中古品
¥ 75
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◎中古本としては並程度の状態で、汚れや傷みのダメージが少量ある本です。本文への書き込みやライン引きはございません。帯、はがきは付属しておりません。◎アルコールクリーニング後、日本郵便のゆうメール(追跡不可、発送日時の指定不可、サイズの大きい物は直接受け渡し、日曜・祝日の配達無し)で発送致します。複数の商品を同梱する場合は予告無しに発送方法を変更させていただくことがございます。予めご了承くださいませ。◎商品に不備がございました時は、メールに画像添付と不備内容を記載の上ご連絡くださいますようお願い申し上げます。◎なお、住所不備などにより弊社に返品されました商品は、メールにてご連絡の後1週間保管させていただきます。ご連絡をいただけない場合、商品キャンセルとして代金を返金させていただきますが、配送料はご返金致しかねますのでご注意くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

法然行伝 (ちくま文庫) 文庫 – 2011/2/8

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 75

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

時代小説の古典『大菩薩峠』。著者・中里介山はこの作品を大衆小説ではなく「大乗小説」であると呼んだように、仏教思想にその立脚点を置く作品であった。介山がキリスト教、社会主義を経てたどり着いた仏教、とりわけ法然の浄土仏教が安心の場所となった。介山が最も魅かれた法然の生涯を、誕生、幼時、修行、入信、立宗・布教、迫害、死およびその後の法脈までたどった評伝。法然と熊谷直実の交流を描いた名作『黒谷夜話』を併録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中里/介山
1885‐1944。東京府下西多摩村(現、羽村市)生まれ。15歳で上京、電話局交換手・小学校教員を経て木下尚江らの社会主義運動に加わる。明治37年(1904)都新聞社に入り、同39年に処女作『氷の花』を発表、続いて『浄瑠璃坂の仇討』他を都新聞に連載し文名をあげた。大正2年(1913)29歳で『大菩薩峠』連載を開始。都新聞連載中絶後は、毎日新聞、国民新聞、読売新聞などに昭和16年(1941)まで書き継がれ、この間29年に及ぶがついに未完に終わった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 346ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480428046
  • ISBN-13: 978-4480428042
  • 発売日: 2011/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 437,242位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mustache 投稿日 2011/4/7
形式: 文庫
『大菩薩峠』を当然の様に読み切れなかったのでこちらに挑戦。
「法然行伝」は結構に原作に忠実そうな内容で、
きちんとした法然の戦歴の数々が年代順に並んでいて、
そうだろうなあ、というもので、うん。
あとの、「黒谷夜話」の方が面白かった。
でもやっぱり介山は、ストーリーがどうのこうのというよりも、
この雑多な感じがいい。
また、物語をまとめてしまわないで、登場人物を勝手にしておいて
いそいで辻褄をあわせるところがなんともあじわい深い。
これを読むと介山が、『大菩薩峠』を端からまとめる気なんてチャンチャラなかったの
だというのがよくわかる。傑作長編マンガとそのあたりはよく似ている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suzukahirose 投稿日 2015/4/1
形式: 文庫 Amazonで購入
主人が甥から勧められ中里介山の「法然行伝」を送っていただきました。大好きな本ですので楽しく読んでいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック