Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[門田 隆将]の汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語― (角川書店単行本)
Kindle App Ad

汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語― (角川書店単行本) Kindle版

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1,400

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

台湾で、その命日が「正義と勇気の日」に制定された日本人がいた――。日本と台湾の絆を表す「英雄」が歩んだ苦難と感動の物語。

1895年、ひとりの若者が台湾を目指して故郷・熊本をあとにした。台湾の治安維持と発展に尽くすためである。やがて台湾女性と家庭を築いた彼は、のちに「英雄」と呼ばれる男の子をもうけた。しかし、戦後の台湾の悲劇は、一家を動乱に巻き込んでいく。日本と台湾の“絆”を表わす「5代120年」にわたる壮大な一族の物語――。

「私には大和魂の血が流れている」「台湾人、万歳!」。台湾最大の悲劇となった1947年の「二二八事件」で、そう叫んで、永遠の眠りについた英雄がいた。坂井徳章弁護士(台湾名・湯徳章)である。父親は日本人、母親は台湾人で、生まれながらにして日本と台湾の“絆”を表わす人物である。父を早くに亡くした徳章は、貧困の中、辛酸を舐めながら勉学に励み、ついに当時の最難関国家試験である高等文官司法科と行政科の試験に両方合格する。

帝都・東京から故郷・台南へ帰り、台湾人の人権確立のために活動する中、徳章は国民党政府の「二二八事件」弾圧から台南市民を救うために奔走する。自らの身を犠牲にしながら、多くの市民を助けた徳章は、50年後に忽然と“復活”する。苦難の道を歩んだ台湾と、なぜ今も台湾人が日本と日本人をこれほど愛してくれているのか、その根源を解き明かした感動の歴史ノンフィクション――。

内容(「BOOK」データベースより)

台湾でその命日が「正義と勇気の日」に制定された日本人がいた―。日本と台湾の絆を表わす英雄が歩んだ苦難と感動の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2452 KB
  • 紙の本の長さ: 259 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2016/12/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NGTPZYX
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 37,842位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
台湾に貢献した日本人と言うと、第4代総督児玉源太郎、そして彼が民政長官に起用し、都市整備・健康衛生の確立をした後藤新平、農業振興に尽くした新渡戸稲造、教育に殉じた六氏先生、台湾の神様になった巡査森川清治郎、台湾の土となった明石元二郎総督、東洋一の大水利事業を完成した八田與一などを思い浮かべるが、この本の主人公坂井徳章弁護士はこの本を読むまでは全く知らなかった。

徳章は日本人の父親と台湾人の母親を持ち、早くに父親を亡くし台湾で父の後を追って警察官となる。台湾では母の湯氏を名乗っていた湯徳章は警察官をしていて差別問題を意識していたときに長い間探していた父親の坂井家の消息が分かり、変わりゆく台湾を見て帝都東京に行き勉強をする決心をし、消息の分かった叔父又蔵を訪ねて上京する。台湾人の妻と子供も同行する。

台湾の中学すら出ていない徳章は高等文官試験の勉強をするにあたって叔父又蔵の勧めで中央大学の聴講生となる。高等文官試験の受験資格を得るための「専検」と「予備検査」に合格し、ついに高等文官試験法科(今の司法試験に相当する)に合格し、更には高等文官試験行政科(今の国家公務員上級試験に相当する)にも合格する。台湾の新聞では大騒ぎである。そのまま日本にいれば、エリートとして立派な生活が送れるが、台湾の「人権」確立が自分の使命と心得ている徳章は台湾に帰り弁護
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
台湾には台湾人中心の大河ドラマは今まで製作されたことがありません。もし製作するならば、この湯徳章を主人公にして作ってほしいものです。

読み終えて涙が止まりませんでした。ただの感動というよりは、ここまで忠実に当時の史料を精査し、台湾社会の生活そのものを再現してくれた感動も含め、更に台湾人が歩んできた苦難の歴史を日本社会に紹介してくれる感謝の気持ちも入り混じった感激が一気に噴出しました。

一台湾人として、この本を日本だけでなく、全世界の人間に読んでほしいのです。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 札幌鯉鯉 投稿日 2016/12/15
形式: 単行本 Amazonで購入
猛烈に感動した。台湾統治初期の日本人の凜とした姿、死ぬことを名誉あることだと言い切れる精神。日本人が入らなければ今の台湾は無かったことが明確に語られる。そして主人公のこれでもかという健全な精神力に圧倒される。出来過ぎの感はあるが門田隆将の綿密な取材により語られるこの書は必読だ。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本人を父に、台湾女性を母に持った坂井徳章弁護士を主人公とする、素晴らしいノンフィクションだ。
蒋介石率いる国民党は、中国共産党が支配する大陸を逃れ台湾に流れ込んだが、それは、台湾にとってその後の凄惨な弾圧の始まりであった。1947年に国民党が起こした「二二八事件」とは、多くの台南市民が弾圧された怖ろしい事件。その弾圧から多くの台南市民を救うため、身を呈して戦ったのが坂井徳章さんであった。本書では、亡き坂井さんが今も台湾で「英雄」と呼ばれ尊敬されている理由、そして日本と台湾のかけ橋としてふたつの祖国の絆となったいきさつが、丁寧に描かれている。
この120年5代に渡る坂井一族のような存在があればこそ、今も台湾の人々は「日本大好き!」という世界一の親日国なのだろう。
台湾の人々の熱い思い、ひとつひとつのエピソードがどれも生き生きと心に残り、思わず胸がいっぱいになり涙で読み終えた。
また、台湾において中国本土べったりの馬英九から、蔡英文女史が政権を奪い台湾を取り戻したことは、多くの心ある台湾人の喜びである。門田さんは、戦後の台湾の辿った長く険しい道のりを思い、蔡政権誕生を深い感慨とともに祝福している。
追記・坂井さんが蒋介石側の厳しい拷問に耐え、同志の名を明かさず処刑される時に、目隠しを拒否して「目隠しをする必要はない、なぜなら私には大和魂の血が流れているからだ」と叫ぶところは、特に深く私の心に残り忘れられない!(P・305)
2 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 作者の懸命な取材によって書き上げられた本で、歴史的事実が丁寧に描かれている。
 文章は事実を誇張せず、淡々と記載しているため、ドラマティックな展開ではなく、徳章さんが殺されるシーンでも涙はでませんでした。2.28事件では28000人以上の台湾人が殺されていますし、また、事件の一年前の二次大戦では300万人もの日本人が殺されています。徳章さんの死もその一人というのが客観的事実です。
 しかし、半世紀後に徳章さんの息子さんである聰模さんが、台南市長に心からのねぎらいをかけられるシーンからはもう涙が止まりませんでした。
 圧倒的な暴力の前に人々は無力ですが、命をかけて毅然した態度で最後まで信念を貫き通した人を、決して人々は忘れないのでしょう。
死してなお、人々の心を励まし、前へ進む勇気を与える。この人こそまさに、英雄。
三島由紀夫、神風特攻隊員しかり、大和魂を持つ人たちは英雄であり、日本人の誇り。
 台湾は日本人には不思議な国だと思う人も多いと思う。訪れる度に好きになる。人は親切、素朴で正直だし、街や風景を眺めていると、ふと何十年も昔の日本を見ているかのように感じることもある。
 日本と台湾がより密接な国どうしになれば、両国ともより幸せになるだろう。日本人が奪われた誇りを、台湾人の多くが持ち続けている。彼らに接しより多くの日本人が奪われたことも気づいていない、日本人の誇りを思い出し、もう一度取り戻していけばと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover