通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫) 文庫 – 2001/12/26

5つ星のうち 4.5 69件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
  • +
  • 沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)
  • +
  • 沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は520名――。凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。慟哭を刻む第三巻!

内容(「BOOK」データベースより)

十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は五百二十名―。凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。慟哭を刻む第三巻。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 510ページ
  • 出版社: 新潮社 (2001/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410110428X
  • ISBN-13: 978-4101104287
  • 発売日: 2001/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 69件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「沈まぬ太陽」は全5巻からなる重厚な物語だが、3巻は日航機墜落事故(作中では国民航空機)をめぐる会社と遺族を丹念に描いた壮絶な展開である。保身に走る会社の上層部、遺族の力になろうと奔走する社員、悲しみに打ちひしがれる遺族、そして奮闘する警察や医療関係者。翻弄される人々を、丁寧に言葉を飾らず淡々と描写することで話は進むが、著者のよけいな感情が含まれていない分より生々しく、遺族の慟哭のシーンでは、涙が溢れて止まらなかった。

今回映画化されるとのことだが、事故映像や事故現場といったセンセーショナルな映像で煽るのではなく、人の思いを丹念に描いて欲しいと強く思う。そして改めて、二度とこのような事故が起きないように強く願う。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2006/10/29
形式: 文庫 Amazonで購入
ちょっと期するところがあり、日航事故関係を数冊以上買い込み読んだ。小説のこの本が一番本質が分かったような。さすがにプロだと思った。文章が上手いということがこんなに違うもんだと感心しました。(他の本もそこそこよかったのですがね)フィックションの名前と本名が交錯する摩訶不思議な世界です。でもこれはホンマの世界なんやろなあ。補償されてもなんんも帰ってきいひん人の心は誰も癒すことができん。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前2巻で描かれていた、企業の保身体質や人道を無視した利益優先主義と主人公のヒュ−マニズムが未曾有の大事故の遺族補償の中にも対立する。

この墜落事故は当時リアルタイムで知っていた上”クライマ−ズハイ”-横山秀夫でも描かれていたが、著者の取材によりリアルによみがえってくる。

特に遺体確認や遺族補償の描き方は、著者の取材のキメ細やかさと協力された遺族の勇気によるものだと思う。

それまで、白い巨塔や二つの祖国などで巨悪に挑んできた著者ならではの偉業だと思う。

あれから20年以上たちJR事故や止まらない輸送事故が語るように、企業の利益優先の人命軽視ともいえる体制は変化を見せていない。

どうすれば我々は人間性を取り戻せるのだろう・・・そんな気持ちになる作品です
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ジャンボ機墜落の本は結構読んでいる。多くの本がノンフィクションでありのままの事実を書いている。私は当初この本もそのような類なのかと思って読んでいたが、冒頭のページから国民航空と偽名を使っていたので、ある程度脚色を加えた半フィクション物なのか?と思っていた。「はじめに」にも「あとがき」にもこの本が事実に基づくものなのか?或いは脚色をある程度しているのか?という説明が無かったので、最後までその部分が頭の隅にあり、さくさくとは読み進むことができなかった。
本の内容は、日航機関連でもここまで詳細に書かれている本も珍しい。これがノンフィクション物なら驚嘆すべき書物だと思うが、あまりに遺族の心情等普通なら知ることのできない所まで書かれているので脚色はしているのだろう。ただこれはあまりに衝撃的な事故(事件?)だったのでもし脚色したのなら事実を歪めるほど脚色すべきでは無いと思う。
私がこの本は詳細まで言及しているというのは単にあの事故の生生しさだけを指しているのではなく、それ以後の遺族と事故関係者の人間模様が恐ろしくリアルに描かれていると言うこと、例えば当時でもあまり報道されなかったが、事故機は物凄い衝撃と圧力でばらばらに破壊され、人体は跡形も無く引き千切られた。後部座席に搭乗していた人々はいわゆる「完全遺体」で発見されたが多くが「部分遺体」として発見される。その皮膚一切れでも
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/4/4
形式: 文庫
アフリカ含め10年の島流し。で、帰ってきたら未曾有の墜落事故の遺族世話係・・・。
この小説のモデルとなる某航空会社は就職人気ランキングで常に上位ですが、この小説を
読むと自分の子供を入れたいとは絶対に思いませんね。主人公・恩地には実在のモデルが
いるというのもビックリですが、この本の映画化にその会社が大反対したというエピソード
も何となく頷けます。あの暑かった夏、TVも新聞も毎日このニュースばかり。そんな日々
が眼前にまた蘇るような、生々しくかつテンポのよいストーリー展開。アフリカ編同様、
あっという間に読了しました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
85年に起きた日本航空機墜落事故をなぞった第3巻。
この事故に関するドキュメントはたくさん読んできたので、書かれている内容はほぼ事実(調査結果)に即していると思います。また、事実関係や報道内容などは事故をほぼすべて網羅していて、その調査力には率直に頭が下がる思いです。そういう意味では、この第3巻だけは小説ではなくドキュメントといってもいいでしょう。
主人公の恩地はアフリカ帰任後の閑職から事故現場の最前線に送られ、遺族対応に追われます。実際に日航社員も同じように遺族と向き合ったのでしょう。520人という多くの命が一瞬にして奪われた大惨事。多少フィクションが入っていたとしても、当時の様子が手に取るように分かり胸が痛みます。
著者はとにかく御巣鷹山のことが書きたかったのかな?小説として考えた場合、この第3巻がなくても作品としてなりたつと思いますが…御巣鷹山編だけをドキュメントとして世に問うたほうが正当な評価を受けたように思います。小説の形をとって読者の印象を増幅させるような手法はなじまないような気がします。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー