通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 使用感が少なく綺麗な状態です。特に記載の無い場合はCD、付録等はございません。中古商品の為、見落としによる傷みや汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

江戸時代の呂氏春秋学:山子学派と森鐵之助・新出注釈二種【解説と翻刻】 新書 – 2017/6/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2017/6/26
¥ 12,960
¥ 12,960 ¥ 11,000

booksPMP

本全品10~20%ポイント還元中(プライム会員限定)

本全品10%ポイントに加え、プライムデー期間中Amazonの全商品対象に合計10,000円以上のお買い物でさらに最大10%のポイントも加算され最大20%ポイントに。 詳細はこちら
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員のお客様は10%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



本日23:59セール終了
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催中。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

これまで現存が確認されていなかった山子学派の『呂氏一適』と、近世末の忘れられた学者・森鐵之助の注釈を初めて翻刻。
この二種は、江戸時代における『呂氏春秋』注釈の中で質量ともに最も優れたものに数えることができ、中国思想史はもとより日本思想史にこそ重要である。『呂氏春秋』研究における意義を明らかにする解説を付す。

■もくじ
はじめに
解 説
  第一章 日本における『呂氏春秋』の受容
    第一節 『日本國見在書目録』以降、室町時代末までの記録
    第二節 『呂氏春秋』明版の中国からの舶来
    第三節 『呂氏春秋』の和刻本
    第四節 江戸時代の『呂氏春秋』注釈書の概要
  第二章 『呂氏一適』と森鐵之助の『呂氏春秋』注
    第一節 片山兼山著とされている『呂氏一適』
    第二節 森鐵之助の『呂氏春秋』注
翻 刻
  『呂氏一適』 補『呂子考』抄
  森鐵之助の『呂氏春秋』注釈
あとがき


■「はじめに」より
江戸時代における先秦・秦漢の諸子研究は盛んで、『荀子』、『孫子』、『管子』、『韓非子』、『説苑』等には優れた注釈があり、それらの中には刊本のあるものもあり、広く行われた。そのような中で、『呂氏春秋』については比較的手薄で、江戸時代に邦人の注釈が刊行されたものはなく、写本で残されたものも少ない。中にはなかなかに優れた成果もあったようであり、近代中国の注釈家たちによって大いに活用されているものすらあるが、書名のみが伝わるものも少なからず、現存するものが少なく、その実態はとらえがたい。このような状況の中で、本書は、これまで現物の存在が確認されていなかった、従来一般に片山兼山著とされてきた『呂氏一』と幕末明治初期の大和出身の無名の学者森鐵之助の注釈を翻刻し、両者の江戸時代における『呂氏春秋』研究に占める位置を確認するための解説を付するものである。
江戸時代に比較的広く利用されたと思われる荻生徂徠の『讀呂氏春秋』は「審應覽・具備」までで中断されており、全編にわたって注釈が施されているものでも、徂徠をはじめとする若干の先人の説の引用が多くの部分を占めている。その中で、『呂氏一適』と森鐵之助の注釈は、詳細さにおいて、またそのほとんどが自家の説であるという点で、他にほとんど類を見ない。現存が確認されていなかったということ以上に、特にこの点に両者の意義があると考える。
本書は、前編「解説」と後編「翻刻」とに分つ。『呂氏一適』の翻刻には、片山兼山の学統、いわゆる「山子学」の『呂氏春秋』研究の成果をできるだけ紹介するための一助にするべく、片山兼山著・萩原大麓訂補『呂子考』の内容の『呂氏一適』を補う部分を当該箇所に付け加えた。
このような翻刻を行ったわれわれの意図は、従来知られていなかった江戸時代の『呂氏春秋』を紹介することによって、この時代の先秦諸子研究の全貌把握の一助とすることのみではなく、むしろ山子学派および森鐵之助らの『呂氏春秋』注釈が、当代の『呂氏春秋』研究にも十分に貢献しうると判断したからである。このように判断する根拠の一端については、「解説」の第二章第二節(三)および第三節(二)においてやや詳しく述べる。
翻刻の方針の詳細については、後編の凡例にゆずる。翻刻の底本は編者の架蔵本である。

出版社からのコメント

これまで現存が確認されていなかった山子学派の『呂氏一適』と、近世末の忘れられた学者・森鐵之助の注釈を初めて翻刻。
この二種は、江戸時代における『呂氏春秋』注釈の中で質量ともに最も優れたものに数えることができ、中国思想史はもとより日本思想史にこそ重要である。『呂氏春秋』研究における意義を明らかにする解説を付す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 468ページ
  • 出版社: 中国書店; A5判上製版 (2017/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903316580
  • ISBN-13: 978-4903316581
  • 発売日: 2017/6/26
  • 梱包サイズ: 21 x 16 x 3.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 510,052位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう