中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

決定版 センター試験 英語[文法・語句整序]の点数が面白いほどとれる本 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/10

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大好評「竹岡センター英語」の改訂版。「熟語問題」の新項目を追加し、さらに内容充実

出版社からのコメント

言わずと知れたカリスマ英語講師・竹岡広信先生のデビュー作にして代表作の1つである「竹岡センター英語」の3度目の改訂版がいよいよ刊行。差がつかなそうでじつは差がつく「文法・語法問題」、パターンがあるようでじつはない「語句整序問題」の2大テーマに、近年の新傾向である「熟語問題」を追加。知っていれば天国、知らないと地獄という"合否分け目"の出題への対策はこれでバッチリ。センター「英語(筆記)」の対策は、この本なくして始まらない!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 254ページ
  • 出版社: 中経出版 (2010/9/10)
  • ISBN-10: 4806138460
  • ISBN-13: 978-4806138464
  • 発売日: 2010/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,847位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
センター過去問を解いてみて歯がたたない人が、もう少し類題をまとめて演習して知識を体系的に身につけたいときにはうってつけの本。センター試験の問題をよくぞここまできちんと分類したと感服した。特段解説など書かなくても、ごまかしなくきちんと分類するだけでいい問題集はできるのだ。分類の素晴らしさ、引いては著者の問題の本質を見抜く目の鋭さがこの本を近い将来センター対策の決定版にするであろう。文法問題集は他に数あれど、フォレストの問題集は文章が単純で簡単すぎるし、河合のマーク問題集はマニアックな問いが多いし問題の分類に納得がいかないものが多いので、いずれもきちんとやりきる気にならない受験生が多いと思う。そうした人たちにこそ何よりこれをおすすめする。

このシリーズは他に現代文と古文・漢文をやってみたが、英語の方が遥かに、同じシリーズに入っているのが可哀想になるくらい質が良い。結局竹岡先生という人の仕事であるということに尽きる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Amazonで在庫がなくなると、ぼったくり業者が横行しますが、この本がAmazonで品切れになってもあわてることはありません。

なぜなら、数ヶ月待てば改訂版が新たに発売されるからです。

ちなみに、同シリーズのアクセント編と整序問題編の2冊は合冊になって同時期に改訂版として出版されることになっています。

人の足元を見てぼったくりする業者は無視し、数ヶ月待って改訂版を買いましょう。

中経出版とKADOKAWAが合併した影響もあるとのことでした。
以上の出版情報はKADOKAWAの編集部に直接聞いた話なので確かです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この「〜の点数が面白いほどとれる本」の系統は、当たりハズレが
大きいということはよくきき、
また、そもそも読解は単語を覚えて、あとはなんとなく読んで
問題をといてみるといった勉強方法になりがちである。

しかし、この竹岡先生のセンター試験の読解の本では、
本当に読解力をつける為の方法が明記されていて、
センター試験を受ける受験生や彼らを指導する教師にも
読むべき本であるように思う。

センター試験は、かなりの良問ぞろいで、長文の場合、
単に「この行にこう書いてあるから」という理由で
正解が決まらず、内容を正解に把握しなければ答えられない
問題になっており、それを考慮しながら解いてみると、
興味深く、面白い問題であることが実感できる。

受験において、英語ではなぜか読解が軽視されているように
思え、文法を必要以上に重視しているように思える。
文法を学ぶのは、英語を使えるようにするためで、
問題を解けるようにするためではない。
それを駆使して、会話をしたり、文章を読んだり、
文章を書いたり・・・
そうした英語を使えるようにするためのものであることは
確実である
...続きを読む ›
1 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あまり早い時期に利用すると、この本の長所が出てこないと個人的には思います。

というのも、解説がやや薄めなので、それなりに知識量が貯まった
段階で取り組むのがいい、と感じるからです。

その分、秋から直前にかけてのスパート!には最適ではないでしょうか。

オリジナル問題、熟語問題も豊富なので、
近年のセンター英語の「ツボ」がしっかり押さえられている
いい本だと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現在のところ、センター読解最良本ではありますが、ここ③年くらいの問題は載っていません。扱われなくなった形式の問題を飛ばせば、半分くらいのページ数ですみます。あとは過去問・河合マーク・駿台センター実戦で演習するしかないですね・・・と思ったのですが、そろそろ改訂版が出版されます。スクランブル英文法 or Next Stageなどが完璧であることと速読英単語必修編がCDと同じスピードくらいで読めることを前提に計画を立てますと、8月中に改訂版を2周して(もう出題されない形式はとばしていいと思います。)、9月に駿台過去問を10回分解き(それ以上古い問題でも良問なら改訂版に掲載されているはず)、復習。10月に河合塾マーク総合、11月に駿台センター実戦。12月以降復習、駿台センター模試と河合マーク模試を受験すればまだ間に合いますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー