この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

江戸の瓦版~庶民を熱狂させたメディアの正体 (歴史新書y) 新書 – 2017/7/4

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2017/7/4
¥ 4,590 ¥ 1,242
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

心中、敵討、火事、地震――実物の瓦版(かわらばん)を材料に、
庶民の好奇心に応えた〝非合法出版物〟の魅力に迫る!

◎世の中の常識
「瓦版(かわらばん)売り」は、テレビや映画の時代劇ではお馴染みの配役である。
人が多く集まる場所を狙って、現代の新聞の「号外」のように、
江戸市中の事件の真相を知らせるために小額で頒布されていた。

◎本書の核心
読売(売り子)は、ただ瓦版を抱えて売っていたわけではない。
顔を隠し(非合法のため)、時には三味線の伴奏をともなう「肉声をもったメディア」でもあった。
これが江戸庶民を夢中にさせ、怪しげな読売は明治に入っても街角に生き続けた。

内容(「BOOK」データベースより)

心中、敵討、火事、地震―実物の瓦版を材料に、庶民の好奇心に応えた“非合法出版物”の魅力に迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 221ページ
  • 出版社: 洋泉社 (2017/7/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800312744
  • ISBN-13: 978-4800312747
  • 発売日: 2017/7/4
  • 梱包サイズ: 17.8 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 274,876位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2018年2月18日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告