通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
泣いた赤おに (日本の童話名作選) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品のため多少の使用感はありますが、全体的に目立ったダメージはなく概ね状態良好です。帯は原則付属しないものとさせていただきますのでご了承ください。簡易クリーニング後、OPP袋にて包装。迅速な発送・対応をこころがけております。また、記載されてあるコンディション説明と大きく異なる商品が届いた場合はお手数おかけしますがご一報お願い申し上げます。古物商許可証 [第941190000799号/大分県公安委員会]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

泣いた赤おに (日本の童話名作選) 大型本 – 1992/12

5つ星のうち 4.9 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 211

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 泣いた赤おに (日本の童話名作選)
  • +
  • 手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)
  • +
  • ごんぎつね (日本の童話名作選)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ドコマデモ キミノ トモダチ・・・・・・。見返りを求めることなく、ただ、友の幸せを願う青おにの姿が胸をうつ、悲しくもあたたかいひろすけ童話の傑作を、つちだのぶこが絵本化! --このテキストは、ハードカバー版に関連付けられています。

出版社からのコメント

大人にこそ読んでほしい、珠玉の「ひろすけ童話」集 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 47ページ
  • 出版社: 偕成社 (1992/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4039635906
  • ISBN-13: 978-4039635907
  • 発売日: 1992/12
  • 商品パッケージの寸法: 28.5 x 24.3 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 97,434位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/8
形式: 大型本
私が「友情」という壁にぶつかり、苦しんでいたとき、この本に出会いました。外側だけの、人目には美しく見える「友情」ではなく、友情の中にある、本物の美しさ、純粋さを教えられ感動の涙を流しました。私にとって大切な大切な絵本です!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuni 投稿日 2002/5/21
形式: 大型本
自分の子供時代に一番好きだったお話がこれ。
人から愛されたい、しかし、赤鬼という姿ゆえ村人から恐れられる悲しさ。
青鬼のおかげで村人からの信用を手にするも失ったものはそれより大きいことを知り泣いた赤鬼。
あらすじを話すだけでも泣けてきます。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 絵もストーリーも素晴らしい、絵本としては最高の作品のうちの一つであると思います。絵本の中では文字が多く、読書への導入としても扱えるのではないかと。

 古来より人は鬼を多く、「悪」として描いてきました。もしくは「悪」と呼ばれるものを鬼に具現化してそう呼んでいたのかもしれません。人間の悪しき部分を象徴して描かれていたはずの鬼が、いつのまにか一人歩きをし、「悪」として存在するようになったのです。それでは鬼があまりにもかわいそうだ。外見が鬼であるだけで、決め付けることはできない。外見に捉われるなと言うけれども、一番外見を気にしているのは大人です。学歴や資本にこだわり、それを人の価値だと決め付ける人種。全員では決してありませんが、子どもの生きる世界の多くは大人がつくっているのです。

 友情を大きな軸に描かれている本書ですが、友情の下にある隠れたテーマとして描かれるのはもう一つそれではないかと私は思うのです。

 深読みのしすぎと言われればそうかもしれませんが、一度鬼を誤解した村人がいなければ青鬼はあんなことにはならなかったのです。

 人は知らずとハッピーエンドを求めているのかもしれない。ハッピーエンドでない美しさが、本書をより素晴らしい作品へと磨き上げているのだと思いました。

 本当に素晴らしい良書です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
平易な文章の絵本であっても、深い内容であれば、様々な読み方ができると思います。
私は、このお話に「自己犠牲」というものを感じました。
三島由紀夫は、男にとって最も尊いものは自己犠牲であると言ったということですが、それがどのようなものであるかが、このお話の中に垣間見れるのではないかと思います。
確かに赤鬼は泣きましたが、読んでいる私はそうではなく、果てしないすがすがしさを感じました。私には「泣ける」本ではなく、陰徳と共に強く生きる指針の本でありました。
尚、本書は原文を改変や省略することなく、全文を載せてあります。それでも、少なくとも小学校高学年以上であれば、十分に読めるのではないかと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2012/5/4
形式: 大型本
小学校1年生と3年生の子供に読み聞かせした。
私自身もとても感動し読後に子供達と「赤おにはなぜ泣いたのか」、とか「青おにはなぜ旅に出たのか」といった話で盛り上がった。

本作品は著者の原文をそのまま絵本にしているため、読み聞かせるにはややボリュームがあるが、子供向けに概略を伝えるように編集した絵本に比べて感動が深いと思う。
間違いなく名作として長く親しまれる作品である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 幸運の使者  トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/10/26
形式: 大型本
「友情」とは何か?を子供に語る前に、まず、この本を読んであげて
感想を聴く。そして、どうして思ったかを聴く。それだけで、大切な物は何か子供は自ら気付くのでは?一度読んだら、ラストシーンの余韻が
思い出すたびに蘇ります。名作中の名作。お勧めです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この絵本は浜田広介の原作をそのまま載せてるのが特徴です。
現在出版されている他の「泣いた赤おに」とはひと味もふた味も違います。
原作は短編小説ほどの長さで、ふつうの絵本とくらべると長めですが、
そのぶん物語の情景や赤おにの心の動き・悲しみがしみじみと伝わってきます。
そして、もうひとつ特徴的なのが梶山俊夫の力強く独創的な挿し絵。
物語をより趣深いものにしています。
大人になっても読み直したい、絵本の中の名作といって良いでしょう。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 幼稚園の時読み聞かせで「泣いた赤おに」を聞いて泣きました。
 自分としては、泣いた最初の本でした。

 子ども(小二・読書は苦手)に読み聞かせようと思い、この本を選びましたが、浜田広介の原文そのままなのはこの本が初めて。赤おにが「おいしいおかし」をこしらえたり、子どもと遊ぶ絵を描いて飾って村人を待っているディテールがなかなか意外な感じでした。青おにのところへたずねて行くのも長旅だったり。子どもは意外とそういうディテールがなおざりだと気にするので、きちんとしていてさすが原典というところです。
 そのかわり言葉遣いはやや難しく、ちょっとなじみのない表現もあるかもしれません。でも、わからない言葉が出てこない本ばかりでは語彙が広がらないので、せっかく読むならこの本がいいかなと思いました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す