¥ 3,672
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
沈黙の山嶺(下) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

沈黙の山嶺(下) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト 単行本 – 2015/5/26

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/5/26
"もう一度試してください。"
¥ 3,672
¥ 3,672 ¥ 3,120
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 沈黙の山嶺(下) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト
  • +
  • 沈黙の山嶺(上) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 215pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世代、階級、そして植民地主義の終焉という形で国家(英国)をものみ込んでいった第一次大戦後の時代の空気を、英雄マロリーら、エヴェレスト初登頂に賭けた若者たちの姿を通して描いた大作。

出版社からのコメント

夢枕獏氏推薦! ヒマラヤ登攀史最大の謎に迫る
  英国の登山家ジョージ・マロリーは一九二四年六月八日、アンドリュー・アーヴィンとともにエヴェレストの山頂をめざし最終キャンプを出発したが、頂上付近で目撃されたのを最後に消息を絶った。果たしてマロリーは登頂したのか――。
 十九世紀の植民地主義が終焉を迎え、大戦へと突き進んで甚大な被害を出した英国。その威信回復の象徴となったのがエヴェレスト初登頂の夢だった。一九二一〜二四年の間に三回にわたって行なわれた遠征では、参加した二六名の隊員のうち戦争経験者は二〇名にのぼった。
 本書は、血みどろの塹壕戦をからくも生き抜き、世界最高峰の頂をめざして命を懸けたマロリーら元兵士たちの生きざまを通して「時代」に息を吹き込んだ歴史ノンフィクションである。気鋭の人類学者である著者は、未発表の手紙や日記のほか各地に遍在する膨大な資料を渉猟し、執筆に一〇年をかけて彼らの死生観にまで迫る。
 兵士として隊員として、常に死と隣り合わせだった若者たちの「生」を描いた傑作!
【サミュエル・ジョンソン賞受賞】

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 430ページ
  • 出版社: 白水社 (2015/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560084343
  • ISBN-13: 978-4560084342
  • 発売日: 2015/5/26
  • 梱包サイズ: 19 x 14 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 598,318位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

下巻は、1921年の結果と1922年、1924年のアタック、そしてかなり長めの「注釈付き参考文献」である。

本書を読む限り、1921年に頂上にたどり着くことが困難であることは、隊員たちにも分かっていたと思われる。エヴェレストの麓まで入り込んだのは初めてのことであり、測量をしながら地図を作っていることを考えると、当然とも言えよう。そして、1922年と1924年には、頂上到達のチャンスは十分にあったことが分かる。
上巻のレビューにも書いたが、エヴェレストへのチャレンジの背景に、第一次世界大戦で疲弊したイギリスの国威発揚がある。それがあったからこそ、金も人も集まり、困難な道のりを克服している。しかし、一方で頂上調達を阻んだのも、隊員の多くがあまりにも徹底して“イギリス人”であったためではないだろうか。1922年には、パブリックスクール出身者でないジョージ・フィンチが持ち込んだ酸素に対して不信感を抱き続ける。その1922年に酸素を使って当時の最高到達点を達成したフィンチは、1924年には選から漏れている。1924年の時も、マロリーや1922年に体験したジェフリー・ブルースはともかく、やはり多くの隊員たちが酸素利用に対して、不信感もしくは抵抗感を持ち続けている。また、服装などについても、妙な偏狭さが垣間見える。
豊富な資料を背景に、こういった点につい
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告