通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 光来堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー上部に軽いヨレがありますが、書き込みや角折れ・目立った汚れはなく全体的に綺麗な状態です。【お急ぎ便対応のAmazon配送センターより迅速に発送致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計 単行本 – 2004/6

5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 2,966

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計
  • +
  • 会計参謀-会計を戦略に活用する-
  • +
  • 「管理会計の基本」がすべてわかる本
総額: ¥8,316
ポイントの合計: 192pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビジネスにおいて有効な武器となる「管理会計&戦略会計」の本格的かつ取り組みやすい入門書。「なぜ?」を徹底追究した大作。

ビジネスにおいて有効な武器となる管理会計と戦略会計を、実務の確かな裏付けのもと、本格的かつ非常にわかりやすく解説しました。
第1部では、管理会計を取っつきにくくしている原価計算理論について解説します。管理会計の視点から原価計算理論を見ることにより、難解な原価計算理論のアウトラインをすっきりと浮かび上がらせます。管理会計を学ぶにあたっての必要最低限の知識となります。
第2部では、CVP分析と直接原価計算について解説します。変動費・固定費・キャッシュフローがどういった形で役立っているのかに注目します。これらは管理会計を学ぶにあたっての基礎学力となります。
第3部では、戦術会計と戦略会計について解説します。「そのプロジェクト」は機会利得を生むのかどうか、を見るために、様々な道具が登場します。
企業経営者・実務担当者と多くの議論を重ねてきた著者だからこそ書ける、たしかな手応えを感じる好著です。

内容(「BOOK」データベースより)

多くの企業経営者、実務担当者と議論を重ね、経営を見てきた著者だからこそ書ける、実務に裏付けられた管理会計・原価計算・戦略会計の理論をていねいに解説した好著。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 639ページ
  • 出版社: PHPエディターズグループ (2004/06)
  • ISBN-10: 4569635903
  • ISBN-13: 978-4569635903
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.4 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
企業で損益管理をしていますが、実務上でもっとも役に立った管理会計の本でした。

他の管理会計の本は、それこそ「教科書通り」のことしか書いておらず、実務で直面する様々な課題に対応できないのが実情と感じます。

それに対して、この本は実際に企業で損益管理をしている人の悩みや苦労をよく理解してくれていることが、端々から分かります。私自身も、この本から多くのヒントをもらいました。

逆に言うと、管理会計を専門にしていない人には、かなり難しく相当荷が重いと思います。

最近、ようやく管理会計の重要性が認知されてきたように思いますが、まだまだ良書が少ない状況です。初心者から実務担当者まで、それぞれのニーズに合わせた書籍が出てくることを切に望みます。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
専門学校に通い、簿記1級の勉強をしていていました。
授業では解き方を教えてもらえるので、とりあえず解けるようになりました。

ただ、このタイプの問題のときはこう解くということがわかるだけで、
それ以上でも以下でもないため、何が楽しいのか分かりません。
意味が分からないと、苦痛以外の何物でもないし、少しでもやらない時期があると
完全に忘却の彼方に消えてしまいます。
さらに、ひねった問題のときに、どうしようもありません。
そのうえ、そういうタイプの問題に対応できるようになるまでに長時間を要します。

この本を読むと、なんとなくではありますが、下書きを書くときに
イメージを持ちながら書けるようになります。
総合原価計算をするときも、標準原価計算をするときも、製造間接費の計算するときも。
管理会計全体のイメージを持ちながら解けるようになると、
実力の上がり方が違います。

一般の受験本と違って、この本はそれができます。
ということで、お勧めです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
簿記1級を独学で勉強しています。

テキストや問題集だけでは、理論や計算式の背景までは
理解できないことが結構あるのですが、
本書は、そこをカバーしてくれます。

本書はある意味、企業小説です。
経理部や工場など会計や原価計算に関係する人たちが登場し、
実際の現場のような会話が進んでいきます。
その中で理論や計算式を説明してくれます。

また、読んでる途中で気づいたのですが、
工業簿記・原価計算のテキストの章立てと
本書の章立てがほとんど一致していました。

テキストでわからない箇所を、本書でピンポイントで
読むといった使い方もアリかもしれません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
楽しく読めます。ボリュームがあるように見えますが、読むと比較的砕けた文章なのでサクサク読み進められます。
著者のお人柄がそこはかとなく感じられる事例設定や文章が私は好きです。無味乾燥に陥りがちな会計のお話が少しは身近に感じられると思います。
この人の本は買いだな、と個人的にはマークしてます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
会計システムの開発者ですが、会計業務の理解の一環として読んでいます。
読んでいる途中ですが今のところの感想としては

・数式が少なくグラフや図での解説が多いことにより、ビジュアルによるイメージが湧き理解しやすい。
・解説された理論をどのように実務で使うか、というところに対しての例が架空の会社を舞台にしたストーリー仕立てで解説されていて、読みやすいうえにどんなシチュエーションで使うかが良くわかる。

と思っています。

ある程度会計に触れたことのある人であれば、"読んでみたけど良くわからなかった"なんてことにはならない本だと思いますし、ここで得た知識をどのように使うかというところまで理解できる貴重な本だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一見「○○回顧録」と見紛う厚みの本だけど、
1節は、頁数にすると5〜6枚、A4なら1〜2枚程度。ちょうど週刊誌見開き分でしょうか。

目次を見たときにはギョッとしましたが、読んで納得。
最初から読むのもいいですが、読み拾いもできるし、
いろいろな読み方はあると思います。

図表がいいですね。
「ありそう」な話に苦笑しながら、読み易く、また示唆深い内容の良書です。
実務家もでしょうが、管理職の方にもお勧めですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック