通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2007/2

5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)
  • +
  • ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 190pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、JAXAの野嶋と弥生はそれが恒星間測位システムの信号であり、異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する―静かなるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女子大生の思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を収録。宇宙開発の現状と真正面から斬り結んだ、野尻宇宙SFの精髄。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野尻/抱介
1961年三重県生まれ。計測制御・CADプログラマー、ゲームデザイナーを経て、1992年、ゲーム「クレギオン」の設定をもとにした『ヴェイスの盲点』(ハヤカワ文庫JA)で作家デビュー。以後、“クレギオン”“ロケットガール”の両シリーズで人気を博す。2002年に上梓した『太陽の簒奪者』(ハヤカワ文庫JA)は新時代の宇宙SFとして絶賛を浴び、短篇版に続いて星雲賞を受賞、「ベストSF2002」国内篇第1位を獲得した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 早川書房 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150308799
  • ISBN-13: 978-4150308797
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 329,435位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 リオ トップ1000レビュアー 投稿日 2007/8/9
形式: 文庫 Amazonで購入
短編SF小説集です。
どの短編も、今後数十年以内に実現されるかもしれないと思えるハイレベル
のリアリティを持った話です。
過去に実際に行われた宇宙開発事業をそのまま未来に延長した内容の
話もあり、どこまでが現実で、どこからが空想か区別がつかないほどの
リアリティを持った話もあります。

地球外生物、惑星間飛行、恒星間探査、火星植民、学生でもできる手軽な
宇宙飛行などの、悪くすれば絵空事、良くても遠い未来の話として片付け
られてしまいそうな話を、現実的で、もしかしたら自分が生きているうち
に体験できるかもしれないと思えるほどリアルな話として書いています。
リアルだからといって夢が無いわけではありません。スターウォーズやス
タートレックのような派手さはありませんが、手が届きそうな夢がタップリ
です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
良質のハードSFです。表題作の「沈黙のフライバイ」はファースト

コンタクトものなのですが、人類から選ばれたヒーロー(達)が攻め

て来る宇宙人と戦ったりはしません。有能ではあってもただの技術

者が対応することになります。無駄に血圧を上げる物語でないとこ

ろが、著者らしい気がします。

ところで、最後の部分で映画「未知との遭遇」のシャンデリア宇宙

船を思い出しました。「きれいだけど、リアルじゃない」と思った

物ですが、本作で出て来るのはよりリアルで、異なる美しさをもっ

た何かです。お楽しみを。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今の宇宙開発の延長上に見える景色を描いたハードSFです。

専門的な用語もでますので科学に興味がないと読みにくいかも

しれませんし、いわゆるスペースオペラとは違いますが、

別の意味で壮大で夢のあるお話です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
野尻抱介。今まで、敬遠してきたのですが、面白かった。

いままで、読まなくて失敗でした。

さて、SF作家には、何故か62年生まれ前後が多いそうです。

無理も無いかな、生まれたときには、TVがあって、鉄腕アトムを観て

幼少期を、鉄人28号、エイトマン、スーパージェッターと過ごして、

小学校1年には、月面着陸を体験して、

小学校6年には、宇宙戦艦ヤマト、

高校は、ガンダム、イデオンと過ごしたわけです。

この経験は、人格形成に大きく影響を与えたと想像できます。

このアンソロジーのほとんどの話が、日本における宇宙開発の物語です。

特に、表題作と「大風呂敷と蜘蛛の糸」が良かったですね。

アメリカのごっつい宇宙開発じゃなくて、細々とした宇宙開発がいいです。

なんて、いろいろ書いても。

結局ですね。ロケットが出てくればいいみたいです。私の場合。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
薄い。しかも苦手なハードSF。

期待せずに読みましたが、素晴らしかった。

等身大の宇宙が描かれています。作者の熱い想いがストレートに胸に響きます。

ロマンとワンダー(驚異)がぎっしり詰まった本。

まだ早いですが、本年度ベスト1。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
5編からなる短編集。
これらの作品は、宇宙を舞台とした思考実験といえる。

安く、かつ自分達が生きているうちに恒星間探査をするにはどうすればいいか。
小惑星の表面に刻まれた溝はどうやって出来たのか。
宇宙服ほどのサイズで閉鎖生態系を作ることが出来たら何が出来るか。
10kmくらいしか飛ばないロケットを宇宙と言えるところまで飛ばすにはどうするか。

科学が技術になるときには大きさだったり、値段だったり、時間が制約され、
それを超えて技術と呼ばれるようになる。

そんな過程を切々と書いているのがこの作品。
もちろん、その過程でいろんな意見が出る、こうすれば実現するんじゃないか、ああいう材料を使えば良いんじゃないか。
思わずその議論の中に入っていきたくなる。
そして、出来上がった技術が緻密に描写される。

理系人間の欲求を満たしてくれる作品である。

一例を紹介しよう。
タイトル作品となっている「沈黙のフライバイ」
読んでいて、「あれ、この話知ってるぞ」と思ったら、この作品を読む前にたまたま覗いていたJAXAに勤める野田篤司氏のページ(現在は削除されている)に書いてあったことだった。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー