この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


決戦・郵政民営化 (日本語) 単行本 – 2005/2/24

5つ星のうち3.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

郵政民営化で日本の社会と国民の生活は本当によくなるのか?当事者たちから、核心を抉り出す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

猪瀬/直樹
作家。1946年、長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。特殊法人の不正にまみれた非効率な世界を初めて明るみに出した『日本国の研究』で96年度文芸春秋読者賞受賞。小泉内閣が成立するとただちに行革断行評議会のメンバーとして特殊法人等の廃止・民営化に取り組む。2002年6月、道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命された。『日本国の研究』で外から精査した日本の権力構造を、『道路の権力』で初めて内部から描き新境地を拓いた。2002年11月に『日本の近代 猪瀬直樹著作集』(全12巻)が完結。政府税制調査会委員、東京大学客員教授などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
評価の数 3
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
33%
星3つ
33%
星2つ
33%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2005年10月26日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年1月22日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年8月18日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告