通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり。中古品のわりに比較的使用感の少ないキレイな状態です。(あくまで中古品としてのコンディション評価であり、ほぼ新品ともコンディションは異なりますのでご注意ください。)◆注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170522
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

治さなくてよい認知症 単行本 – 2014/4/28

5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 治さなくてよい認知症
  • +
  • 不幸な認知症 幸せな認知症
  • +
  • 認知症になった私が伝えたいこと
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 76pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

認知症は治らない。けれど、医療者・家族ら介護者にはできることがある。それを曖昧にする認知症治療の問題点に鋭く切り込む!

出版社からのコメント

「薬」より「生活の張り合い」を!  

認知症は治らない。でも、私たちにできることがある―― 
認知症専門医・援助職、介護者、家族・本人、認知症にかかわるすべての人へ。診療現場からの渾身のメッセージ。 

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 188ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2014/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4535984077
  • ISBN-13: 978-4535984073
  • 発売日: 2014/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,672位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「認知症の本には必ず、認知症の症状が出たら早めに専門家に相談するよう書いてある。でも、本当にそれが正しいのですか。私が連れて行った病院の医師は、ろくに話も聞かないで日付や記憶の質問と画像の検査をして、アルツハイマーだから薬を出しましょうと言った。そばでショックを受けている本人には話も説明もしない。ショックを受けていることにも気づいていない。こんな医者に大事な人を託せますか。認知症の人だってプライドがあるし、自分がどう思われているかについては普通の人以上に敏感です。そんなことも知らないで、薬だけ出して専門家ですか。早く相談したら幸せになれるのでしょうか」

あとがきで、上田諭が介護専門職の方から言われた言葉である。

本書は、その質問に対する回答と言える。

私も認知症の母の介護をしている。沢山の本も読んだ。

思うのは、介護している方は、パーソン・センタード・ケアやユマニチュードなどと言わなくても最終的に、皆同じような考えに到達すると思うのだ。
私が読んだものでは、本書が最も、それをよく表現している。

別の世界の人に寄り添うのは難しい。今は、毎日、母と一緒にどれだけ笑って過ごせるか、そこに重きを置いている。その瞬間が、私の介護に対するご褒美である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現代の医療では認知症(本書では主にアルツハイマー型認知症)を治すことはできない。
そうした状況を患者も家族も医療者も受け入れたうえで、日々の生活をよりよいものにするために
何ができるかを考えるべきではないか、という著者の主張は非常に真っ当だと思う。

実際に患者の対応に苦慮している家族からするとやや理想論的なところがあるかもしれないが、
これだけ高齢化が進む日本において、認知症に対するとらえ方を変えていこうと声をあげた
著者の姿勢に敬意を表したい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まだ71歳で認知症と診断された妻を抱えて途方に暮れていました。
朝日新聞の紹介で早速購入して、救われました。
「指摘しない、議論しない、叱らない」本当にそうです、自尊心の傷付いた女房を私は更に追い詰めていたとわかりました。
これからは寄り添い、共に生きられるまで余生を過ごそうと思っています。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本の内容は「綺麗事」「理想論」で埋め尽くされています。現実に存在する「介護者の苦しみ」に寄り添っていません。
どうしてもこの本を読みたい場合、余裕のある時に読むことをお勧めします。介護に行き詰まっている時に読むと、絶望を与えられます。
本来、認知症診療に携わる医師は、患者さんと介護者双方を診て、医療・介護の両面から解決策を探します。
ところがこの本の著者は、介護者へ一方的に負担を押し付けています。
残念な内容です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書で筆者は「大部分の認知症は治らない・予防できない病気である」「治さなくてよいと認めた上で、認知症の人が生活に張り合いをもてるような工夫をしよう」という、まっとうな主張をしており共感できます(人によっては「身も蓋もない言い方」と受け取られるだろうことも予想されますが)。

本書のタイトルに疑問・違和感を感じる人(特に医療関係者)にこそ一読をお勧めします。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
読み放題で斜め読みしました。
これを書いた方は実際に介護した事があるのでしょうか?
軽度の認知症であれば、この方が言っている事は当てはまると思います。
が、重度になると、こんな事言ってられないですよ?
暴言暴力は、確かに接し方により、少しは改善します。
ですが、それをずっと続ける事は相当なストレスを感じます。
理解力がないからだ!と考えられるかも知れませんが、現実はそんな綺麗事ばかりじゃないです。
それととても不愉快だったのが、
「癌になれば根治や延命の為に抗がん剤を使う必要がある」
と書かれた一文。
使う必要があるかどうかは、個人が決める事です。
この一文だけで、ああこの人は自分の考えが正しいと思い込んでいるのだな、と思いました。
長生きすれば認知症になって当たり前だとは思います。
それは受け止めています。
でも受け止められる認知の仕方と、
言葉は悪いですが獣以下になった認知は違うと思います。
大変な介護を経験してから、執筆していただきたいです。
もっと社会勉強してこい!
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー