この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

江利チエミ 波乱の生涯―テネシー・ワルツが聴こえる 単行本 – 2000/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,163
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

多くの人びとに夢と勇気を与えてくれた天才ジャズシンガー、初の評伝。「チエミ」のすべてが、昭和の思い出とともに、いま甦る。

内容(「MARC」データベースより)

戦後の荒廃の中で、自由・新鮮な感覚で多くの人々に勇気と夢を与えてくれた天才ジャズシンガー、初の評伝。「チエミ」のすべてが、昭和の思い出とともに、いま甦る。


登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 五月書房 (2000/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772703330
  • ISBN-13: 978-4772703338
  • 発売日: 2000/10
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,035,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/9/30
形式: 単行本 Amazonで購入
ミュージカル「テネシー・ワルツ」を見て余りに感動してしまいまして、原作をどうしても読みたいと思いました。そういう経緯ですので通常以上の思い入れが含まれています。サンフランシスコ講和大使、アメリカのダレスが日本にやってきて仕事を終えて帰る際におみやげとして買って帰ったのが江利チエミさんの「テネシー・ワルツ」のレコードでした。彼は「パティ・ペイジと同じくらい上手い」と質問する記者団に答えたそうです。日米の架け橋のような存在だったのでしょうか。チエミさんは、アメリカ人が聞いても納得がゆくほどのジャズ・フィーリングを備えた特筆すべき才能を持った日本人でした。アメリカ文化を日本語にして歌える江利チエミさんは、まさに奇跡のような存在なのでしょう。多くの人が彼女こそ「天才」と言ってます。彼女の素晴らしさは、その天性の才能をひけらかすことなく純粋な歌への情熱と少女のような明るく誠実なところにあります。そういうチエミさんは一般のファンばかりでなく、著名な方々にとても愛された方でした。「サザエさん」の長谷川町子さんが彼女が離婚した直後心配して食事に誘うエピソードがあります。美空ひばりさん、雪村いずみさんとは姉妹のようだったそうですし、ジャズ・バンドのメンバーや中野ブラザーズの舞台仲間。そして高倉健さん。健さんは今もチエミさんを・・・・。愛し合っていても別れなければならないことがあるんですね。「テネシー・ワルツ」がお好きな方には是非読んでいただいて、チエミさんのことを思い出していただきたいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/8
形式: 単行本
私が物心ついた頃には、高倉健さんとの結婚は解消されていたため、当初お二人が結婚していた事実を両親から聞かされた時は、本当に驚いた記憶があります。
任侠映画の大スターの高倉さんと、歌手江利さんのカップルは、余りにも想像がつかないものだったのです。
高倉さんの著書、エッセイを読み、初めて高倉さんが亡き江利さんへ抱き続けた想いを知ってから、江利さんに関する書籍をずっと探していて、ようやく本書を読む機会に恵まれました。
本書内で一番興味を抱いた箇所は、何と言っても高倉さんと江利さんが交際を始めたきっかけ、結婚生活に関するくだりです。江利さんが、人生の中で女性として最も幸福に輝いていた時ではなかったのだろうか〜と思うほど、高倉さんと愛を育んだ日々が、実に細やかに記されています。当初は、高倉さんの片思いだったこと、江利さんは他の男性=大スター・Kさんと結ばれたNさんに思いを寄せていたことを、本書を読んで初めて知りました。高倉さんの理想の女性が「明るくて清々しくて、人なつっこい女性=江利さん」だったことを知り、やがて交際を始めてからのデート、結婚を申し込んだ時の事、新婚時代など、本当に微笑ましいエピソードに彩られています。
もちろん、本書は江利さんのジャズ・シンガーとしての素質、天分、スター性の魅力、生い立ち、歌手、女優として活躍した面にも多くページを割い
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告