中古品
¥2,100
& 配送料無料
無料配送: 4月25日 - 28日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ●ご覧頂きありがとうございます。帯付き。保存状態がよく目立った使用感ありません。中も書き込み、折り目のあともなくきれいな状態です。商品は郵便局より発送します。地域又は状況によって到着が遅れる場合がございます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


泡沫(みなわ)の歌 :森鷗外と星新一をつなぐひと (ホシヅル文庫 2) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/26

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,100
¥4,150 ¥1,761
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

明治3年11月29日、島根県津和野に生まれる。森鷗外の妹。明治6年上京。東京高等女学校卒業と同時に結婚。18歳のときに翻訳をはじめ、代表作に「皮一重」「浴泉記」「名誉夫人」などがある。鷗外が中心となった文芸誌「しがらみ草紙」「めさまし草」「スバル」、与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌誌「冬柏」などに参加し、小説やエッセイも書いた。研究者の夫に尽くし、二男二女の子育てにおわれつつも、生涯にわたり文学を愛し和歌を詠んだ。星新一の祖母。昭和31年1月26日永眠。

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2018/1/26)
  • 発売日 : 2018/1/26
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 199ページ
  • ISBN-10 : 4109101077
  • ISBN-13 : 978-4109101073
  • 寸法 : 11.2 x 1.7 x 17.2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入