グリコ ストア

チョコレート、ビスケット、カレールウ、レトルトカレーから粉ミルク、非常食までグリコグループの商品を幅広くご紹介。

ブランドヒストリー

創業者 江崎利一は、郷里 佐賀県有明海で漁師が牡蠣の煮汁を捨てているのを見かけ、「煮汁の中にエネルギー代謝に大切なグリコーゲンが含まれているのでは?」と考え、九州大学に分析を依頼。結果、多量のグリコーゲンやカルシウム等が含まれていることがわかりました。
その際、「治療よりも、病気にならない体をつくる予防が大切だ」とアドバイスされ、子どもがよろこぶお菓子、中でも当時人気のキャラメルに入れようと考えました。栄養菓子グリコのはじまりです。名称はグリコーゲンにちなみ、簡潔で覚えやすい「グリコ」に決定しました。商標を考えていた創業者の目に、かけっこをする子どもが両手をあげてゴールインする元気はつらつな姿が。そこから商標はゴールインマークになりました。ちなみにこのマークは何度か変わっており、現在のマークは1992年(平成4年)、江崎グリコ創立70周年の時からです。