通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫) 文庫 – 2006/7

5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,697 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 391 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)
  • +
  • ノモンハンの夏 (文春文庫)
  • +
  • 昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和二十年八月十四日正午から二十四時間のうちに起きた出来事を埋もれていた資料をもとに再現。映画化され話題をよんだ終戦秘話
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和二十年八月六日、広島に原爆投下、そして、ソ連軍の満州侵略と、最早日本の命運は尽きた…。しかるに日本政府は、徹底抗戦を叫ぶ陸軍に引きずられ、先に出されたポツダム宣言に対し判断を決められない。八月十五日をめぐる二十四時間を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 371ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 決定版 (2006/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167483157
  • ISBN-13: 978-4167483159
  • 発売日: 2006/07
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,464位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
日本の戦後を理解するために必読の本です。

1945年8月15日の天皇の玉音放送に至るまでの緊迫したやり取りが
終戦をやり遂げようとする人々、
終戦を力づくでも止めようとする人々
それぞれの視点で描かれています。

多くの資料や聞き取りに裏づけられていて
描かれているエビソード一つ一つに
当時の人々はこんなことを考えて、
行動していたのかと考えながら読めました。

戦争の終わりであり、戦後日本の出発の日である8/15に
誰が何を考えて動いていたか、
戦後の日本を考えるのにぜひ理解しておきたい内容です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画は見てませんが、本の内容は密度が濃い。 70年前にこんなことがあったなんて、知らなかった というのが正直な感想です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
終戦記念日。こんなドラマがあったとは思わなかった。考えてみれば当然かも。「国体」が変わるのだから、前を向く人、後ろにしがみつく人、誰もが混乱した1日だったと想像する。取材を元にノンフィクションに近い最近一番の秀作でした
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
先に、昔の映画をみて原作が気になり購入しました。
昭和の激動の転換期をじっくりと読んでいきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 前田妙子 投稿日 2016/10/10
形式: 文庫 Amazonで購入
劇場で映画を見られなくてDVDでみて、テレビで半分見て、もっと内容を知りたくて買いましたが映画より良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
もはや70年前の出来事だが、祖父母の代の日常としての歴史。先の戦争における軍部の異常さと、紙一重で歴史が動いているという事を改めて実感。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
非常に有名な作品でありながら、これまで不思議と読む機会が無かったのだが、戦後70年の今年、本作が再び映画化されたということもあり、手にとってみた。私は長いこと、15年の長きにわたる戦争からの疲弊と2発の原爆によって、自然の流れで終戦となったのだと思っていたが、本書を読み、実は、天皇の玉音放送は難産の果ての産物であり、運命のいたずらが起こっていたら放送そのものが未遂に終わり、終戦となっていなかったという"if"が存在していたことを知った。確かに、保守的な思想と政治的影響力を誇り、戦力の大半を大陸に温存していた陸軍を説得するのは並大抵のことでないのは明らかであり、ここに思いが至らなかったのは迂闊だった。実際に軍部の反乱が発生しており、しかも宮城内で発生し、閣僚が監禁され、しかも首相官邸が焼き討ちにあっていたなど、知らなかった。その中で、天皇の玉音放送によって終戦に持ち込めたのは、一つの「奇跡」に他ならない。歴史学の専門家の間での本書の評価については知らないが、本書、少なくとも終戦に持ち込むのが大変な困難を伴うことだったということは、もっと歴史教育の場で伝えてしかるべきだと思った。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 大宅壮一編の前作を結構愛読してきた。映画化されたがその映画も観た。その延長上で本書も読んだ。

 前作は既に手元にないが、本作を読んだ印象では、かなり加筆修正したと思う。著者もあとがきで書いているが
前作を書いた後で分かった史実も色々とあり修正した様子である。但し、それ以上に読んだ時の肌触りが
変わってきている。これはとりもなおさず文体であり文章に負うところがある。つまり著者が個人として
変わってきたということなのだろう。

 言うまでもないが本書の主人公は明示されていない。その日その時の色々な方が為す群像劇と言える。
但し、阿南陸軍大臣の存在感は圧倒的である。主人公は阿南だと言い切っても構わないと僕は思う。
端的に言うと、終戦とは「いかにして陸軍を押さえるのか」という点が大きなポイントであり、
それを内部から成し遂げた方が阿南であるということだ。

 ではどう「内部から成し遂げた」のか。

 阿南の自決にそれを求める向きも多いに違いあるまい。玉音放送前に切腹するというある種の美学
が陸軍を抑え込んだ面はあろう。但し、阿南はそれ以前の段階での活躍が光ったと思う。即ち、
陸軍を押さえつつ、敗戦に持ち込んでいった軍人であったと
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
戦争を終結するために、昭和天皇の放送が実行されるまでにこんなに大変だったことを初めて知りました。もしクーデターが成功していたら、日本人がさらに犠牲にされ、私自身は生まれていなかったと思います。戦争は始めるのは簡単でも終わるためにはたくさんの犠牲がつきものだということを私も含めて戦争を知らない世代は想像できません。このような本は特に義務教育を受けている子供たちにも紹介すべきです。この本そのままは小学生には難しいので、漫画にしてもよいのでは。
本を読んだ後で、映画を見ました。映画は口論の場面が多すぎてストーリーが分かりにくいところも多かったので、先に本を読んでいてよかったと思いました。今、軍備を増強している人たちは自分たちの生きているうちは戦争がないので平気で戦争の準備をしているように感じられます。
国会議員たちは、この本と映画をみて、再度戦争のばからしさを考えるべきではないでしょうか?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー