中古品
¥ 45
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) 新書 – 2007/5/30

5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 3,520 ¥ 45

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる!
ポイントは財務3表の5つの「つながり」。
損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)を、
具体的な会社の事業活動を通して同時に作り、「つながり」を徹底解説。
新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。
まったく新しい会計学習法の誕生!

【目次】
第1章 会計は難しくない
・なぜ会計の苦手意識がなくならないのか
・六本木ヒルズの「人気講座」
・会社はどんな活動をしているのか
・財務3表はつながっている
・損益計算書と貸借対照表はセット
・簿記がわからなくてもOK
・できるビジネスマンになれる

第2章 財務3表の構造を知ろう
・損益計算書(PL)の「五つの利益」
・売上高比の棒グラフを作ろう
・コスト感覚が身につくPLの見方
・貸借対照表(BS)はなぜバランスするのか
・上から下へ現金化しやすい順番
・流動比率で会社を分析
・なぜ収支計算書ではダメなのか
・一つの取引を二つの側面から見る
・現金の動きと帳簿は一致しない
・キャッシュフロー計算書(CS)は会社の家計簿
・中小企業の資金繰り表と同じ構造
・「小計」の下の項目は何か
・間接法CSの考え方

第3章 財務3表一体理解法~基礎編
・財務3表の五つの「つながり」
・「漆器販売」の副業を想定
・一つひとつの取引ごとに財務3表を見る手法
1. 資本金300万円で会社を設立する
2. 事務用品を現金5万円で購入
3. パソコン一式を現金50万円で購入
4. HP作成を発注、外注費20万円を現金で支払う
5. 創立費30万円を「資産」に計上する
<Coffee Break1>会計のロジックは美しい
6. 販売商品を現金150万円で仕入れる
7. 商品が現金300万円で売れる
7―2.商品を在庫に計上した場合の「理論」
8. ビジネス拡大へ運転資金500万円を借りる
<Coffee Break2>財務会計と管理会計
9. 商品750万円分を「買掛」で仕入れる
10. 「売掛」で1500万円を販売
11. 買掛金750万円を支払う(「勘定合って銭足らず」に)
12. 売掛金1500万円のうち1000万円を回収する
<Coffee Break3>「人間」は財務諸表に出てこない
13.役員報酬50万円を支払う(うち源泉所得税2万円は会社が一時預かる)
14.商品の発送費用100万円を一括払い
15.短期借入金500万円を返し、利息50万円を支払う
<Coffee Break4>勘定合って銭足らず
16.「在庫100万円」を認識する
17.「減価償却費10万円」と「繰延資金償却6万円」を計上する
18.法人税300万円を計上する
19.「配当」と「純資産の部」を理解する
・実際の「つながり」はもう少し複雑
・株主出資が関係するのは2項目
・さまざまな内部留保
・「利益処分」を表で理解する
・「株主資本等変動計算書」とは何か

第4章 決算書を読み解くツボ
・収益性を見る財務分析指標の利用法
・安定性を見る分析指標の使い方
・PLとBSは操作されている
・架空売上と在庫の過大計上
・「未成工事支出金」や「仮払金」も曲者
・CSを見れば会社の戦略がわかる

第5章 新会計基準もわかる 財務3表一体理解法~発展編
五つの新基準
1. 退職給付会計を適用し、「退職給付費用」5万円を計上する
2. 「貸倒引当金」を10万円計上する
3. 金融商品の時価会計1 「売買目的有価証券」10万円、「投資有価証券」20万円、「関係会社株式」30万円を現金で取得する
4. 金融商品の時価会計2 期末に評価損発生、それぞれの計上価額を引き下げる
5. 減損会計を適用、「固有資産」40万円を20万円に評価替え
6. 「自社株式」50万円を会社が現金で買い取る
7. 税法に基づいて法人税を計上する
8. 税効果会計を適用、会計上の「あるべき姿」で税額を表示する
9. 財務3表のつながりから「M&A」と「事業再生」のキーワードを理解する
企業の合併と買収
「のれん」の処理
新株予約権
債務放棄と債務免除益
無償減資と有償減資
DES(デット・エクイティ・スワップ)

おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる!ポイントは財務3表の五つの「つながり」。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)を、具体的な会社の事業活動を通して同時に作り、「つながり」を徹底解説。新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。まったく新しい会計学習法の誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2007/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022731443
  • ISBN-13: 978-4022731449
  • 発売日: 2007/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 1.1 x 10.7 x 17.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CS)の概要は理解してるけど、
それぞれがどういう関係性にあるのかは分からない。
つまり、用語や意味を頑張って覚えはしたけど、本質的な理解にはいたっていない人向けの本。

分かりやすく書かれていますが、初学者向けの簡単な本ではないので、ご注意ください。

他の会計本でも、「資本金いくらで会社を設立して、商品を仕入れて販売して…」といった具合に
ステップバイステップでBSとPLを組み立てていく形をとっているものがありますが、
この本の特徴的なところは、CSまでが一体のものとして説明されていること。

BS、PL、CSを三位一体で学ぶ。会計の基本というか本質を理解する方法として本当に優れていると感じました。
他の本である程度まで学んだ人がこの本を読むと、「会計ってそうだったんだ!」と何度もうなずくことになるのは必至です。

会計基準は年々変化してきているので、たとえば資産除去債務などここ数年で導入されたものについての言及はありませんが、
この本で書かれている会計の原則を理解していれば、「あぁ、そういうことね」とすぐに分かるので大丈夫です。
2007年に出版された本ですが、時間
...続きを読む ›
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
会計は大切。でも、簿記の細々とした処理を覚えることは必要ない。会計の全体像を理解しておきたいんだけどなぁ、という人にはかなりオススメの本。

私自身も会計の知識が必要であろう会社に入ったものの、結局、会計の知識がほとんど必要ない部署で働いているので、会社の知識は必要ないかな。と思ってました。

でも、仕事上の話の端々に会計の話題が出てくるし、ここで、会社らしい切り返しが出来ればいいんだけどなぁ、と思ったことが結構あるので、どこかのタイミングで会計の基礎知識を頭ん中に入れようと思っているのですが、まず、最初に参照するのがこの本になりそうです。

中小企業向けにコンサルティングを行っている著者がビジネススクールなどで行っている会計研修の内容をまとめたもの。

簿記の試験テキストとは違うのでがっちり仕訳の話が出てくるのではなく(もちろんところどころ出てきますが)、まず、会計はなんのためにあって、どんな表が基本になるのか、表はどのように読み解くべきなのかなどの話と、実務の個々の伝票整理の実務がどう繋がっているのかの話から始まる。

会計とは?をしっかり語った上で、整理してくれるので、とても分かりやすい。

これを読んだら簿記の試験に受かるってことは絶対にないけど、会計につ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
会計を理解したい・・・そう考えているビジネスマンは多い、
しかし、簿記から勉強する・・・そんな気には到底なれないと感じている人
が殆どではないだろうか?
財務分析指標を数式に当てはめて数字を算出してみても、企業の全体像が
「ぼんやり」把握できるだけ、何かしっくりこない、腑に落ちない、もちろん
雑談のトピックが会計に及べば出番なし。
何かが足りない、繋がらない・・・・仕訳作業・伝票起票・試算表作成と
財務指標分析の間に「空白がある」・・・・。
そう、P/L、B/S、C/Fが互いにどう影響を受け合うか・・・が「肝」、
それを基本的な企業活動流れに乗せて解説してあるから「空白がだんだん埋められる」
、そんな感覚が得られる。
多くのビジネスマンは空白を埋めるべく、色んな会計本を読んでいる、結果として
ある程度の会計の知識は持ち合わせているはず。
であればこの一冊でまさに「道は拓ける」、五つの新基準についてもアウト
ラインだけではなく「どの部分にどのように表現されているか」が書かれて
いるので実務者並の深い理解に及ぶと思う。
会計に対してもがき苦しんだ思いを整理し体系付けて提供してくれた著者に感謝。
間違いなく会計本のロングセラーになる一冊だと思う。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kick 投稿日 2017/1/25
形式: 新書 Amazonで購入
簿記の勉強をしても財務諸表の読み方や、
BSとPLのつながりなどは理解できませんでした。

で、色々と迷走していたときに本書を購入。
図解で説明してくれるのである程度はわかりました。

ある程度わかったというだけでも大変に価値のある本書ではありますが、
説明が長いため、本のサイズがもう少し大きければまた理解の速度も違ったのかなと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー