この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


江戸和竿職人 歴史と技を語る (平凡社ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) – 2006/7/11

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 10,184 ¥ 2,980
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

和竿作り一筋七十年の職人が、六代にわたる江戸和竿総本家「東作」の秘伝を公開しつつ、和竿という素晴らしい日本の技術と歴史を、そして竹と人の文化の豊かさを、あますところなく語りつくす。後世に遺す、誇るべき職人文化の深奥の記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松本/三郎
1920(大正9)年、天明年間から続く竿師「泰地屋東作」四代目の松本政次郎の三男として、東京の下町、稲荷町に生まれる。尋常小学校卒業後、父親に弟子入り、和竿と江戸・東京釣り文化の保存に取り組む。ことに塗りの技術にこだわり、新風を吹き込んだ。五代目の長兄亡き後、六代目を襲名。現在、東京和竿睦会会長

かくま/つとむ
鹿熊勤。1960(昭和35)年、茨城県生まれ。文筆家。釣りを含む自然遊び、環境問題、伝統文化、手工業、農林水産などの分野で、活発に取材を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: 平凡社 (2006/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582765807
  • ISBN-13: 978-4582765809
  • 発売日: 2006/7/11
  • 梱包サイズ: 16 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 337,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2013年8月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2013年5月26日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入