Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 950

¥ 238の割引 (20%)

ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高山知朗]の治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ (幻冬舎単行本)
Kindle App Ad

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ (幻冬舎単行本) Kindle版

5つ星のうち 5.0 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 950
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188 ¥ 747

商品の説明

内容紹介

40歳、脳腫瘍。42歳、白血病。5年生存率10%――
徹底的に調べつくして2度のがんを生き延びた、IT社長のすごい方法

30歳でIT企業を興して経営者となった著者は、猛烈に働いていた40歳の時に脳腫瘍、さらに42歳の時に白血病と、2回の異なるがんを経験した。5年生存率はそれぞれ25%と40%、かけ合わせると10%だった。
「幼い娘が成人するまでは絶対に死にたくない」、その一心で少しでも治療成績のよい病院を探し、辞書を引きつつ海外の論文を読み、医師ととことん話し合った。そうして心から納得して選んだ手術、放射線治療、抗がん剤治療の西洋医学のみで寛解し、45歳の今日まで生き延びている。
本書では著者が2度の闘病経験から学んだ、病を生き抜くヒントを丁寧に解説してゆく。地元の病院にすべきか、東京の病院にすべきか? 民間療法を試してみるべきか? がん患者にはなんと声をかけたらよい? など、病に立ち向かい、克服するための賢い患者の知恵が満載。

「患者さんが医療チームの一員となった試金石の記録。高山さんの“生き抜こうとする力”には、医師としてそして“同僚”として脱帽です」(東京女子医科大学先端工学外科/脳神経外科 村垣善浩教授)

「自分の病とその治療方針を徹底的に調べ上げ、納得して治癒を勝ちとる。見事です」(虎の門病院血液内科 谷口修一部長)

〈内容より〉
○選ぶべきは命の長さか、QOLか
○病院選びは患者数の多さが参考になる
○早期発見は必ずしも重要ではない
○名医に診てもらうのに「コネ」は必要ない!
○主治医に「心付け」は渡すべきか?
○手術の方針を決めるときに大切な4つのこと
○抗がん剤治療中はがんが消えるイメージを持つ
○がん治療費の実際
○「極論」に惑わされない
○身内の余命告知に2回直面して思ったこと
○間違った思い込みががんを引き寄せた
○がんにありがとう  など

内容(「BOOK」データベースより)

40歳、脳腫瘍。42歳、白血病。5年生存率10%―徹底的に調べつくして2度のがんを生き延びた、IT社長のすごい方法。病に立ち向かい、克服するための賢い患者の知恵。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1866 KB
  • 紙の本の長さ: 147 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/9/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01KJTF64G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 27,116位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
従来のがん闘病に関する本の多くは、闘病体験記です。
そこには個人の物語はありますが、じゃあ、実際に自分ががんになったらいかに生き延びればいいのか?
という問いには充分答えてくれません。

それに答えるのが本書です。5年生存率10%を生き延びた著者ならではのノウハウにあふれています。
病院選びから、治療方針の選択の仕方、医師や看護師とのコミュニケーションの取り方等々、
多くの疑問を解決してくれる実用書です。

そして、実用書でありながら、物語性も高く読み応えがあります。
読後に知恵と勇気を授けてくれる本です。おすすめです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても読みやすく、あっという間に読んでしまいました。病院選びや治療法など、実体験から書かれた一つ一つの情報がとてもためになります。癌闘病中の方やそのご家族はもちろんのこと、すべての方にぜひ読んでいただきたい本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
強く信念を持ってガンと付き合う真摯な著者の人柄にふれることのできる本です。がん闘病記の中には叙情的な内容で共感を呼ぶ本が多い中で,医科学的な見識も踏まえて,読む人に新しい見識を与えてくれます。新しいジャンルを切り開いくださっていると思います。多くの闘病者を勇気付けるだけでなく,何気ない日常を送る私たちにも幸福とは何か,今向かっていることのゴールは何なのかを再考察させられる一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 west トップ50レビュアー 投稿日 2016/9/14
形式: 単行本
高山さんは、主体的にがんと向き合いその治療に関しても医者に負けないくらいの知識を吸収して最適な治療法を模索しております。
病院選びに関してもギリギリまで腫瘍を取り除いてくれる病院を選択して少しでも予後の良い手術を求めておられました。
脳腫瘍の手術において五年生存率が最も高いのはどの病院かと言う視点で徹底的に調べ上げた生への執着心は、自らの会社をここまで大きなものにされた会社への思いに相通ずるものがあると思いました。
二十歳になったお子様と祝杯を上げられる日を心待ちにしております。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まさに今、寛解を目指して治療を受けています。

自分が発病してから考えてきたことと重なる部分が多く、読みながら何度も何度もうなずきました。特に5年生存率について、「自分にとって0か100」という表現は自分も日記やブログに書いていたので驚きました。そのほか、今後に治療を受けるに当たって参考になることが多々書かれていたので、今後も繰り返し読むことになると思います。今朝セール情報を知ることができて本当に良かった!

闘病生活には前向きな姿勢が何より大事なのだと思います。私も家族・周囲の方々に支えられながら頑張っていきます。

高山さん、素晴らしい作品を書いてくださりありがとうございました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分がガンになったらどうするか。親がガンになったらどうするか。
漠然とガンに対する不安はもっているけど、具体的に何をすべきなのかはよくわかっていない。
この本はガンとの戦いを生き抜いた感動秘話としても読めるのだけど、それだけではもったいない。もし、自分や近しい人がガンなどの重篤な病気にかかった場合に、どのように行動すればよいのかを考えるきっかけになります。たぶん実際に事が起こる前に、漠然と全体像を把握しておいたほうがよいのではないかと思う41歳の今日のこの頃です。
著者の高山さんは、代替医療、民間医療、食事療法には頼らず、ガンの三大療法(手術、化学療法、放射線療法)で克服されています。しかも医療費安い!保険を考え直すきっかけにもなるかもしれません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
40歳までIT企業の創業者としてバリバリ働いていたが、海外出張中に倒れ、脳腫瘍が判明した筆者。がんになりやすい家系で早くして亡くなった家族もおり、「娘が二十歳になったときに一緒に美味しいお酒を飲む」事を人生の目標としてがん治療に戦略的に取り組みます。

その後、悪性リンパ腫も発病し心が折れそうになるがひるまず前向きに戦う。ただの闘病記ではなく、一歩引いて客観的に自分を見つめ自分の体験を記録しています。 

他の方のレビューにある通り、「看護師さんの名前を覚えたほうが良い」など闘病について前向きになれる知恵や情報が詰まっており、がんだけでなくほかの病気に立ち向かう方々に本当にお勧めしたい一冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover