通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ 単行本 – 2016/9/7

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 949

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ
  • +
  • はじめてのサイエンス (NHK出版新書)
  • +
  • 考える力がつく本 ―本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門
総額: ¥3,866
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した、
大隅良典氏との特別対談を収録!

生物の基礎から、ノーベル賞受賞の「オートファジー」の仕組み、
遺伝子からゲノムまで、生命科学のすべてがこの1冊でわかります。
池上さんが質問し、最先端の研究をしている東工大の教授が解説することで、
これまでになくわかりやすい「生物の教科書」が誕生しました。
【目次】
●第1章 「生きているって、どういうことですか」
(高校の教科書はなぜ変わったのですか
生命科学とはどんな学問ですか ほか)
●第2章 「細胞の中では何が起きているのですか」
(代謝とは何ですか
タンパク質は何をしているのですか ほか)
●第3章 「死ぬって、どういうことですか」
(細胞はいつも増え続けているのですか
細胞がいつもリニューアルしているって本当ですか ほか)
●第4章 「地球が多様な生命であふれているのはなぜですか」
(地球上にこんなに多くの種類の生物がいるのはなぜですか
両親のゲノムから子どもの特徴は予測できますか ほか)

【特別対談】 「どうして今、生命科学を学ぶのですか」
ここでは池上さんが、東京工業大学の大隅良典 栄誉教授から、
生命科学の楽しさ、生命科学を学ぶコツを引き出します。
この本の中でも、タンパク質のリサイクル、
細胞のリニューアルについてご解説いただき、
『オートファジー』の研究で
ノーベル医学・生理学賞受賞者である大隅教授は、
どのようにして生命科学を学んできたのでしょうか。
===================
大隅良典(おおすみ よしのり)
1945年福岡県生まれ。東京工業大学栄誉教授。ノーベル医学・生理学賞受賞者。
所属は科学技術創生研究院。
東京大学理学系研究科博士課程修了。
ロックフェラー大学、東京大学、基礎生物学研究所などを経て現職。
細胞が内部のタンパク質を分解して再利用するオートファジー(自食作用)のしくみと意義を分子レベルで解明。日本学士院賞、朝日賞、ガードナー国際賞、文化功労者、京都賞、国際生物学賞など、数々の賞を受賞している。
===================
●東工大で生命科学が必修科目になったのはどうしてですか
●高校までの生物の教科書はどうしてわかりにくいのですか
●「生物は暗記科目」というイメージがあるのはなぜですか
●生命科学はこれからの社会に必要ですか
●生命科学の教科書はどんなふうにしたいですか
●生命科学はどこから勉強すればよいですか

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池上/彰
1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。東京工業大学特命教授。慶應義塾大学卒業後、NHKで記者やキャスターを歴任、94年より11年間『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。2005年からフリーランスとして多方面で活躍

岩崎/博史
1961年、鳥取県生まれ。東京工業大学教授。所属は科学技術創成研究院細胞制御工学研究ユニット。大阪大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。文部省在外特別研究員としてYale大留学、横浜市立大学教授、東京工業大学大学院生命理工学研究科分子生命科学専攻教授などを経て、現職。文部科学大臣科学技術賞、日本遺伝学会木原賞などを受賞

田口/英樹
1967年、兵庫県生まれ。東京工業大学教授。所属は科学技術創成研究院細胞制御工学研究ユニット。東京工業大学大学院総合理工学研究科生命化学専攻博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、東京工業大学助手、東京大学大学院准教授などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022514051
  • ISBN-13: 978-4022514059
  • 発売日: 2016/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,543位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
池上彰氏の質問と東京工業大学教授の岩﨑博史氏、田口英樹氏の回答で構成する生命科学の入門書。
「最初の生物はどんなものだったのですか」、「オスとメスがいるのはなぜですか」との根源的な質問から、「DNA、遺伝子、ゲノム、染色体はそれぞれどう違うのですか」、「クローン、ES細胞、iPS細胞とは何ですか」といった、テレビや新聞などでよく耳にするものの、素人にはよく分からないことまで、池上氏が質問し、両教授が丁寧に回答している。
<私たちの存在は、偶然に偶然を重ねた結果なのだということがよくわかる本になりました。進化はよく、「環境に適応して生き延びてきた」という言い方をされます。目的があって、それに向かって生物は進化してきたかのような言い方です。しかし、実際はそうではありません。生物は突然変異を繰り返し、たまたま環境の変化に適応できる種が生き残ってきたのです。それはもう偶然としか言いようがありません。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」を繰り返してきたのです。>と池上氏は「おわりに」で記述している。
「偶然としか言いようがない」と同時に、「偶然にしては出来すぎている」と「生命のしくみ」に素直に驚く事ができる1冊である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
生物学は英語でバイオロジー(biology)だが、生命科学はライフサイエンス(Life Science)だという。東京工業大学で特命教授をしているジャーナリストの池上彰氏が、生命科学について東工大の生命科学の2人の教授と対談した内容をまとめたもの。さらに、オートファジー研究成果でノーベル賞候補になっている大隅良典栄誉教授との対談も収録されている。

境界・自己増殖・代謝。DNAがなぜらせん構造をしているのか。アミノ酸とタンパク質。セントラルドグマ。DNAからRNAを作る転写、RNAからタンパク質を作る翻訳。シャペロンの役割。多くの細胞は入れ替わるが、神経細胞は基本的にリニューアルされない。アポトーシス。多様性。レトロトランスポゾン。ゲノム編集。これからの生命科学はどこを目指すのか。わかりにくいところや、誤解しやすいところは、文系代表として池上氏が持ち前の質問力で聞いて回答を引きだしている。また、池上氏は時々、生命のメカニズムと人間社会の仕組みを比喩的に重ねて感想を述べている。

悪い本ではない。ただ、初歩的な話が多い。それがいけないということではないが、せっかく長年専門の研究をしてきた人たちとの対談なので、基礎的な話だけでなく、特に後半ではもう少し最先端の話を多く盛り込んでもよかったのではないか。ノーベル賞候補として有名な人の名前も載っていた
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
生物学について少しは知っとかないと時代に乗り遅れるな、と思っていたところに本屋で見つけて、池上さんのわかりやすい解説に期待して購入。
途中まで読んでそのままになっていたが、昨日、大隅良典先生のノーベル賞受賞の報があり一気に通読した。

生命の仕組みを全然理解してない私のような者には実にわかりやすい。今までこの手の入門書を手にとっては挫折を繰り返してきたが、本書は会話形式なので読みやすく生命の仕組みの概要がわかった気になる。何がわかったかというと、生命ってのは実にうまくできているのだなぁってことである。それから、生命の進化における多様性やムダの重要性や、進化とは実は「変化」である、というのは目からウロコであった。
池上さんが例える生命の仕組みの擬人化や比喩も素人的には非常にわかりやすかった。

著者に大隅氏は入ってないが、帯にあるように池上彰×大隅良典の特別対談が最後に掲載されている。特別対談は、本書のメインの内容である生命の仕組みを解説するわけではなく、大隅氏が生命科学を学ぶ意義について池上さんと会話しながら持論を展開する。大隅氏の生物への愛がノーベル賞の研究につながったのではないかと思わせる記述もある。
あと、特別対談以外でも、大隅氏自身が今話題のオートファジーについて解説する部分も載っていてお得な気分になった。

ノーベル賞受賞のお祝いも含めて星五つ!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kinokochi 投稿日 2016/11/10
形式: 単行本 Amazonで購入
生命と偶然の関係がはっきりとわかりました。
DNA,RNA,タンパク質、アミノ酸、すべての発生の順番が興味深いです。
すべてが出揃ったのちに、セントラルドグマの出番です。

このように理解が深まって、生命が偶然できたのか、偶然以外の力が考えられるのか、よく考えることが出来ます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告