としては不可思議に思えます。

政界へ立候補した経緯、ヒクソンとの対戦の交渉など、全ては喋っていないのだな
そう思わせる不透明
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今やPRIDE統括本部長という肩書きを持ち、「高田劇場」がPRIDEの名物となり、現役末期より人気を博しているのではないかと思える高田延彦の半生期。
現役時代は高田の生の声が雑誌等のインタビューを通して伝わってくることが少なかっただけに、あの時、あの当時の彼の本心を知る上で、UWF~PRIDEとともに生きてきたプロレスファン、格闘技ファンにとっては必読の一冊である。
いわゆる暴露的な内容も含まれてはいるが、それがメインではなく、高田の格闘人生を振り返る上で欠かせない内容がさりげなく散りばめられている。とはいえ、私が一番知りたかった対北尾戦の戦慄のハイキックの真相を初めとし、バービック戦、10.9武藤戦の舞台裏、田村との確執、ヒクソン戦、幻のタイソン戦等、高田、あるいはUインターにとってキーポイントとなった事件についてきっちりと描かれており、鈴木健氏、宮戸氏の著書を読んでいる人でも十分読み応えがある。
プロレス=格闘技だと思いこみ、ヒクソン戦に挑んだ高田が、「実は格闘技の入り口にさえ到達していなかった」と気づかされる、あの10.11東京ドーム。その後、格闘技の魅力にとりつかれ、高田道場旗揚げ、PRIDEの継続参戦、そして惨敗の数々へと至る。当時は罵声を浴びせ続けられながらもリングにあがっていたが、過去の名声をかなぐり捨て、全盛期を過ぎてからリアルファイル
...続きを読む ›
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミスター高橋の「流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである」や荒井昌一の「倒産!FMW―カリスマ・インディー・プロレスはこうして潰れた」等の本の中で「勝敗は試合の前から決められている」とプロレスについてはすでに述べられているので、今回は暴露本的なインパクトは低いと思います。この本はただの高田の伝記です。しかし、今回の本は上記の本と違い、著者がライターのため非常に読みやすい。著者の選択も高田の人間性がよくでており、プロレス関係ではなく、サッカー専門の著者に書かせたところがよかったと思います。あと、驚いことは前田日明の本名と、高田が相撲部屋にいれられたたことです。また、プロレスにおける人間関係の難しさをつくづくわからせてくれ本でもあります。
 今回の高田の本等が暴露本と言われていますが、以前 佐山聡が暴露本を出した時にはプロレス側はかなり余裕だった。それは多分、集客の面では格闘技は決してプロレスに勝てなかったからだと思います。しかし、現在 集客力において、プロレスが格闘技に負けそうになっている。そのため、プロレス側は集客力の低下を暴露本のせいにしたいのかもしれません。もっとプロレスが面白ければ、何を書かれても大丈夫なのですが、現在の足元がしっかりしていないプロレス業界では、これらの本が打撃となっているのかもしれません・・・・
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今の「高田総統」を見ると、この本を出版したのは正解だったと思わざるを得ません。
実は、高田はプロレスが大好きだからこそこの本を書かせた。
プロレスから決別したかったわけではなく、新しいプロレスを創造したかったんですね。
それがよく解りました。
高田の気持ちも知らず批判した自分を恥ずかしく思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック