通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
沈黙する知性 がカートに入りました
+ ¥350 配送料/取扱手数料
コンディション: 中古商品: 可
コメント: ◆◆◆少し、角折れがあります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


沈黙する知性 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/11/11

5つ星のうち4.1 10個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,980
¥1,980 ¥884
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 沈黙する知性
  • +
  • サル化する世界
  • +
  • 生きづらさについて考える
総額: ¥5,390
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
倉庫内で傷を負った本や、返品された商品のうち状態が良い本をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介


複雑な問題について、一言で何かを言おうとするのは、よくないと思う。

ある層で切れば「こういう話」に見えても、もう一皮むくと「ちょっと違う話」が出てきて、
さらにもう一皮むくと「正反対の話」になったりする。

だから、僕も「みんなが感情的になっているときは発言したくない」というのが正直な気持ちだね――(本文より)


——知識人というのは、孤独な人たちなんだね。(平川克美)
——でもね、孤独な人たちの孤独な営為が、未来を切り拓くのだよ。(内田樹)

「14歳から読みたい自由と勇気の人生案内」シリーズ、待望の最新刊!!



(目次)

はじめに (内田樹)

第0章 耳を傾けるに足る言葉はどこにある
自分が言わなくてもいいことばかりを語る人たち
自分が語る言葉の保証人は自分しかいない
誰がこれを書いたんだよ!
小林秀雄の署名性

第1章 知識人はなぜ沈黙するか
みんなが感情的になっているときには発言したくない
「私はシャルリー」の意味
両陣営から担ぎ出される「表現の自由」
フランス国民に鬱積した不満
構造化された階層
フランス社会の「見えざる」階級
「何も言ってはならない」という雰囲気
知識人たちの孤独

第2章 日本の衰退を止めるには
人生は「歳をとった者勝ち」
脳化した知性と身体的な知性の差
役割としての「大人」
社会の安定と家庭の解体
父から無言で遺贈されたトラウマ
自分が自分でなくなってしまうということに対する嫌悪
人を見る目がなくなった

第3章 「ありえたかもしれない世界」について考える知性ー村上春樹の世界
村上春樹は「お化け作家」だった!
羊男とスーフィズム
構築的でないからこそリズムに乗れる
「この世ならざるもの」が切迫すること
井戸の奥から湧いてくる村上春樹の世界性
「日常の労働」を描く圧倒的な描写力は世界的な作家の共通項
村上春樹の表現は「比喩」ではない!?
『細雪』はつまらない?
「隣の世界」をリアルに感じる想像力
蒲田から想う
平行世界を行き来する村上春樹と文学の力

第4章 グローバリズムに「終わり」はあるか
最後はコンビニだけになる
「自助の精神」は日本では根づかない
「荒ぶる神に仕える専門家」が必要
グローバリズムは終わった!?

第5章 吉本隆明の「知」をいかにして後世に引き継ぐか
「影響を与える」とは、「文体を真似される」ということ
引き裂かれた状態をひとつの文体にまとめていく
転向論は日本の心性史論
知識人たちは「何」に屈服したのか
吉本隆明の屈託
「平場の常識」というイデオロギー
生活言語と抽象言語を架橋すること
知識人の系譜
カズオ・イシグロはイギリスの吉本隆明
身体性に届かなければ「詩」ではない
吉本隆明の「知」を後世につなぐために

あとがきにかえて (平川克美)

著者について

内田樹 (うちだ・たつる)

1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学博士課程中退。神戸女学院大学文学部総合文化学科を2011年3月に退官、同大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。第三回伊丹十三賞受賞。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(第六回小林秀雄賞受賞)『日本辺境論』『街場の戦争論』『街場の天皇論』『生きづらさについて考える』など、夜間飛行からの刊行では『困難な成熟』(「14歳から読みたい自由と勇気の人生案内」シリーズ)がある。


平川克美 (ひらかわ・かつみ)

1950年東京生まれ。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、渋谷区道玄坂に翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを設立。1999年シリコンバレーのBusiness Cafe Inc.の設立に参加。現在、株式会社リナックスカフェ代表取締役。2014年、東京・荏原中延に古き良き喫茶店「隣町珈琲」を回転し、店主となる。著書に『小商いのすすめ』『俺に似たひと』『グローバリズムという病』『路地裏の資本主義』『移行期的混乱』、『言葉が鍛えられる場所』『21世紀の楕円幻想論 その日暮らしの哲学』夜間飛行からの刊行では『復路の哲学 されど、語るに足る人生』がある。

続きを見る

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 夜間飛行 (2019/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906790364
  • ISBN-13: 978-4906790364
  • 発売日: 2019/11/11
  • 商品の寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
評価の数 10
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト500レビュアー
2019年11月20日に日本でレビュー済み
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月25日に日本でレビュー済み
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2019年12月11日に日本でレビュー済み
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月1日に日本でレビュー済み
形式: 単行本(ソフトカバー)