通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感やいたみは少しありますが、中古品としては概ね良い状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 1993/2/1

5つ星のうち 4.8 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • 2010年宇宙の旅〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF) (文庫) (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • 3001年終局への旅 (ハヤカワ文庫SF)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

三百万年前の地球に出現した謎の石板は、原始的な道具も知らないヒトザルたちに何をしたのか。月面で発見された同種の石板は、人類に何を意味しているのか。宇宙船ディスカバリー号のコンピュータ、ハル9000はなぜ人類に反乱を起こしたのか。唯一の生存者ボーマンはどこに行き、何に出会い、何に変貌したのか…。発表以来25年、SF史上に燦然と輝く記念碑的傑作に、作者クラークの新版序文を付した完全決定版ついに登場。


登録情報

  • 文庫: 300ページ
  • 出版社: 早川書房; 決定版 (1993/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 415011000X
  • ISBN-13: 978-4150110000
  • 発売日: 1993/2/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,598位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
映画版では難解なシーンも、小説版では分かりやすく、楽しんで世界観に没入することが出来ました。
更に、読了後は映画もまたみたくなります。
映画版、小説版、共に、これからも後世に残していきたい作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説を映画版の“答え合わせ”と考えるのはつまらない。原作であると同時に解釈のひとつであると思っているくらいがちょうどいい。映画からは、わざわざ、一切の説明が省いてあるのだから。

で、やっぱり気になるのは神様みたいなエイリアン。ヒトザルに進化のチャンスを与えてくれた神様は、我々が考えるような心や感情は一切持ってないらしい。
ボーマン船長も地球から遠ざかるにつれて人間的な絆や感情を喪失していく。まかりまちがえば人類のかわりにスターゲートをくぐっていたかもしれない人工知能ハルが自我を奪われて単なるシステムになってしまったところも意味深長。
そして、ボーマン船長は「冷たい吟味を受け」、「感情はすべて濾し流されて」、スター・チャイルドが誕生する。

この宇宙を動かしているものは、「海岸に打ち寄せる波のざわめきや、地平線はるかに響く雷鳴」、「木星自体が発する電波の咆哮」のような「人間とまったく無関係な現象」であり、人間にとっては不気味で、もの寂しい無意味なものなのかもしれない。

それとも神様は、“自分に起こることなら人間にも起こりうる”と考えて、人間の過ちを許してくれるような存在なのだろうか? ハルの過ちを許したボーマン船長のように。
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
正直な話、スタンリー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」には、あまりよい思い出はありません。
いえ、正確には「思い出がありません」と言った方が正しいかも。

私が子供の頃、日曜洋画劇場(金曜ロードショーだったかも?)で何度か放送しているのですが・・・
必ず、途中で寝てしまうんです。
まるで、HALに催眠誘導されるが如く・・・いや、HALが登場する前にすでに寝てしまってましたw

約30年の時を経て、小説版を読破!
実は私、脳の病気の後遺症で多少の視野障害があり、あまり短時間で大量の文字を読むのが得意ではないのですが・・・
気が付けば、2日で読み切ってしまった・・・メチャメチャ疲れたけど・・・。
え~、恥を覚悟で、暴露してしまいますが・・・
「宇宙の旅~♪」なんて楽しそうなネーミングなので、色々な星を巡って旅をするファンタジーだと・・・えぇ、ずっと信じてましたww
まさか、こんなストーリーだったとは!

本編、もちろん楽しかったです。
これから読もうと思っている方のために、あえてストーリーには触れないでおきます。
私が興味を持ったのは「あとがき」。
まず劇場版の「色」に関する考察でした。
「白」と「
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これほど何回読んでも発見がある一冊はないですよね。いや、むしろ発見したいから読んでる
のかも、、

ボーマンとHAL9000のやりとりはスリリングだし、宇宙の描写、とりわけ木星や、土星、そし
てスターゲートを抜けた後の描写は凄いに尽きる。
スターゲート後のめくるめくような展開は、いい意味で淡々としてるというか、あまりの事故
に理解が追いつかないですよね。だからページをめくる手を止めれなくて病みつきになる。

クラークの先見性には脱帽もんだが、今思えば全体的な時代の構想より、もっと内面的な描写
が優れてると思う。例えばフロイド博士が宇宙へ向かう最中に世界のニュースをピックアップ
したものをディスプレイでみながら感慨浸る場面、そうやって便利になればなるほど、物事が
滑稽に見えてくるという、そうゆう人間の精神の向かう先を予測していたクラークは本当に
凄い。

後、個人的に好きなのは第五部のET論の部分とかかな。考えてみれば地球外の知的生命がいれ
ば別に人間みたいな格好じゃなくてもいい訳だしね。そうゆうユーモアというのか何というの
かイメージをかきたててくれる所もいいです(限りなく僕だけのツボかもしれませんが・)。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー