通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
沸騰! 図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

沸騰! 図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ (ワンテーマ21) 新書 – 2014/5/8

5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 沸騰! 図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ (ワンテーマ21)
  • +
  • DVD付 反省しない。 (経営)
  • +
  • 首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人口5万人の九州の小さな町に、全国から100万人が訪れるすごい図書館がある。市民も観光客も満足するさまざまなアイデアの数々と、建設を実現するまでの奮闘を仕掛け人自らが解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

これからの本との出会いのカタチ。人口5万人の町に日本中から客が訪れる武雄市“TSUTAYA”図書館の挑戦。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041018161
  • ISBN-13: 978-4041018163
  • 発売日: 2014/5/8
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 317,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 BW 投稿日 2014/12/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
何かと話題になったツタヤ図書館の自画自賛本。樋渡市長に振り回される武雄市民が可哀想。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
樋渡市長が政治的な目的で図書館施策をPRした本です。内容はいっぽ的で客観性が無く、反対する考えに対して「いちゃもんをつけている」と言うだけで、きちんと反論できないのでは、しっかりとした根拠がないのだと思います。反対している武雄市民と対話をして施策をすすめることを期待しています。図書館ではCCCという特定民間会社に丸投げでした。最近教育の改革に取り組み始めましたが、こちらは「はなまる学習会」に丸投げです。今度は「沸騰!小中学校」を出すのでしょうか?
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
武雄市図書館・歴史資料館のリニューアルを著者の立ち位置からあたかも臨場感があるように書かれた1冊。著者のブログ「武雄市長物語」の文体が1冊に渡り延々と続くので読まれる方は心の準備が必要です。
ノンフィクションとしては著者自身が本題の中心にいるため客観性に欠け、小説としては読ませるストーリーがなく、単に著者のプロパガンダ書との感想を持ちました。
本書のなかで不思議なことは、武雄市図書館・歴史資料館が2013年度「グッドデザイン金賞」を受賞しているにも関わらず一切触れられていない点でしょう。金賞に選出される前に「グッドデザイン・ベスト100 デザイナーズ・プレゼンテーション」に炎上上等の目立つことが最優先の著者自身が登壇しプレゼンを行っているのも関わらずです。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 ひたわし市長の行動力は評価するが、本の商品力は最低である。
本書レビューが星5つ絶賛ごますりレビューと、星1つ真実レビューが混在する理由が、ここにある。

 星5つの絶賛ごますりレビューを書いている者は、市長と利害関係のある者が実名で、何か
見返りを期待して、ひたわし市長の行動力だけを絶賛しているのは、行動力しか褒める点がない証である。

 星1つ真実レビューを書いている者は「本の商品力が最低」という事実を指摘している。 私は
「自慢話ばかりで読者が知りたい事を書いてない&文章が下手すぎ」だから、本の商品力は最低と指摘したい。

 例えば、敵対勢力を無能と言わんばかりに罵倒した後、著者は「うーん」と何度も唸るだけで、
言葉にする努力&説明する努力を怠っている。 これでは著者の方が「無能」と感じられる。 

 てか、こんな小学生レベルの「ボキャ貧」な文章で、お金を取る悪質な行為、初めて見た!
以下、その一部である。

25頁: 敵対勢力の無能さを指摘(改行)、 うーん。
26頁: 敵対勢力の無能さを指摘(改行)、 うーん、うーん。
31頁: 敵対勢力の無能さを指摘(改行)、 うーん、うーん、うーん。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tee_woody 投稿日 2014/8/12
形式: 新書
品のない文章、公共図書館についての見識もない文章、もりもりと盛った自らの手柄話ばっかしの自己陶酔型の文章。CCCの手先とは、こういう人だと良く分かる文章。本屋さんで、2~3分間立ち読みして、吐き気が出ましたので、元のところに置きました。感動する人の感性が、さっぱりわかりません。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
公共の場所で私服を肥やしたい地方の首長 議員様 必携の著書です。

武雄市ツタバ図書館風書店 以前の図書館閲覧席後付近に 平積み 陳列中です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
樋渡市政とその主張を読み解く上で参考になる一冊だと思います。

「反対意見を歪めて説明し、取るに足らない主張に見せかける」
「反対派にレッテル貼りをして貶める」
「反対意見を言った人物を特定して糾弾する」
「賛成ストーリーをでっち上げる」
といった手法が本書では惜しげなく紹介されており、確認された事実と比較していくことによって、樋渡市政を読み解く重要な資料となることは間違いありません。
こういった描写は既刊の、【「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱い」戦略論】にはあまり見られなかったものですが、【首長パンチ】を経て、さらにパワーアップしており、何が筆者をこうさせたのかを考えながら読むのも良いと思います。

また、第4章では、市民アンケートの個人名が記載された自由記述欄を公開した事件に触れ、「当初、自由記述欄のさらけ出しについて市職員は(略)全員が反対」したにも関わらず、「それを『僕が責任を取るから全部公表しよう』と押し切った」件について、批判的な回答に「樋渡、死ね」レベルの幼稚なくだらない記述があり「吐き気がした」とし、「誹謗中傷がどんなものか、市民にも見てもらった方がいい。」として公開したことを明らかにしています。
私は、このアンケートを目にしていますし、「武雄市 市民アンケ
...続きを読む ›
コメント 173人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー