Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 560

¥ 45の割引 (7%)

ポイント : 16pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[江戸川乱歩]の江戸川乱歩・少年探偵シリーズ(1) 怪人二十面相(ポプラ文庫クラシック)
Kindle App Ad

江戸川乱歩・少年探偵シリーズ(1) 怪人二十面相(ポプラ文庫クラシック) Kindle版

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 560
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1

紙の本の長さ: 275ページ

商品の説明

内容紹介

十年以上を経て突然帰郷した羽柴家の長男、壮一。折しも羽柴家には、ちまたで噂の盗賊「怪人二十面相」からロマノフ王家に伝わる宝石を狙った予告状が届いていた。変幻自在の愉快犯・怪人二十面相と名探偵明智小五郎、記念すべき初対決の幕が開く。

内容(「BOOK」データベースより)

十年以上を経て突然帰郷した羽柴家の長男、壮一。折しも羽柴家には、ちまたで噂の盗賊「怪人二十面相」からロマノフ王家に伝わる宝石を狙った予告状が届いていた。変幻自在の愉快犯・怪人二十面相と名探偵明智小五郎、記念すべき初対決の幕が開く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 31762 KB
  • 紙の本の長さ: 176 ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2008/11/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00YMICIEW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 45,394位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この作品が少年探偵団シリーズの第1巻となります。
当時読んだままの表紙・挿絵には感激しました。
何十年ぶりに読んでみても怪人二十面相や明智小五郎、小林少年
の登場にワクワクさせられます。
また、この第1巻のあとがきには驚きました。
未読の方のために誰が書いたかは明かしませんが、
ポプラ社のこのシリーズ刊行にあたっての粋な計らいかと思います。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
漢字にはルビふってるし 文字は程々に大きいし 大変読みやすい。

おまけに 美しい文章で 読んでて全くストレスを感じない。
あらためて日本語の美しさを 再認識させられた。

スマホ等でゲームに興じてる現代っ子と 物には恵まれなくとも このような美文にせっすることが出来た 当時の子供とはたしてどちらがしあわせであったかを 考えさせられた。

ちなみに 昔の出版物は ルビが細かくふられていたそうで 今も手を抜かずルビをふれば 本離れの1解決法になるのではないだろうか。

そんな出版社が 一社くらいあってもいいとおもうのだが
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
.
小学生のとき図書館から、手当たり次第に乱歩の「少年探偵団シリーズ」を借り出した時期があった。

友人の中には、このシリーズで「初めて厚い本1冊全部読んだ」というひとも多かった。

とにかく、怪しい犯罪のにおいのする事件に小林少年と明智探偵が胸のすく解決をしてくれる・・・

怖いもの見たさと、「最後は明智探偵がいる」安心感で、乱歩の作り出す小説の世界にはまり込んでいた。

友達と、「少年探偵の隠れ家」をつくって、「探偵道具」をひそかに隠していたことも懐かしい。

乱歩の「少年探偵団シリーズ」は、少年向け読み物として不朽の名作と称してよいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
少年探偵シリーズにおける本作の位置や意義は他のレビューアーの通りですが、子供の頃、
小学校の図書室でむさぼるように読んだ人も、そうでない人にもオススメできます。

昔読んだ人には懐かしい挿絵が郷愁を誘います。初めての人にも、肩のこらない娯楽小説として楽しめます。
つまり現代の読み手がプロットやトリックを云々するのでなく、純粋に楽しむ読書のための良書です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
有名な乱歩のこの小説は変装小説の到達点だと思う。シャーロック・ホームズもアルセーノ・リュパンもよく変装することで有名だが、探偵小説の中にある変装という要素を最も面白く料理したのは、「怪人二十面相」であると思う。そのために、必読の名作である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者の少年探偵団ものの第一作である。
本作の執筆当時、著者がこの手のジュヴナイルに難色を示していたことは、有名である。
しかし、著者が本作を執筆してくれたおかげで、その後の子供達が、何十年にもわたって、本シリーズを読み継いでいくことになったのだ。

記念すべき第一作は、したがって、著者にはまだジュヴナイルのノウハウがあまりなかったため、十分に大人の読者の鑑賞にも堪えられるものとなっている。
もちろん、そこはやはりジュヴナイルであるから、残酷場面やらなんやらの描写はない。
二十面相の設定だって、人殺しが嫌い、というんだから。

しかし、羽柴家からの逃走手段やらなにやら、もう工夫しまくっているところが実に楽しい。
これが後の作品になると、けっこう安易になっちゃうんだが、本作はそのあたり、かなり丁寧に造られている。
そしてなんといっても、怪人対巨人、のシーンがある。
本作のキモはこれだ。
こんな静かな、しかしひとたび触れれば感電しそうなほどの電気が充満したような雰囲気は、シリーズの他の作品にはない。
これだれでも、本作を読む価値がある、というものだ。

そして、なんといっても昭和初期の時代の雰囲気。
「三丁目の夕日」のもっともっと
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 176 投稿日 2011/11/6
形式: 文庫
小学校高学年になって、図書室で読み漁ったのを覚えてます。特別本も好きではなかったのに、灰燼二十面相は全部読みました。当時は、「サーカスの怪人」の骸骨とかすんごく怖かったし、でも、どんどん読み進めて・・・終わって・・・また借りて・・・ってやってたのを思い出しました。今でも図書館に行けばあるけど、学校の図書室にあったハードカバー?かな。あれやったら良かったな〜。内容はかわらんけど、あの時の本のままで、「懐かしい」を家で味わいたいな。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover