この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2 単行本 – 2004/7/21

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 9,424 ¥ 55
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

妖物の跋扈し、権謀渦巻く長安で繰り広げられる大妖術合戦。超大河中国歴史伝奇絵巻。

内容(「BOOK」データベースより)

劉家の妖物が歌った詩が、李白の「清平調詞」であり、それはこの時代を遡ること約六〇年前、玄宗皇帝の前で、楊貴妃の美しさを讃えるために歌いあげられたものである―。それを空海に示唆したのは、白居易という役人であった。当時、李白はこれをきっかけに玄宗の寵遇を得たが、それを妬んだ宦官の高力士の讒言により、後に長安を追われることとなったという。それを知った空海は、楊貴妃の墓所がある、馬嵬駅に赴く。劉家と綿畑の怪は、安禄山の乱における楊貴妃の悲劇の死に端を発すると喝破した空海は、貴妃の墓を暴くことを決意する。墓の前で、空海は白居易―のちの大詩人・白楽天と初対面する。白は、詩作の悩みを、空海に打ち明けるのだった…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 478ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2004/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198618798
  • ISBN-13: 978-4198618797
  • 発売日: 2004/7/21
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 606,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2004年10月24日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年8月25日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告