この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

沈黙の戦艦 [DVD]

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

沈黙の戦艦 [DVD]
¥ 927
(10)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スティーブン・セガール
  • 監督: アンドリュー・デイビス
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2000/08/25
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HKXD
  • JAN: 4988135528230
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,549位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

核搭載のUSSミズーリ号に緊急事態発生!
凶悪なテロリスト集団の前に今、戦艦は地獄の要塞と化した!!

米海軍最大最強を誇るUSSミズーリ号が、テロリスト集団にジャックされた。彼らの目的は、ミズーリ号に搭載されている核兵器の奪取。全面的な核戦争にもなりかねないこの危機に、ひとりの男が立ち上がった。元SEALの秘密戦闘員として名を馳せたライバックだ。世界中が注目する中、今、戦艦は凄絶な地獄の戦場と化した!
監督アンドリュー・デイビス、共演トミー・リー・ジョーンズ!あの「逃亡者」の最強コンビとセガールが組んで放つ全米NO.1ヒット作!撃墜される戦闘機!爆発するヘリ!轟沈する潜水艦!その硝煙弾雨の中を艦内から甲板、そして海中へと炸裂するセガールの不死身の肉弾アクション!湾岸戦争での戦艦アラバマ号を使って撮影された、超エンターティメント大作。
映像特典…オリジナル劇場予告編

Amazonレビュー

   アクションスターの代名詞ともなっているスティーヴン・セガール。今回、彼が扮する役柄は戦艦のコック。その姿がなんともキュートだが、彼がただのコックで終わらないのは周知のとおり。
   事件は、米国海軍最大最強を誇る戦艦である艦長のサプライズパーティが行われている真最中に勃発。なんとシージャックされたのだ。相手の目的は、ミズーリ号に搭載されている核兵器の奪取。奪われれば全面的な核戦争にもなりかねないこの危機に立ち向かう男がセガールだ。彼はかつて、秘密戦闘員として名を馳せるほどの腕をもっていた人物だからその戦闘ぶりには脱帽。一瞬たりとも息をつくひまもないド迫力のアクションは、ヒヤヒヤ&ドキドキの連続! S・セガールの頭脳明晰&不死身のアクションが見もの。(近藤鈴佳)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/10/2
テロにハイジャックされた戦艦ミズーリ号を舞台にマーシャル・アーツの達人ライバック(セガール)が、彼らに戦闘を仕掛けるというお話です。 戦艦ミズーリというのはいろいろな意味を含んでいますよね。 日本の敗戦、マッカーサー、重光外相etc. そしてそれと対峙するように日本海軍の戦艦長門。 結局は双方ともある意味無用の長物となってしまったわけですが・・・ でもこの作品では彼らの活躍の場が出てきたわけですよね。

セガールの動きを観察してると、当時ブルース・リーを中心にカンフー映画が栄えていた頃を思い出します。 静と動の調和が巧みにとれていて、動きにメリハリ感があるところなんかは正にブルースそのものです。 でもスピード感は彼には叶いませんが。 セガールの経歴というのは日本において武術や武芸を学んで精神修行を積んで、道場まで働かせたということです。 両手で持つマシンガンの構えも、日本の宮本武蔵の二刀流を彷彿とさせます。
顔立ちなどもどことなく東洋的です。 彼は日本をとても愛していたんですよね。

自分も当時様々なスタイルのアメリカンヒーローを見てきたけど、この作品の彼の演技に神を捉えた感じでした。 スーパーマンのような、そんな感じでした。 勇者というのはゆるぎないものですから・・・ そして普通に観賞していると、単なるア
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
▽大味ストーリー
搭乗していた戦艦がテロリストに乗っ取られる!
セガール演じる元SEALで凄腕のコック「ケーシー・ライバック」が悪党共をぶちのめす!!
※セガール映画の中でも屈指の出来で、退屈せずに終始楽しめるハズ

セガール度(傍若無人、無敵、合気、おっぱい、相棒は簡単に死ぬ、他):★★★★☆(4点)
傍若無人 → テロリストが相手のため、横暴なイメージはなし
無敵 → 原子力潜水艦に仕掛けをする際に大ダメージを受ける…が、ダメージは引きずらず
合気道 → 全編見どころあり
おっぱい → ミス7月(ジョーダン・テイト)の見事なロッケトぱいおつが拝める (ノ^ω^)ノ
相棒は簡単に死ぬ → 本作は相棒なし(あえて言えばミス7月)

2015年12月12日のBS朝日の「サタデーシアター」放送分を観ての感想
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スティーブン・セガールとゲイリー・ビジー、トミー・リー・ジョーンズ今では、揃わないキャストですよね。作品自体も面白く仕上がっていますし、戦艦アラバマを使用しての撮影もハリウッドらしさが出ています。でも何回観てもトミー・リー・ジョーンズの長髪姿は内田裕也さんみたいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スティーブン・セガールの当り役、ケイシー・ライバックシリーズの第一弾です。日本では沈黙シリーズと呼ばれてます。

本作のセガールはカッコイイです。セリフを言う時に首をかしげる癖は相変わらずですが、なぜか上官と話す時にはこの癖は出ません。"Yes,Sir."ではなく"Affirmative,Sir."と言っているのが、軍人らしくていいです。脚本家は軍事オタクなのでしょうか?

得意の合気道アクションは押さえ気味ですが、シンプルなブービー・トラップを仕掛けまわっているのが、それらしいリアリティを醸し出しています。ガン・アクションもなかなか。狭い通路で両手のサブ・マシンガンを交差させて撃つところなんて、ちょっと見ものです。意外と理にかなっています。

ストーリーのベースに艦長とライバックの関係が忍ばせてあって、最後に正装して亡き艦長に敬礼してしているシーンでは感動してしまいます。セガール、一世一代の名演です。

アンドリュー・デイビスもこの後、キアヌ・リーブスやハリソン・フォード、マイケル・ダグラス等の一流どころを使って、そこそこのアクション映画を撮っていますが、本作を超えるものはありません。

そういえば、本作のヒットによって、当時準備されていたダイ・ハードの続編の脚本が書き直されたということがまことしやかに囁かれていました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
セガールの“沈黙”シリーズが、何本あるかは知りませんが、自分が観た沈黙シリーズの中では、最初の作品(と記憶)で、インパクトと面白さもそこそこ、と感じた作品。

T.Lee ジョーンズ扮するテロリスト集団が、核搭載のUSSミズーリをジャック。乗り合わせていたのが、元“SEAL”の精鋭でコック長のライバック(セガール)。ライバックは数少ない見方と紅一点のPB誌198?年のミスJULY(ちょっと太目だが、愛嬌・度胸ともに合格)を交えてテロリスト集団と戦いを挑む。

それにしてもライバックの向かうところ敵なし。(以後のシリーズでも以下同文の強さは変わりなし。) ハチャメチャ悪役のT.L.ジョーンズもぶっ飛ばし、ハッピーエンド。

蛇足:一度だけセガールが”おやっ?” というところでいなくなったのが→→→「エクゼクティブ・ディシジョン」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す