通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
河鍋暁斎―奇想の天才絵師 (別冊太陽) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 裏表紙に少しひっかき傷、ページ端に経年による変色があります。●記載のない限り帯・特典・チラシなどは原則付属致しません。●チェックはしておりますが、見落とし等数ページに書き込み・マーカーによるライン引きがある場合がございます。●中古品のため多少の使用感、折れ、紙焼け、シミ、匂いなどがある場合がございます。併せて予めご了承くださいませ。●万が一品切れの場合はお客様にその旨をご連絡させて頂きましてこちらでキャンセル手続きをさせて頂きます。●主にゆうメールによるポスト投函となりますので、日祝の配送は不可、配送日および時間指定の配達はご利用いただけません。●通常2営業日以内の発送となります。到着は発送日より2日から4日程度となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

河鍋暁斎―奇想の天才絵師 (別冊太陽) ムック – 2008/4

5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,054

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 河鍋暁斎―奇想の天才絵師 (別冊太陽)
  • +
  • 月岡芳年 幕末・明治を生きた奇才浮世絵師 (別冊太陽)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

幕末と明治 そして浮世絵と狩野派 2つの狭間に生きた奇想の天才絵師・河鍋暁斎を 171頁・1冊丸ごと使って 余すところなく紹介


登録情報

  • ムック: 171ページ
  • 出版社: 平凡社 (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582945147
  • ISBN-13: 978-4582945140
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 29 x 22 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 259,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
12
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(12)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 echo VINE メンバー 投稿日 2008/4/17
形式: ムック
幕末と明治 そして浮世絵と狩野派
2つの狭間に生きた奇想の天才絵師・河鍋暁斎を
171頁・1冊丸ごと使って 余すところなく紹介
勿論 年譜や作品解説も確かなもの

美術館・博物館26施設の所蔵品を中心に
本画 錦絵 版画 下絵 絵日記 意匠など
ここに収録された作品の総数は130点以上

暁斎が暮らした時代の一瞬一瞬を
そのまま 絵に封じ込めた様な
人物の表情や姿態 風や波の揺らぎ
目を見張る美人 醜悪な老婆
道化た生き物や恐ろしげな妖物たちが
驚くほど緻密に描かれ またある時には簡略化され
一枚の紙の上に その命を残している

暁斎の絵の魅力は 桁外れの画筆力と
それに裏打ちされた奇想天外なユーモアの表現!
感嘆したりニヤニヤしたりして楽しんでいる

ちなみに「別冊太陽」のサイズは220×286mm
約150頁に渡るフルカラー印刷で
定価2520円は 決して高くはないと思う
画集購入を考えている方には この1冊をお勧めしたい
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
幕末〜明治の絵師、河鍋暁斎の画集です。

大型のムック本、フルカラーでこの値段は間違いなくお買い得。
しかも収録作品数の多いこと多いこと。

幼稚な表現になりますが、きれいな絵・こわい絵・おもしろい絵、この全てが河鍋暁斎の絵にはあります。
読んでてほっんとうに楽しいです!
とても明治とかの時代に書いたものとは思えない楽しさ。センス有り過ぎ(笑)

絵そのもの以外でも、解説がわかりやすかったり、コラムが面白かったり、大好きな作家北森鴻のエッセイが載っていたりと、大満足の一冊でした。

暁斎が好きな人はもちろん、前知識を持っていない人でも絶対に楽しめます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
海外に流出したものや個人蔵の作品や奉納済みの絵馬に至るまで、よくも集めたりといった収録作品数。特に、暁斎の名を軽くした側面もある妖怪画や戯画以外に、正統派の本画を多数収める(全頁の半分以上)。物語絵、風俗画、宗教画、美人絵から動物まで、画面から溢れる力が只事でない。直系のご家族の設立による暁斎記念美術館から作品・資料の協力を受けており現在流通している暁斎の作品集としては求めやすい価格も含め一番でしょう。圧倒的な技術とパワーはぜひこういった大きいサイズの図版で見ていただきたい。後半は印刷物作品(錦絵・挿絵)、スケッチ、日記などの小品だがこちらも半端でない。戦後きちんとした研究をされていなかった画家だが最近若冲・蕭白あたりの奇想系ブーム(?)とあわせてようやく正当な評価を受けるようになったのが喜ばしい。近いところで芳年や、似たノリの北斎や国芳の復権も期待したい。
蛇足ですが個人的にキャラクターもの?として蛙・象・猫、あと小鬼あたりが特にいい味。もしお求めの際は図版を探してみてください。あと絵日記が最高(笑)。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 有閑子 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/29
形式: ムック
幕末から明治にかけて活躍した絵師、河鍋暁斎の画集です。暁斎は江戸浮世絵と日本近代絵画の狭間にあって、その評価というか認知度がいまひとつなところがあり、なかなかまとまった画集もあまり出ていませんでした。本書は美人画から、風俗・故事、仏画、戯画、春画にいたるまでさまざまなジャンルの作品を多数とり上げており、暁斎の仕事の幅広さを実感できます。

またその作品は構図は大胆しかし細部にいたるまで手抜きなく細心に仕上げられており、ひと工夫もふた工夫もある暁斎の画力に圧倒されるばかりです。作品のみならず下絵なども多数収録されており、暁斎の緻密な仕事ぶりがよくうかがえます。

収録作品はふんだん、解説も丁寧です。十分に暁斎を堪能できます。これだけ充実した内容なら、これはもう「買い」ですね。値段だけの価値は十分にあります。おすすめです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
 幕末から明治の動乱期にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべ きょうさい 1831-1889)。北森鴻のミステリ『狂乱廿四孝』で知った絵師ですが、本書を見るまでは、正直、これほど凄い絵師だとは思っていませんでした。

◎蛙たちが興じる様、相撲をとる様子を眺める女。その裾(すそ)から覗く白い脚と赤い下着・・・・・・【美人観蛙戯図(びじんかんあぎず)】
◎鯉に乗る魚籃(ぎょらん)観音、赤い衣を着た天女、飛脚のような鬼を描いて、絵の中を左から右に駆け抜けていく風を感じる・・・・・・【波乗り観音図屏風】
◎いつもはやられっぱなしの蛇を枝に縛りつけ、自由を効かなくした上で、歌えや踊れのお祭り騒ぎに興じる蛙たちの様子が愉快な・・・・・・【カエルのヘビ退治】
◎今しも掛け軸からすーっと抜け出ようとしている、うつむいてギョロリとした目の幽霊・・・・・・【幽霊図】(1883年作品)

 などなど、何かしら一工夫してみせようとする暁斎の心意気、権力に抗する反骨の精神、人の意表を衝く奔放な奇想が、縦横無尽に躍っている。生き生きと、ダイナミックに展開されている。縦290mm、横220mm の大判のムック本の頁をめくっていきながら、「見事だなあ」「面白いなあ」の声を連発、歓声をあげていましたね。
 好きなミステリ作家、北森鴻の
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック