中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◇◆書籍状態は良好です◆◇◆ 2000年3月第1刷、書籍用の厚紙封筒で丁寧な梱包を心がけております。     16/*A*07≪H2O
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

法然讃歌―生きるための念仏 (中公新書) 新書 – 2000/3

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

南無阿弥陀仏―と、一心に唱えるだけでよい。比叡の山で経典を読み抜いた法然の確信である。難行の末に悟りを求めた既成教団に背を向け、易しい念仏による往生を説いた「念仏ひじり」は、きびしい日常にあえいでいた民衆をはじめ、京の貴顕や鎌倉武士たちの信をも集めた。本書は、日本の宗教にまったく新しい次元を導入し、後世に深甚な影響を与えた法然と、彼が切り開いた日本仏教の青春時代を大胆精緻に描き上げるものである。


登録情報

  • 新書: 257ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121015266
  • ISBN-13: 978-4121015266
  • 発売日: 2000/03
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 825,808位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
親鸞について書かれたものは多い。しかしその師である法然に関する本は少ないのではないか。本書は法然の全体像を理解するのに格好のものだ。平安の世から鎌倉幕府の時代にかけて、念仏の教えがどうしてひろまったのか、そして何故弾圧されたのか。その高度に政治的な領域にまで及んで、鋭い考察がなされている。残念なことに、入門書としてみれば政治がらみの駆け引きや謀略についての論述はやや複雑すぎたきらいがある。しかしながら、法然というひとが法王、貴族といった要人と交わりながらも、決してその政治力を求めなかったこと、さらにかれの「浄土」の教えが呪術とは無縁なものであったということを知って、改めて法然という存在の大きさを思い知らされた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
想定していた分かりやすさ、おもしろさは全く期待外れです。鎌倉仏教の一番手で親鸞が仕えた人。当時の多くの人が言っていたという法然は"光"だったというお話は紀野一義さんのテープで聞いています。紀野一義著「親鸞」には比叡山との戦いのやりとりを法然、親鸞が共闘したいきさつも詳しく書かれています。わたしは曹洞宗です。念仏ということは日常しません。念仏で救われるという考えを説かれた分かりやすさを知りたかったのですが、、、
蛇足&脱線???
先ほどNHK新日本風土記 飛鳥 再放送の録画分を久しぶりにみていました。向原寺の住職=蘇我原(蘇の字は異体字になっていました)ソガハラさんが新しく発見されたという馬子の墓でご祈祷(神主さんのノリトらしく聞こえました)を上げていましたが、その最後で「なんまんだぶ、なんまんだぶ、、、」といわれていました。向原寺は大化の改新以前の蘇我氏のお寺ではないでしょうか。「なんまんだぶ、なんまんだぶ、、、」には違和感はあります。宗派転向したのでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック