中古品
¥ 499
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 はやて堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

泣き虫弱虫諸葛孔明〈第3部〉 単行本 – 2012/7

5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/7
"もう一度試してください。"
¥ 241
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

劉備は長坂坡で曹操に大敗し、辛くも逃げのびた。「赤壁の戦い」に孔明が講じた策は?酒見『三国志』の第3弾。


登録情報

  • 単行本: 459ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/07)
  • ISBN-10: 4163814809
  • ISBN-13: 978-4163814803
  • 発売日: 2012/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 14.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 392,318位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この小説は、どちらかと言うと硬い話の三国志が多い中 思いっきり笑える希少な三国志だ。 賛否が分かれるかもしれないが、作者の独特の講釈はこの作品の最大の魅力だ。しかし、この第3巻は、随分ト−ンダウンしたと思った。孔明の一番の見せ場(?)である赤壁の戦いも割りと普通で、1.2巻程のパワ−を感じられなかった。 今後の話の展開では南蛮編はいいかもしれないが、悲壮感溢れる、北伐編は大丈夫かな?と思ってしまった。

でも、まえがきはとても面白かった。某モテモテ王国のマンガを引用したり、酒見氏もあの名作「天の華地の風」を読んでいたんだ!一番ウケました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず最初に明言しておくと、オモシロいことに間違いはない。演義として語り継がれるにつれ清廉潔白あるいは完全無欠の超人として扱われるようになった劉備をはじめとする蜀軍団。本シリーズはそんな美化された虚像をあざ笑うかのように、蜀軍を陽性の賊徒や変人の集団として描いている。ヤツらはとにかく暴れて騒いで飲んで吐く。延々と飲んで吐く、その繰り返し。だが史実を丹念に拾って紡がれるストーリーには奇妙な説得力とリアリティがある。まあ、実際歴史に名を残す人間なんだから良くも悪くもまともであるわけないんだし。
ただ、前二巻に比べればこのシリーズ特有の魅力が薄れている。赤壁の戦いをメインとする本巻は陽性が薄れ、“品位のある”失笑や脱力感が足りないと思う。メインが周瑜であることも理由のひとつだろうが、この辺りから蜀軍の未来に光明が広がり、同時に影が色濃くなるとわかりきっている。三国志演義をなぞる限り、悲運や破滅への歩みが物語を徐々に覆っていくのは避けられないはずだ。そしてそれは本シリーズの素晴らしき長所と相反する――と思う。
ここからシリーズがどのように進むのか、興味深い。個人的評価としては、本作単品だけの出来なら☆4。シリーズ物の最新刊としては従来の魅力が薄れていることから☆3となる。少なくとも前二巻で魅了された身としては、参部に同程度の評点はつけられない。
※因みに過去作に
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 三国志の山場「赤壁の戦い」。しかし、酒見三国志は一味違います。
正史なら周瑜の大活躍!!空気の劉備軍。演技なら孔明の大活躍!!いいとこどりな劉備軍。酒見史なら孔明はツンデレ!!殺人鬼の集団、劉備軍。
 孔明が痴力を振り絞り、周瑜と渡り合うのですが、ここが困ったことに、周瑜の評価がかなりまっとうなのに、孔明に対してだけ感情的になってしまう。これはまるで、クレヨンシンちゃんのしんのすけとカザマくんの関係のようで、好きものには堪らない。
 しかし、孔明の活躍ばかりで、曹操陣営も、劉備陣営でさて影が薄い。張飛が大殺戮してもぱっとしないのはどうかと…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリーが三国志のヤマ場である赤壁に差し掛かったということもあって
笑うところが減っちゃったのが残念だけど、やっぱり劉備軍団のテキトーっぷり
と、呉の寄り合い所帯感がわかりやすくて良い(笑)。きっと、実際はこんな
カンジだったんだろうね、と目に浮かんでしまう(笑)。
正史や演義、詩人や映像の作品などに触れ(ツッコミ)ながら、三国志の
お約束ポイントをきちんと押さえてくれているのが嬉しい。

ただ、第四部以降がどうなるのやら。
何だかんだ言って、蜀を乗っ取って以降の劉備軍団って緩やかに衰退して
いくから、南征のくだりは例外として、笑いの要素がもっと減っちゃうかも。
三国志に笑いを求めるのは間違っているとわかっているけれど…。
酒見大先生、よろしくお願いします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fumi 投稿日 2013/6/1
Amazonで購入
プレゼント用に購入しました。気に入ってくれたみたいです。
読んで爆笑してます・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック