中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

決断 河野父子の生体肝移植 単行本 – 2004/5/14

5つ星のうち 2.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

つらい思いと厳しい体験を「美談」に終わらせたくない。C型肝炎、子から父への生体肝移植。臓器移植法改正への動き…。二人の視点から、現代日本が抱える大問題に迫る。

内容(「MARC」データベースより)

つらい思いと厳しい体験を「美談」に終わらせたくない…。C型肝炎、子から父への生体肝移植、臓器移植法改正への動き。政治家親子が、それぞれの視点から、現代日本が抱える大問題に迫る。


登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2004/5/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022579226
  • ISBN-13: 978-4022579225
  • 発売日: 2004/5/14
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,099,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
生きなくても良い人間に限って、生にしがみつく。
この人は、日本の戦争犯罪をでっち上げ、ことに付けて批判しているが、戦時の際に部下を無駄死に追いやったり、他国で戦争犯罪を起こすのは、正しく河野洋平のような人間であり、貴様がどんな本を書こうが、何を語ろうが、何も信用に足るものは無い。
読んでも、ただイライラするだけで、早く死ねば良かったのに女々しい奴という感想しか持たなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以下の韓国への資金援助のデータを見てほしい。
河野や民主・社民党が何故中韓の走狗なのか一目瞭然である。

1965年 60兆円相当のインフラ整備費譲渡
1965年 800億円+αを援助 日韓基本条約
1983年 特別経済協力 4000億円支援
1997年 韓国通貨危機 1兆円支援
2006年 ウォン高救済支援 2兆円支援
2008年 リーマンショック危機 3兆円支援

2002日韓W杯スタジアム建設費融資300億円未返済
日本のIMF援助8400億円とその前の1兆4000億円、
更に以降の1兆2000億円とODAの有利子負債の利子

計約1070億ドル、約13兆円の負債に対して
私の知る限り韓国は未だ1円も返済していない。
7 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
洋平氏はインターフェロンの治療が失敗し、がっくりと全身の力が抜けた。・・太郎氏から生体肝移植を提案されたときの洋平氏「息子をリスクにさらし、その結果、自分がただ生きているなんて、価値がないだろう。・・・俺の肝臓がだめになって死ぬのなら、それは俺の寿命なんだ。・・健康な息子の腹を割いてまで寿命を延ばすつもりはない」
信州大の橋倉先生から、移植手術のすすめのための説明があった。「内科的治療では死亡の危険が高い。・・肝移植は終末的な状況に対する唯一の治療法」
こうして、洋平氏は移植を受ける決心をしたという。病気と戦うプロセスと決断、これが大事だと認識された。病気を理由にして解雇されたなど、社会には移植医療への無理解がある。政治家としての活動も考えただろう。

太郎氏は09年度移植法改正のときに活躍された。太郎氏がポイントにしたかったのは、生前の意思表示がなかったとき(あれば生かされるのはもちろん)、遺族がその意思をおもい、臓器提供もできること。遺族が一番思いに従った判断ができるだろう。意思表示が必須ではなく、遺言制度にならって臓器提供できなかった15歳以下の提供が行われるようになり、子どもの臓器をのぞむ家族に道を開く。
未来問題解決プログラムのトピック学習「臓器移植」の優良なリーディングスとさせてもらっている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Secondopinion VINE メンバー 投稿日 2004/7/7
形式: 単行本
復帰に向けた数ヶ月のリハビリの中で心に誓ったのは医療技術の革新や健保適用の問題など、 とりわけ医療政策に注力して行こうという事らしいのですが、これは裏返せば、政治家ともあろう人が闘病生活をしなければ医療問題が分からなかったと自ら告白しているようなものです。
生体肝移植は健康な親類にリスクを強制させる世論を生むと、反対の立場なのは理解できるが、生体肝移植をした親子が言ってもあまり説得力がない気がしました。 さらに、本来なら「親は我が身の命を省みず子供の命の事を考える」という事のまさに正反対の行為に疑問を感じてしまいました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ちょっと読むと、日本の政治史に一時代を築いた河野洋平の闘病記に、河野太郎が肝臓を提供した記録として読まれるかもしれない。私も最初は単なるノンフィクションだと思って手に取ったのだが、本当は、河野太郎氏が後段で書いた、生体肝移植が安易に行われる日本の傾向に警鐘を鳴らし、脳死者からの臓器移植を推進しなければならないということが言いたいのである。
 ただ、この本を読むと、河野洋平という本来ならば日本の首相になるべき政治家がC型肝炎にかかり、彼自身を苦しめてきたという事実は、日本にとっての損失であったかもしれないとも考えられる。
 ぜひ、一度手に取っていただきたい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告