¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキー... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー (底力シリーズ 9) 単行本(ソフトカバー) – 2017/8/1

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/8/1
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 3,195

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー (底力シリーズ 9)
  • +
  • 関係詞の底力―英語を使いこなすためのマストアイテム (「底力」シリーズ 3))
  • +
  • 句動詞の底力―「空間発想」でわかる広がる英語の世界 (「底力」シリーズ5)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

次のカッコ内に入るのはcanでしょうか? couldでしょうか?

1. It ( can / could ) snow late this evening.
「今晩遅く雪が降るかもしれない)」
2. It ( can / could ) snow even in a desert.
「砂漠でも雪が降るかもしれない」

自信をもって答えられなかったあなた!
そんなあなたは「法助動詞の底力」が十分についていません。
canやwillに代表される法助動詞の正しい使い方が身につけば、
ネイティヴスピーカーが話す英語の微妙なニュアンスがわかり、
自分の気持を相手に正しく伝えることができるようになります。

本書は英語(特に現代アメリカ英語)の助動詞の中で、いちばんよく使われる5つについて、その使い方を詳説したものです。

「can と could」「may と might」「should と shall」「will と would」「must と have to と have got to」を取り上げています。
各章末には理解度を測る「章末のまとめ 確認問題」を用意しました。
「あなたが実際に英語でしゃべるときに役立つ」というコンセプトのもと、つくられています。
(「法助動詞」という名称については「出版社からのコメント」をご覧ください)

出版社からのコメント

「法助動詞」という名称について(「法」とは何か?)

助動詞」(modals / modal auxiliary verbs)ということばは一度も聞いたことがない、という読者の皆さんも多くいらっしゃると思います。
法助動詞は、私たちに馴染みのある(ふつうの)助動詞とは何が違うのでしょうか?

beやhaveやdoには本動詞、つまり「存在する、持っている、行う」という意味の本来の動詞としての用法がありますが、それとは別に、助動詞としての用法もあります。
beは例えば進行形や受け身を作る部品になり、haveは完了形を作る部品になり、do / does / didは否定文や疑問文を作るときの部品になったりしますね。
その用法のbe, have, doは中学でも「助動詞」だと教わったと思います。
法助動詞は、助動詞全体からこれらbe, have, doを除外したものの集合で、それらの助動詞は「可能性や意思や必要性など」の「話者のさまざまな気持ちや態度を表す」のです。
「さまざまな気持ちや態度」とは言っても、たいていの場合、客観的状況に対して話し手が心に抱いている「推量・願望・予測」など、「話し手の主観的判断」を表すと言えます。
ですから、法助動詞の「法」は、憲法とか刑法とか、あるいは道路交通法の法とはまるで関係ありません。
仮定法(subjunctive mood)とか直説法とか命令法とかいう場合の「法」と同じです
この場合の「法」も「方法」のことではありません。
法助動詞も仮定法も「法」はmoodとかmodalityの訳語です。
moodでおわかりのように、法助動詞の「法」は、大ざっぱには「気持ち・気分・感覚」といった意味です
日本で「法助動詞」ということばが定着していない理由は、単に「助動詞」と言えばたいていの場合、法助動詞を指しているので、わざわざ「法」を付けて長くして言う必要性を感じないということだと思います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 214ページ
  • 出版社: プレイス (2017/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490373840X
  • ISBN-13: 978-4903738406
  • 発売日: 2017/8/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2018年12月5日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月20日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りNo1レビュアーベスト100レビュアー
2019年2月16日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年2月5日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告