通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
江戸を造った男 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

江戸を造った男 単行本 – 2016/9/7

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,541

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 江戸を造った男
  • +
  • 頂上至極
  • +
  • 落陽
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 103pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

あらゆる事業に通じる仕事の極意

プロ経営者、と呼ばれる人がいる。

内部昇格ではなく、外部からの招聘によって企業のトップに就任する。しがらみにとらわれず改革を断行し、人員整理をすることができる。ドライな欧米流という印象が強く、日本の風土にはなじまないとする意見も多いけれども、じつを言うと、四百年前の日本にもそういう人がいて、しかも結果を出したのである。

その名を、河村瑞賢(ずいけん)という。デビュー十周年をむかえる伊東潤の新刊は、その生涯を描いた歴史小説だ。

河村瑞賢(本書では「河村屋七兵衛」)は、もともと材木商だった。

かの江戸中を灰にした明暦の大火が起きたとき、誰よりも早く木曽へ行って、ごっそりと木材を買い入れて復興特需で富を築いた。ただしこの商売はきわめて清潔におこなわれたし、富は庶民に還元されたため、結果として最高の社会奉仕となったのである。徳川幕府および諸大名は、これで瑞賢に注目した。当時の日本は幕府発足後約六十年、国土開発の全盛期で、巨大プロジェクトを遂行できる優れたリーダーが求められていたのだ。

為政者は、さまざまな依頼を瑞賢にした。

国家海運の大動脈というべき西回り航路の整備。越後国上田銀山の開発。淀川と大和川の治水工事。ただちにやらなければ江戸の食糧難は深刻になり、日本の経済が停滞し、多くの人命がうしなわれる。分野も、目的も、工法もまったく異なるこれらの大事業を瑞賢がみごと成功させ得たのはなぜか。そのヒントは、たとえば瑞賢の保護者である幕府老中・稲葉正則のせりふにある。

「いかにもそなたには(中略)知識がないだろう。しかし、そなたは多くの者どもを使い、大きな事業を推し進める方法を知っている」

つまり瑞賢は、人を使うのが上手だったのだ。なるほどそれなら材木商をはじめ、あらゆる事業に通用する。むろん反撥もされるのだが、それもふくめて、人の上に立つものの徳とは何か、その具体的な姿を読者はまのあたりにするはずだ。

本書は歴史小説である。「プロ経営者」などという語は出てこない。河村瑞賢という人物自体もじつは多分に伝説をふくむが、しかし作者はあえてその一代記を仕事中心に描くことにより、小説好きのみならず、ひろく一般の職業人に何ごとかを伝える意図があるようだ。以て気概を見るべきだろう。なお本書の瑞賢にはただひとつ、現代のプロ経営者と正反対のところがある。彼はぜったいに人員整理をしなかった。

評者:門井 慶喜

(週刊文春 2016.11.21掲載)

内容紹介

伊勢の貧農に生まれた七兵衛(後の河村瑞賢)は江戸に出て、
苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦3(1657)年、
明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。
やがて幕府老中の知遇をえて幕府の公共事業に関わっていく。
日本列島の東廻航路・西廻航路の整備や
全国各地で治水・灌漑・鉱山採掘などの事業を成功させた。
新井白石をして、「天下に並ぶ者がない富商」と賞賛された男の波乱万丈の一代記。
作家生活10周年記念作品。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 528ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2016/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022514094
  • ISBN-13: 978-4022514097
  • 発売日: 2016/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
江戸時代初期、荷車引きから身を起こして苦労の末に材木屋を営むようになるが、明暦の大火の折に全てを失い、息子の一人も亡くして失意のどん底から木曾の山林を買い占めて財を成し、大火後の江戸再建に手腕を発揮した河村屋七兵衛の波瀾万丈の生涯を描く長編時代小説。
江戸再建の実績を幕府に買われ、海運航路の整備をはじめ、治水工事、新田開発、挙句の果てには越後の金山開発まで携わり、一度は倅を落盤事故で亡くすも、二度目には見事に成功し江戸時代の基盤を造り上げた河村屋七兵衛。
こんな凄い江戸時代の豪商がいたとは知りませんでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
伊勢がらみもあって、書評で傑作とされていた時代小説「江戸を造った男」を読む。実在の主人公、河村瑞賢の行動が生き生きと描かれているのは☆☆☆☆。なぜそんな行動をしたのかは歯切れが悪く☆☆。主な要因は主人公の伊勢で暮らした少年時代がわずかしか描かれていないため。実在のモデルがいる小説は、史実に忠実になると無名時代が薄くなる。そこに創作力を働かせていただいたら・・・とやや残念でした。江戸初期に「白菜の漬け物」がでてきたのは誤り(日本で白菜が普及したのは20世紀。関西のシロナも明治から)。昆布も江戸の海にはありません。雑誌連載なのに、考証のミスが残っているのも残念でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
江戸初期に河内平野の治水や奥州の幕府天領からの米輸送の航路を開発した
河村瑞賢の小説仕立ての一代記。
出会いというのは運もあろうけれど、それが実力という物だろうか。
保科正之、稲葉正則など幕府の重鎮と知己を得るなど、一介の商人のできる
ことではない。
そもそもは川から流れてくる盂蘭盆のナスやキュウリを漬けて、原価ゼロで
商売を始めた瑞賢。
そんな目の付け所の良さは、その後の人生のそこここで著者が取り上げている。
80歳過ぎまで生き、多くの仕事を成し遂げた瑞賢の一生を語るのは、やはり
500頁くらいかかるのだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック