こちらの本はKindle Unlimited読み放題に含まれています
¥1,870
Kindle Unlimited でこの本を読み放題で読む
電子書籍のカバーの画像
Kindle Unlimitedのロゴ
Kindle Unlimitedでは、豊富なKindle本、コミック、雑誌を読み放題でお楽しみいただけます。

Kindleアプリのロゴ iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/4

5つ星のうち4.6 16個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,870
¥1,870 ¥2,798
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 江戸を賑わした  色街文化と遊女の歴史
  • +
  • 図説 吉原事典 (朝日文庫)
  • +
  • 江戸の色町 遊女と吉原の歴史  ―江戸文化から見た吉原と遊女の生活―
総額: ¥4,510
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

江戸各地にあった色街の歴史をひも解き、
当時の繁栄ぶりに思いをはせる──

江戸時代には公認・非公認にかかわらず、多くの遊里があった。
吉原の遊郭をはじめ、品川や新宿などの宿場町、深川や上野などの岡場所、
八王子や府中などの旅籠、船橋や潮来などの地方の宿場……
街は遊女が集い、女色を求めて男が通い、賑わった。

なぜそこが遊里となったのか、どれほど賑わっていたのか、どんな遊女がいてどんな男が遊んだのか、
往時の賑わいぶりを振り返るとともに、現在の様子にも触れながら、江戸時代の“色街"を紹介していく。


第一章 色街・遊女の歴史と風俗──岡場所と吉原の違い
遊女の祖先は誰か?
なぜ江戸幕府は遊郭を公認したのか?……など

第二章 宿場町の遊女──交通の要地として発展した岡場所
宿場町が遊女町として栄えたわけ
吉原に匹敵するにぎわい──品川……など

第三章 寺社町の遊女──寺社とともに発展した門前町の岡場所
寺と神社と遊女と客
寛永寺の門前町──上野・谷中……など

第四章 川沿いの遊女──水運が発達した江戸の岡場所
川・海と遊女
“こんにゃく島"と呼ばれる遊里──新川……など

第五章 吉原の遊女──幕府公認の遊郭の全貌
吉原はどこにあったか
吉原はどういう町だったか……など

第六章 地方の遊女──各国で繁栄した岡場所と遊郭
成田街道一番の宿駅──千葉
江戸と東北を結ぶ水郷の遊里──常陸……など

第七章 陰間茶屋の男娼──江戸時代の男色事情
江戸時代の男色事情
歌舞伎の少年のアルバイト──日本橋……など

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代を彩った「色街」その繁栄ぶりに思いをはせる。吉原の遊郭、品川や新宿の宿場町、深川や上野の岡場所、八王子や府中の旅籠、船橋や潮来の地方の宿場―街は遊女が集い、女色を求めて男が通い、賑わった。

著者について

安藤優一郎
1965年千葉県生まれ。歴史家。早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業。
文学博士(早稲田大学)。江戸をテーマとする執筆、講演活動などのほか、
テレビ番組の時代考証など幅広く活動中。
JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部「趣味の会」、東京理科大学生涯学習センター、
NHK文化センターの講師を務め、好評を得ている。
著書に『「幕末維新」の不都合な真実』(PHP文庫)、『西郷隆盛伝説の虚実』(日本経済新聞社)、
『江戸っ子の意地』(集英社新書)、『娯楽都市・江戸の誘惑』(PHP新書)などがある

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安藤/優一郎
1965年生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開。JR東日本大人の休日倶楽部などで生涯学習講座の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: カンゼン (2018/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862554946
  • ISBN-13: 978-4862554949
  • 発売日: 2018/12/4
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,296位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 16
星5つ
55%
星4つ
45%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

15件のカスタマーレビュー

VINEメンバー
2018年12月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2019年1月8日
形式: 単行本(ソフトカバー)Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2018年12月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2018年12月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2019年3月7日
形式: 単行本(ソフトカバー)Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2018年12月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2018年12月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2018年12月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告