通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
没イチ パートナーを亡くしてからの生き方 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 BOOK王国
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: リユースのため値札が付いているものがまれにございますが比較的状態の良いものを出品しております。帯はございません。まれにですが書き込み、ヤケ、折れ、付属品、付録がない場合はがございますが、読むには支障がないものを出品しております。6日以内に出荷作業をさせていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

没イチ パートナーを亡くしてからの生き方 単行本(ソフトカバー) – 2018/10/11

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥1,512
¥1,512 ¥898
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大380円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大380円OFFに。詳しくはこちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 没イチ パートナーを亡くしてからの生き方
  • +
  • ひとり終活: 不安が消える万全の備え (小学館新書)
  • +
  • 〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓 (岩波新書)
総額: ¥3,153
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

妻を、夫を亡くしたあなたへ――。
「逝ってしまった人の分まで人生を楽しむ」ススメとは?

夫を突然死で失った著者は、自らの境遇をバツイチならぬ「没イチ」と呼びます。
死別の喪失感は抱きつつも、せめて亡き人の分も楽しく生きようと提案します。
没イチゆえの人間関係や日常生活、さらに自身の終末期から死後まで――
知っておいて欲しい心得の数々を、
没イチ仲間の会「没イチ会」メンバーの体験談とともに一冊にしました。

一人になっても、人生は続いていく――。



第一章 目覚めたら夫が死んでいた――没イチになった私
「やっぱり私がヤッたのか?」
抜け殻の遺体に初めて涙が流れた
「あなたを無駄死にさせないからね」
慰めがプレッシャーになるとは!
死別を受け入れる過程は人それぞれ


第二章 「没イチ会」誕生!
きっかけは講義後の飲み会
見つけた居場所と仲間に助けられて
体の一部がもぎ取られたような喪失感を経て
出会いの地、そして妻が眠るタイへの思い
妻の死と両親の介護の窮地を乗り越えて
マイナスだけでなくプラスに目を向ける
「どうにかしなきゃ」という気持ちに突き動かされ


第三章 没イチを生きる知恵
夫亡き後の私の生活
「その後」の生活をどう立て直すか
配偶者の死をどう受け入れるか
配偶者亡き後、親族とはどう付き合うか――増える「死後離婚」
没イチの再婚を考える
万が一のためのリスクヘッジ


第四章 今日からでも知っておくこと・できること
夫が先か、妻が先か?
自活できるかどうかが分かれ道
やはり挨拶が基本の「き」
「遠くの親戚より近くの他人」
友達作りがヘタな日本人
自己アピール力を上げる
会話のキャッチボール、できますか?


第五章 没イチこそ終活
「自立できなくなった時」の備え――介護サービスについて
「自立できなくなった時」の備え――住み替え・施設入所
「自立できなくなった時」の備え――「もしもの時」を託す契約
「自立できなくなった時」の備え――お互いに「共助」できる環境を
家の片付け――自分の死後の始末も含めて
相続財産――「財産なんて無い」と思っていても必ず起こる相続問題
終末期から死後の希望を誰に伝えるか――必ず意思を伝えておく
終末期から死後の希望を誰に伝えるか――自治体の取り組みも
お葬式のこと――自分では取り仕切れないから
お墓について考える

内容(「BOOK」データベースより)

悲しみは癒えなくても逝ってしまった人の分まで人生を楽しむススメ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 新潮社; 四六版 (2018/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103521317
  • ISBN-13: 978-4103521310
  • 発売日: 2018/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 13 x 2.1 x 19.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,502位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2018年12月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告