通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 元図書委員長
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★コンディションガイドラインから見て美本★ 迅速丁寧に雨でもOKプチプチ完全防水発送。 帯無し。 amazon本のコンディションガイドラインにそって出品しています。 ぱっと見キレイですが、表紙カバーにスレ、シワがあり使用感があります。 ページの書込み、ライン引き度は5%以内と思われます アルコールクリーニング済み。 十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる読むには問題ないと判断される 書込・キズ・汚れ・折れ・やけ・経年の痛みがある場合、ご容赦下さい。 万が一購読等に支障をきたすような場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して 対応させていただきます。 ゆうメール便でアマゾン登録のご住所に発送しますが、投函されず戻ってくる場合があります。 再度ご住所に【**様方】【部屋番号】等正確に登録されているかご確認お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」 単行本(ソフトカバー) – 2009/6/26

5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,403 ¥ 416
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
  • +
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界的大不況の中、今あらためて注目されているマルクスの「資本論」。池上彰が高校生との14時間の集中講義で、「資本論」とは何か、を解き明かす。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池上/彰
1950年長野県生まれ。1973年にNHKに入局。記者として災害や事件、消費者問題などを担当し、1994年から11年間は「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリー・ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/6/26)
  • ISBN-10: 4834251594
  • ISBN-13: 978-4834251593
  • 発売日: 2009/6/26
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大変わかりやすかったです。」高校生向けと言うことですが、この分野の本は年齢は関係なく難しいので貴重な本だとお思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
わかりやすく、むづかしい資本論を解説してくれています。読めば資本論の大筋がわかります。商品の価格は労働の対価、経済の仕組みなど自分のなかに経済のフレームが出来ました。マルクスは偉大です。本書を読めばわかりますが、資本論は決して社会主義の本ではありません。マルクスはこのままでは資本主義が行き詰まり、社会主義革命が起こるよ、と言っているだけです(解釈の仕方は色々あるようですが)。中国など社会主義国が実質ものすごい資本主義国になっていたり、北欧の国が実質社会主義国みたいなものだったり。国の形は面白い。この本が解き明かしてくれます。  書いてある内容はアダム・スミスの国富論と多少被ります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
マルクスの「資本論」は、その日本語訳は難解とされる。よって私はまず「まんがで読破 資本論」「まんがで読破 続・資本論」を読んでから、次に本書を読んだ。本書は、筑摩書房刊行のマルクス・コレクションIV・V「資本論 第一巻」から抜粋した文章を、著者が高校生に語りかけるような口語で、原著の難解さに同情を示しながらも噛み砕いて解説。単なる原著の解説に終始せず、マルクス以後のソビエト、中国、ケインズ、チャベスらにも触れて、読者に現代の生きた経済にも興味を持たせる内容。日本は、中曽根首相、小泉首相らが新自由主義を広げ、派遣労働が解禁、ふと気がつくと「むき出しの資本主義は格差を拡大し、貧富の差を広げ、恐慌を引き起こすから改良しよう」と、(日本の経済学部ではかつてどこでお教えられていたマルクス経済学を学んだ指導層がp24)やってきたことがみな失われ、マルクスが分析した19世紀の資本主義にかなり戻ってしまった(p283)としている。本書を読後、マルクスの原著の和訳を読んでみたが、理解は容易になったが、英語訳に較べるとなお難解であるのは間違いない。本書が再販の時にリクエストしたいのは、本書で解説されている部分が資本論の第何章にあたるのかを付け加えて欲しいという点。最後に本書の以下の指摘は鋭い。

中国は、まだ「社会主義だ」と主張しているけれど実態は、日本よりもむき出しの資本主義。社
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大学の経済学でマルクス経済のレポートを書かなければならなかったのですが、教授が書いた指定テキストは文章が難解で10行くらいで読むに耐えないテキストで困っていました。
(「AとはBではない。Cでもない。(以上)」という文章だらけで「結局Aとは何なんだよ!」とつっこみを入れたくなるテキストです。。)。

しかし書かなければならないのは変わらないのでこの本を購入したところ、スラスラと違和感なく理解することができ、その後に教授の指定テキストを読むと言葉が難しいだけで同じことが書いてあるのだと思いました。
とてもありがたかったです。

ありがとう、池上先生。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
池上彰さんによるマルクスの資本論を解説した本。

資本論の文章を抜き出し、その解説をしていくという流れになっています。

その解説なしでは一体何の文章なのか分かりません・・・

ただあとがきに池上さんも大学時代に挫折したことを告白しており誰にとっても難しい文章なのです。

そして単にマルクスがわかりやすい説明をしていないこと。

華麗なレトリックの数々はいったい誰に読んでもらおうと思って書いたのか?という部分には

強く同感しました。

資本主義とは何か、資本とはどういう働きをしていくのか、

資本主義をあまりに放っておくと酷い状況を生み出すメカニズムなどが分かります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
マルクスの資本論について解説する書籍というと、左派バリバリのイデオロギーに
染まった書籍かと思われがちですが、この本はその点に注意深く配慮してあり、非常にバランス良く書かれています。

マルクスの資本論の労働価値説、貨幣論、剰余労働などの基礎的な用語について
資本論の最新の現代日本語訳を随所に引用しながら、同時に現代社会の卑近な例を用いて噛み砕き
非常に分かりやすく実況中継風に解説してあります。

書名には高校生と銘打ってありますが、大学生や社会人が読んでも知的欲求を満たすことが出来る内容です。
マルクス経済学の入門書としても、最適なのではないかと思います。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー