中古品
¥ 742
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★2009年12月20日初版。カバーに若干かすれやヨゴレ、ヨレなどの使用感が見られます。しかしページに書き込みなどはなく本全体のコンディションは良好です。★2冊同時購入で50円、3冊同時購入で100円と同時に1冊購入していただく度に50円引きいたします(セット商品は1商品とみなします)。丁寧な説明と迅速な発送を心がけています。★国内発送はゆうメールかクリックポスト、海外発送はSAL便(SALが不可能な場合は通常航空便)でのお届けになります。★ポストに入らない商品は手渡しになります。商品の保管期限にくれぐれもご注意下さい。★15/06/17
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

河合栄治郎 - 戦闘的自由主義者の真実 (中公新書) 新書 – 2009/12/18

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 738
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人格の成長を第一と考える理想主義を提唱し、昭和期の学生必読書『学生に与う』を著した思想家・河合栄治郎。彼の生涯は闘いの連続であった。中学校でのいじめにはじまり、保身に走る官僚、派閥抗争に明け暮れる大学教授、そしてファシズムに傾斜していく軍部に対し、彼は「戦闘的自由主義者」として、自らの信念を貫き通した。新発見の史料によって生涯・思想・後世への影響を詳説。いま明かされる真実の河合栄治郎とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松井/慎一郎
1967年、群馬県生まれ。90年、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業、94年、早稲田大学大学院文学研究科修士課程史学(日本史)専攻修了、2001年、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。現在、和光大学共通教養非常勤講師、早稲田大学本庄高等学校非常勤講師、桜美林大学北東アジア総合研究所客員研究員。専攻・日本近代思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 390ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2009/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121020332
  • ISBN-13: 978-4121020338
  • 発売日: 2009/12/18
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,415位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
河合先生についての本は、『学生に与う』(現代教養文庫、1997年)をよみ、‟人格の陶冶”を教育的価値観の基底に、と冠してレビューして以来ですが、その高潔な意識をもってしての一生(1891年-1944年)は53年ととても短く惜しまれるものでした。先生の理想主義・人格主義に本質的な影響を与えたのはドイツの哲学者・美学者のテオドール・リップスの『倫理学の根本問題』。1916年に訳書出版とありますので先生が25歳のころです。先生は人間についての掘り下げにとても真摯で、それを象徴する一つが「性欲」は悪か?についての「苦悩」でした。先生はこの「苦悩」においても人格主義を問う立場を体現して公に論じ、「人は性欲の価値を低めるほどに、より高き境地に自己を引き揚げるべき」(『学生に与う』)と克服論を説きました。これに関して、先生を正系として継承した木村健康(きむら・たけやす)東大名誉教授は「善は人間性を形成する諸要素の調和であって人間の欲求の如きも、その調和を形成する要素として善に至る資質を具へてゐる」(『伝記と随想』)とまとめています。その理想主義は「はじめて意識した女性」、生涯「最初の恋愛」の相手である恩師・新渡戸稲造の姪・琴子との縁談が破談し、「死ぬような思い」をともなって「人生最大の絶望」(門下の猪木正道・京大名誉教授)に陥ったのを自ら克服した体験にも裏打ちされています。しかし自己の本心に真摯...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本で興味をもって、ドイツ留学後の河合栄治郎の日記を通読しました。
日記からも大学の自治を護ろうとする河合と、日和見同僚の対立が伝わってきました。

松井さんの評伝はよく調べてあって特に難があるわけではないのですが、
少々河合贔屓にすぎるかなと思われる箇所もあるため、★4つです。

それにしてもせめて「学生に与う」だけは文庫化してほしいものです。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/16
形式: 新書
全体主義と闘った男 河合栄治郎を読んで感激したので、
kindle版がある本書も読んでみて、良かったらkindle版を買おうと思って、
図書館で借りて読みました。

このような解説本にありがちなものとして、
原著者の言葉をうまく組み合わせなおして、原著者の意図を歪曲・偏向させる、
というものがあります。
そこで、原著者の以下の本を併せて読んでみました。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
河合栄治郎を新書版で世に出されたのはヒットである。出版社や編集担当者そして著者に敬意を表したい。この昭和戦前の自由主義的知性を持った学者は、もっと世に知られてよい人である。

河合栄治郎が受けた新渡戸稲造の影響は興味深い。そして何より5.15事件や2・26事件への思いは正統的な知識人のセンスがよくわかる。天皇機関説排撃へのコメントも、あの時代への警告となっている。

著者には「枢密院と思想問題」という読み応えのある論文がある。昭和初期の枢密院における思想論議等を論じたものであるが、平沼騏一郎小論ともなっているものである。

今後、たとえば著者が平沼騏一郎らと河合栄治郎らとのコントラストを描くことがあれば読みたいと思う。昭和初期の様々な思想事件への対応を読むと、前者は帝国憲法を蹂躙した側であり、後者はそれに反論した側である。著者ならこの点から昭和初期を−昭和史の売文屋と違い−客観的に分析してくれるのではないか。
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告