この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


江戸の釣り―水辺に開いた趣味文化 (平凡社新書) 新書 – 2003/4/30

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天下泰平の実現、波静かな内湾に面した立地、テグスの渡来などの条件が整ったことによって、趣味の釣りが江戸の町で誕生し、大発展を始めた。大名や旗本など武士階級の間で盛んになり、次第に町人や女性へ、さらに地方にまで広がっていった当時の釣りとは、そして釣り人や獲物の魚はどのようなものだったのか。その技と遊び心の世界を明らかにする、日本の「釣魚文化事始め」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長辻/象平
1973年京都大学農学部(魚類生態専攻)卒業。同大理学部研修員を経て産経新聞社入社。シンクタンク主任研究員、平凡社「アニマ」編集部員を経て産経新聞社に復社。現在、同社編集委員、科学ジャーナリスト、釣魚史研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 平凡社 (2003/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582851797
  • ISBN-13: 978-4582851793
  • 発売日: 2003/4/30
  • 梱包サイズ: 17.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 739,462位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち2.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2004年1月9日
形式: 新書Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年6月6日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告