日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

河童のクゥと夏休み

 (246)2時間18分2007すべて
家族の絆、友情、自然…“いま大切なこと”を情感豊かに描き出す、感動の“泣ける大人アニメ”!!---夏休み前のある日、小学生の上原康一は帰り道で大きな石を拾う。持ち帰って水で洗うと、中から河童の子供が現れた。康一はこの子に「クゥ」と名づけ、共に暮らすことに。一緒にお風呂に入り、食卓を囲み、同じベッドで眠る二人。最初は驚いた上原家の面々も、クゥを受け入れてゆく。そんなある日、クゥが仲間のところに帰ると言い出した。康一は河童伝説の残る、豊かな自然に囲まれた遠野へクゥを連れて初めてのひとり旅をすることに……。 ©2007 木暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会 [SF/ファンタジー][ドラマ/青春]
監督
原恵一
出演
田中直樹西田尚美なぎら健壱
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ゴリ(ガレッジセール)冨澤風斗
提供
松竹株式会社
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

246件のグローバルレーティング

  1. 62%のレビュー結果:星5つ
  2. 21%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

アマゾン六郎2020/03/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
残酷で優しい物語
確認済みの購入
「オトナ帝国の逆襲」で有名な原恵一監督の長編アニメです。他のレビュワーも言及されていますが子供向けの内容ではありません。河童のクゥと少年を含む人との出会い、交流、別れの過程が、オブラートに包むことなく結構容赦ない描写で描かれています。
本作に対して残酷や気持ち悪い、怖いといった意見も見受けられますが、そういった意見を抱く気持ちもよく分かります。この物語がファンシーでもロマンチックでもなく、極めて現実的でリアル志向な証拠だと思います。
作中で登場する宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が本作のテーマを言及しています。すなわち、「他者を本気で救うには自分の全てを失うほどの覚悟が必要」一言でいえば、「自己犠牲」ということになるでしょうか。
本作ではクゥがカメラの前から逃亡したことをきっかけに家族の飼い犬であったおっさんが命を落としてしまいます。また主人公の少年は友達を全て失い、唯一心が通じ合った少女は転校してしまいます。主人公の家族はメディアに注目され世間からは白い目で見られ...。物語に唯一差す光はそれを代償にして河童のクゥが最終的に救われることです。しかし少年を含む家族には救いが訪れないあるいは描かれることなく物語が幕を閉じます。とても残酷で過酷ですが優しい物語です。観る人が観るとかなり心の支えになると思います。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2016/07/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
油断していた
確認済みの購入
特に原作があるわけでもないキャラクターと、それほど騒がれた記憶もないアニメ。(児童文学としては原作があるみたい)ヒマ潰しとして軽い気持ちでみたら、そりゃもう ビックリするくらい良い映画でした。3回くらいはホロッときたかなぁ。作品のメッセージは確かに強烈なものは無いかもしれない。だが、それでいいと思う。自然を大事にしようとか、神とか妖怪を敬おうとか、そんなのものあるけど一番は相手を尊重しよう。じゃなきゃしょうがないじゃない。みたいに感じたな。個人的には。色々トラブルは起きるけど、出てくる登場人物にみな悪気がないもの。ただボンクラなやつが多いだけ。世の中ってそんなもんだよね。 それよりも人物の心情の描き方に何一つ矛盾が無くて驚いた。すごい。コウイチや妹の心情の変化や、同級生の女の子やイジメっ子たちのの行動、なんなら動作の一つ一つが「いまコイツはこう思ってる」ってのが良く分かって非常に丁寧だった。クゥとの別れで大泣きしたあと、すぐに泣き止んだコウイチの強い目。同級生の女の子が去っていく時、うつむかず顔を上げて歩いて行く姿・・・キャラが立っているとかでなく「生きている一人の人間」として見れた。これぞ、3DCGにも負けない世界に誇る日本のアニメ!良作です!
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
キッド2020/05/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
多少他の方のレビュー見ました
確認済みの購入
10年ぐらい前に視聴してから
プライムビデオで配信されていたので
懐かしくなり再視聴
確かに冒頭から血が流れたり
家族の絆というか、そういうものがなく
マスコミもそうですが
登場人物で自己中みたいな人が
ほとんどで
いじめの問題も分かります
ですが、人間の愚かさや痛ましさ
まして子どもたちに綺麗なお話ばかりを
見せていては大人になってから
社会に出て絶対に挫けます
私の親世代のアニメですが
カムイ外伝や巨人の星など
辛いことから目を背けないで
生きていく強さを教えていかないと
これから駄目だと思いますよ
大切なお子さんだからこそ
守りたくなるのも分かりますが
あとは子どもたち自らが
視聴してその後で感じとって
考えていくことです。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
カニージャ2020/10/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
普通に見て良かったですよ。
確認済みの購入
アマゾンプライムビデオで無料だったので10年ぶりくらいに見直しました。

自分は見終わって、この作品を見れて良かったと思いました。

他の人がどんな感想なのか気になってアマゾンレビューを見にきましたが、否定的な方もいたので、自分もレビューを書きたくなりました。

以下、ネタバレ含みます。

まず、河童の父親が刀で切られますがこのくらいの描写は別に良いのでは? 首がふっとんだり、刀で切られるアニメは他にもあるし、小学生であれば視聴は大丈夫かと思いますよ。

父親を切った侍の祖先がミイラとして切った腕を保管していたのも伏線として綺麗に繋がります。切った侍の憎たらしさと、顔がそっくりだけど、何も知らない祖先のおじさんの困惑している表情とのコントラストがなんともいえません。お宝持ってきて自慢したかっただけだもんねぇ。ミイラの腕返して欲しかっただろうねぇ笑。

子供のイジメ描写も普通に良くありそうなところが妙にリアルではある。からかう側の嫉妬心とSっ気もわかるし、友達の女の子がからかわれて、やり返しスイッチオンするのも良いよ良いよ〜 。クゥとの相撲から教わった技で投げ飛ばすのもイカす!

そうだよ、グループの一番強そうな奴を決めうちでがむしゃらに狙うのは良い作戦だ。あきらめる事なく決死の覚悟で来る奴は怖いもんだ。

小学高学年のあたりの女の子のほうが背が高くて大人っぽいのも、甘酸っぱい感じがして良い。可愛い顔ではないが可愛いらしくみえる。引越しする前に主人公に泣きじゃくるのも可愛いし、どう対応して良いのか分からずに立ち去る主人公の描写も好き。クゥを最後に挨拶させて駅まで一緒に行き別れるところもアッサリしててリアル。自分にもコレあった。この2人は手紙やりとりするんだもんな。住所知ってるんだもんな。良いな。

おっさんが轢かれて、前の飼主を思いやるところは確かに思いやりすぎかと思うが、この犬の名前がおっさんで、クゥを呼び寄せてくれるキジムナーが、自分をおっさんと呼べとクゥに言ったシーンにはカタルシスを感じた。名前(呼び名)大事。

ひとりぼっちの河童になってしまったけれど死ななくて良かったと言うクゥには勇気もらうし、人間に化けている河童がきっとどこかにいるはずだと希望を持つクゥにも期待がもてる。きっと成長した主人公家族にも会いに来るんだよ。

人間は嘘つくけど、妖怪は嘘つかないか…

自分はこの映画良かったです。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆき2020/01/16に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
こどもには見せたくない
確認済みの購入
無垢な子河童が、人間界の汚さに巻き込まれていく映画。
河童・犬の無垢さを浮き出させるために、人間をこれでもかと嫌な奴に描きます。
とても美しい映像に乗せて‥

パッケージとタイトルから、ほのぼのファミリー向けを想像してしまうのが困りどころ。
私は、小さな子には絶対見せません!!!
心が育ってから見せます。

虐げられるキャラほど愛くるしく描かれているので、動物好きほど複雑な気持ちになること間違いなし。

以下ネタバレで、私が残酷すぎない?と思った場面をいくつか書きます。
嫌な方は読まないでください。

①こどもの目の前で、親を斬り殺す(ぼやかさずにはっきりと描かれます)
②こどもが、切られた親の腕のミイラを大切に抱え、号泣する
③動物の虐待シーン。しかも、虐待された動物は、死の間際に「もっと飼い主に寄り添ってやれば良かった」と呟きます(個人の価値観ですが、被虐待のこどもには、絶対にこんな台詞言わせたくないです)

ただ、質の高いアニメであることは間違い無く‥
作品としてはいいけど、気持ちとしては好きになれない。評価に困る作品です。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
chi2020/10/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
レビューに躊躇したが観てよかった
確認済みの購入
ネタバレあります。

残酷なシーンや許せない脚本のようなレビューを読み、
ドキドキしながら視聴開始。
冒頭から、血なまぐさいシーンがあり、
クゥが時経て復活した後も、
子どもたち同士の軽いけれどリアルないじめ、
相手の都合など考えない野次馬とメディアなどにうんざり。
そしておっさんの死など...確かにしんどい部分もありましたが、
クゥとの遠野への旅、おっさんとクゥとの交流、
家族の中に溶け込むクゥ、子供たちなりのいじめの克服と精神的な成長、
(イジメている奴らに成長はないだろうけど)
もちろん、クゥとの出会いと別れの場面、
心に響く場面がたくさんありました。
自然の描写、特に水の表現が素晴らしく、
キャラデザも今どきじゃなくて良かった。
歯止めの効かない自然破壊については、
1人1人が自分勝手に生きないで、
もう少し他の人や、自然のことを考えて行動するだけで、
違うと思う。
あの川、あの池にクゥがいると思って、
大切にするようになればいいな。
観終わった時に優しい気持ちになる映画です。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
おさる2019/09/16に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
残酷なので途中で止めました。
確認済みの購入
まず、お勧めしません。とくに子供には。
前半で気分が悪くなって一旦止めて、レビューを読んだら最悪な展開がいろいろ待っていると判ったので試聴を止めました。
ラストはハッピーエンドらしいですが、犬に悲劇が起こりますので、苦手な方は多いと思います。
まず初っぱなから血なまぐさい気持ち悪い始まり方でいやな予感がしましたが、全体を通してあぁいうものを出してくる人の感覚で作られています。
そして登場人物がお父さんと犬以外みんな感じ悪い。そのお父さんには非常に悪いことが起こるようです。
とにかく家族が不愉快。
そして、小学校でのいじめ。今時はこんな感じなのでしょうか?いじめに関わっていない子どもたちも、こんな小学生時代を送っているならば本当に希望のない社会です。
さらに、報道関係者による理不尽で非情な行為。
ここらへんで私はドロップアウトしましたが、他の方のレビューを見た限り私には耐えられない出来事がまだいくつも起こるはず。
あらすじとして書いてあることは全体のほんの一部で、実は憂鬱で胸くそ悪いお話です。
少なくとも子供向けとは思えません。
観てしまった時間がもったいないというか、それ以上に気分が悪くてしばらくぐったりしそうなマイナスな作品でした。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
CT9A-MR2020/01/13に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
名作だと思います。
確認済みの購入
☆マイナス1は特典のぬいぐるみのクオリティー(笑)
もう少し似せて欲しかった。

物語については、私はとても好きです。
他のレビューにもある通り、可愛い河童のほんわか物語を期待して観ると裏切られます。

人間の陰湿さや残酷さがしっかり描かれており、描写的にも少し大人向けな印象もありますし、それが苦手な方もいる様ですね。

しかし、決して平穏平和とは言えない人間社会の中で僅かに残された自然の美しさや、そこで必死に自分の仲間を探そうとするクゥ。
様々な思惑に流されながらも、好奇の目からクゥを必死に守ろうとする人間家族の姿も見事に描かれており、ストーリーはもとより映像からも失ってはいけない大切な何かを感じ取る事が出来ると思います。

本作はメディア展開が目立った印象が無くマイナーなイメージがありますが、実は数々の賞を受賞しており、隠れた名作と言えると思います。
是非一度、最後まで観て欲しいです。

ただ、先述の通りショッキングなシーンもあるため対象年齢が問われるのかな?ってところは気になりました。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示